FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [マスターズ2016の出来事4] 伸びなかったスコア
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2016年のマスターズ・トーナメントの優勝スコアは5アンダーでした。
 4日間通算のアンダーパープレーヤーも6人しか居ませんでした。

 2015年の優勝スコアが18アンダーパーでしたから、一気に13打もスコアが下がったことになります。

 2015年のジョーダン・スピース選手の18アンダーは、1997年のタイガー・ウッズ選手の記録に並ぶ「大会最少スコア記録」ですから、特に高い記録なのですが、それにしても2015年と2016年のスコアの差は「大き過ぎる」とも感じます。

 もちろん、マスターズ委員会としては、2015年のスコアが良過ぎたと考えて、コースの難度を高めるための工夫を行ったことは間違いないのでしょう。当然ながら、工夫の内容は公開されていません。

 とはいえ、「コースの距離」を伸ばし続けてきた大会ですから、2016年大会で特に距離を伸ばしたという話は聞かれませんでした。
 また、もともと「ガラスの様なグリーン」と言われている高速グリーンを、2015年以前の状態以上に速くすることも難しかったのではないでしょうか。
 テレビで観ていても、今年が特に速いという感じも受けませんでした。

 では、何故「2016年大会はスコアが伸びなかった」のでしょうか。

 まず考えられるのは、「突風」でしょう。
 今大会は、特に風が強かった訳ではないのですが、初日から「突風」の存在がリポートされていました。
 こういう難しいコースでの「突風」は、プレーヤーを大いに悩ませるものだと思います。

 次に考えられるのは、「グリーンの刈り方の変更」でしょう。
 最終日の松山選手を始めとして、多くのプレーヤーが「今までなら転がる筈」の場所で、ボールが止まってしまい、意外そうな表情を見せていました。

 グリーンのスピードは例年通りだったのでしょうから、「刈り方」に変化があったと考えられそうです。

 この変更が「アーニー・エルス選手の6パット」のひとつの要因となり、他の選手のプレーにおいても1m内外のパッティングの難度を大きく上げていたのかもしれません。
 
 マスターズ委員会の仕掛けた罠?が、威力を発揮したのかもしれないと感じます。

 ダニー・ウィレット選手の優勝スコア5アンダーは、21世紀に入ってからで比較すると、2007年のザック・ジョンソン選手の1オーバーの優勝に次ぐロースコアでした。

 2017年大会のスコアにも注目したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[リーガエスバニョーラ2015~16] 「3強」による大混戦
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
マスターズ2016・伸びなかったスコア  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930