FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB] 松井秀喜引退 その3 「5連続敬遠」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 松井秀喜を語るとき、必ず登場するエピソードのひとつが、石川・星稜高校3年の夏、1992年の夏の甲子園大会2回戦、対明徳義塾高校戦の5打席連続敬遠です。

 この試合は、明徳義塾が3対2で星稜に勝ちました。試合に勝つという点では、明徳義塾の作戦は成功しました。試合後のインタビューで松井は「ルールに則った作戦なので、何も言うことはありません」と答えていました。高校3年生のスポーツマンとしては、冷静な対応だと思いましたが、その表情は、さすがに憮然としていました。

 星稜高校の山下監督は、松井選手がメジャーリーグで活躍するようになってから、テレビのインタビューで「大人の対応でした。松井があれほど大人の態度を見せたのには、驚きました」と答えていたと記憶しています。

 私は、この時の松井選手の回答については、良いとも悪いとも感じませんでした。この時、松井選手が声を荒げて怒ったとしても、何ら悪いところはない当然の態度だと思いますし、実際に行われた冷静な対応について、もっと感じたままを話すべきだった、とも思いません。
 高校生の時から、相当に不愉快なことに対して、ああした態度が取れるプレーヤーであったということだろうと思うだけです。良し悪しの問題ではないでしょう。

 もちろん、プロ野球選手になってからの松井選手が、温和・冷静で、決して他人の悪口を言わない選手であったことは、素晴らしいことだと思いますし、NPB・MLBのスタープレーヤーとしての松井秀喜のアイデンティティであったと思います。MLBに関係する多くの人が言うように「松井は真のジェントルマン」なのです。

 私が「松井の5打席連続敬遠」という出来事を観たときに確信したことは「この明徳義塾という高校は、この監督の下では全国制覇できない」ということでした。その監督とは、馬淵史郎監督です。
 念のため述べますが、私は馬淵監督を批判するつもりは毛頭ありませんし、明徳義塾高校という甲子園常連チームを作り上げた馬淵監督の手腕についても、高く評価しています。ただし、こうした作戦を取る考え方では、甲子園大会出場は出来ても、「優勝」は出来ないと強く感じたのです。

 野球に限らず、高校の全国規模の大会で優勝した監督の皆さんのインタビュー・発言として報道される内容に共通しているのは「選手が良く頑張ってくれました」「最後は選手に任せました」ということです。全国大会で優勝するチームの監督は、最後は選手に任せる指揮を執る方が多いと思います。
 チームの勝利の最大要因が「自らの指揮が優れているから」と考えている監督では、全国大会に出場し、多少は勝てても、日本一には成れないのです。より「チームスポーツの本質」を理解する監督のチームには、なかなか勝てないのでしょう。

 「松井の5連続敬遠」の時には、時の明徳義塾の河野投手は監督からの明確な指示により敬遠しました。加えて、捕手を立たせての敬遠ではなく、捕手を座らせたままで外角に大きく外れるボール球を20球も投げさせるという「偽装紛い」と受け取られても仕方がない形を取りました。結果として、公式記録としては「故意四球」ではなく「四球」と記載されていると報道されました。
 何故、捕手を立たせての敬遠にしなかったのでしょうか。これも作戦だというのは、説明としては苦しいでしょう。

 馬淵監督率いる明徳義塾高校は、2002年の夏の甲子園大会で初優勝しました。1992年の松井の5連続敬遠から10年後のことです。私の「確信」は外れました。

 「投手が投げて、打者が打つ」というベースボールの根幹ルールから、最も遠くに存在する戦術が「敬遠」です。
 一方で「ルールに則っているのだから問題無い」という意見もあると思います。

 私としては、真ん中付近に来たボールを見逃した打者に対して「ストライク(打て)」とコールする、ベースボールというスポーツの本質は、十分に理解されるべきだろうと考えます。

 「打球」を巡って行われる様々なプレーが、ベースボールです。プレーヤーも観衆も、とても楽しいスポーツなのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] アメリカジョッキークラブカップ 予想
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
松井秀喜5打席連続敬遠     
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930