FC2ブログ
HOME   »   野球・ベースボール全般  »  ホームランと盗塁の関係
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 MLBにおける、2015年シーズン終了時点での個人通算本塁打数トップ5を挙げてみましょう。

1位 762本 バリー・ボンズ
2位 755本 ハンク・アーロン
3位 714本 ベーブ・ルース
4位 687本 アレックス・ロドリゲス(現役)
5位 660本 ウィリー・メイズ

 いずれも、メジャーリーグを代表するホームランバッターであり、「ボールを遠くに飛ばす大天才」ばかりです。

 では、このスーパースター達の通算盗塁数を見てみましょう。(同じく2015年シーズン終了時点)

・バリー・ボンズ 514
・ハンク・アーロン 240
・ベーブ・ルース 123
・アレックス・ロドリゲス 326
・ウィリー・メイズ 338

 個人差はありますが、どのプレーヤーも高い水準の盗塁記録を残しています。

 ウィリー・メイズ選手は、1956年~59年シーズンで「4年連続盗塁王」を記録しています。メジャーの歴史上屈指の中堅手と評されるメイズ選手は、史上4位の本塁打を放つと共に、盗塁王として鳴らしたのです。
 ホームラン王4回、ゴールドグラブ賞12回、盗塁王4回を誇るメイズ選手は、MLB史上最高の「コンプリート・プレーヤー」と呼ばれています。

 バリー・ボンズ選手は、通算762本塁打のMLB史上最高記録を保持している一方で、514盗塁という記録も残しました。デビューした1986年に36盗塁、1992年には52盗塁、翌93年に43盗塁と毎シーズンのように30盗塁以上を記録しています。
 そしてデビュー後16年目の2001年まで、毎シーズン10盗塁以上の記録を残しているのです。この2001年は、73本塁打のシーズン最多本塁打数記録を残したシーズンでもありました。

 アレックス・ロドリゲス選手は、1998年に46盗塁を記録するなど、「快足」で鳴らしてきました。
 ボンズ選手と同様に、若き日の細身の体躯と素早い動きは「スピードスター」そのものでした。

 ベーブ・ルース選手の通算ホームラン記録を破ったハンク・アーロン選手には、「盗塁のイメージ」はありませんが、実際には良く走っています。1963年には31盗塁、1968年には28盗塁、1965年には24盗塁を記録していますから、この頃のアーロン選手は「塁に出れば走る」というタイプのプレーヤーだったのでしょう。ちなみに1963年には44本塁打でホームラン王に輝きました。

 MLB史上最も有名なプレーヤーであるベーブ・ルース選手は、「ミスター・ホームラン」と呼ばれるプレーヤーであり、記録映像で眼にするお腹の出た体型からしても「盗塁」とは無縁に見えます。
 しかし、特にボストン・レッドソックスからニューヨーク・ヤンキースに移籍した1920年以降は、良く走っているのです。
 1921年と24年には17盗塁、1920年には20盗塁を記録しています。そして、そのいずれのシーズンでもホームラン王を獲得しました。

 以上の事実から分かることは、「本塁打数と盗塁数には大きな関連が有る」ということ、少し大袈裟に言えば「盗塁出来ないプレーヤーは、長いキャリアを通じて多くのホームランを打つことは出来ない」、「スピードスターでなければ、ホームランを多く打つことは出来ない」ということでしょう。

 「盗塁」を数多く成功するためには、「脚が速い」ことはもちろんとして、「俊敏性」「投手の癖を見抜く観察力」を始めとする総合的かつ高度な運動神経が不可欠でしょうから、ホームランアーティストにとって「盗塁数は運動神経のバロメータ」と言えるのかもしれません。

 プロスポーツにおいて偉大な記録を残すプレーヤーは、いずれも「天才」であることは間違いないのですけれども、ベースボールや野球における、その「天才度合」(変な言葉で恐縮です)を示すひとつの指標が「盗塁数」なのでしょう。

 日本プロ野球においても、長嶋茂雄選手がデビューシーズンで、本塁打王・打点王と共に盗塁王を獲得したことは有名ですし、昨2015年シーズンにおける柳田悠岐選手が32本塁打・32盗塁を記録した上に.364で首位打者のタイトルを獲得し、山田哲人選手が38本塁打・34盗塁を記録し本塁打王に輝いたことは、記憶に新しいところです。

 もちろん、ホームランにも盗塁にも「スペシャリスト」が存在します。通算盗塁数記録の多くは、スペシャリストによって樹立されてきましたので、本塁打数と盗塁数が常にシンクロしているわけではありません。

 一方で、MLBにおいて「通算本塁打数記録」を残すプレーヤーは、いずれも「スピードスター」であることも事実なのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2016] ダルビッシュ有投手 復帰間近
NEW Topics
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 8勝目
[セリエA2020~21(無観客)] 9月19日 開幕
[ブンデスリーガ2020~21(無観客)] 9月18日 開幕
[NBA2019~20・プレーオフ(無観客)] NBAファイナル進出への戦い
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 7号2ランホームラン
[NFL2020~21(無観客)] 開幕 そして第2週 総額1億円超の罰金
[リーガエスバニョーラ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[プレミアリーグ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[PGAツアー2020~21(無観客)・全米オープン] ブライソン・デシャンボー選手 初優勝
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 中日を終えて 稀に見る大混戦
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 「チームなおみ」の存在感
[MLB2020(無観客)] 全60試合の約50試合を終えて
[2020年インディ500(無観客)] 佐藤琢磨選手 2度目の優勝!
ウイングドフット・ゴルフクラブ・西コースで開催された、過去5度の全米オープン
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 女子100m競走 児玉芽生選手  11秒35
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 男子走り幅跳び 橋岡優輝選手 8m29cm!
[NPB2020(観客数制限)] 岡本和真選手の2本のホームラン
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の制覇!
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン2勝目
[NPB2020(観客数制限)] 原辰徳監督 通算1,067勝!
[テニス全米オープン2020女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の決勝進出!
[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 初の年間王者
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[MLB2020(無観客)レギュラーシーズン] 約40ゲームを終えて
[PGAツアー2019~20プレーオフシリーズ最終戦] 2日目を終えて
[全米オープンテニス2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 4回戦進出
[MLB2020(無観客)] 「どっしりと」 ダルビッシュ有投手 7連勝
[温故知新2020-競泳10] 女子100m背泳ぎ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技14] 女子4×100mリレー オリンピックメダル獲得チーム
[競馬コラム277] 2020年のイギリス競馬クラシックレース
[PGA2019~20プレーオフ第2戦(無観客)] 松山英樹選手 「懸命」の戦い
[ニトリレディスゴルフ2020(無観客)] 笹生優花選手 2大会連続優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有VS秋山翔吾 ダルビッシュ6連勝!
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-4] 白いスパイク
[MLB2020(無観客)] 菊池雄星投手 今シーズン初勝利
[MLB2020(無観客)] 山口俊投手 メジャー初勝利
[セイコーゴールデングランプリ陸上2020(無観客)] 女子1,500m 田中希実選手の日本新記録
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 開幕4連勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 5連勝
[PGA2019~20プレーオフ第1戦(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 独走優勝!
[UEFA-CL2019~20(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 6度目の優勝
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-3] 16試合で柵越えのホームランは2本
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝T会場はポルトガルの「カテゴリー4」スタジアム
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-2] 東西の横綱対決
[2020年 甲子園高校野球交流試合(無観客)] 明石商チーム・中森俊介投手 登板
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝は「パリ・サンジェルマンVSバイエルン・ミュンヘン」
[Jリーグ2020(観客数制限)] 川崎フロンターレ 10連勝
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 完封勝利で開幕8連勝!
[NEC軽井沢72ゴルフ大会2020(無観客)] 笹生優花選手 プロ入り2戦目で初優勝
Entry TAG
ホームランと盗塁の関係  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930