FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  [大阪国際女子マラソン] 福士加代子 再び走り切れず
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年の大阪国際女子マラソンは、1月27日に行われました。ウクライナのガメラシュミルコ選手が2時間23分58秒のタイムで優勝、日本期待の福士選手は2位でした。

 レースは、27㎞付近から福士選手がジリジリと抜け出し、30㎞過ぎでは独走態勢を築きました。表情には余裕があり、走りも快調な様子でしたから、テレビの解説者も「行けると思う」とのコメントでしたが、私は「全く判らない」と感じていました。

 マラソンに挑戦してから、福士選手は1回も走り切っていなかったからです。本ブログでも既に書いていますが、10000mの走りとマラソンの走りは、全く異なるものなので、10000mを極めているランナーが、マラソンで良い成績を残すのは容易なことではないのです。福士選手も例外ではなく、20~35㎞位の地点で「脚が全く動かなくなる状態」に陥り、あとはただ走っているだけ、競走には参加していないレースが続いていました。

 今回の30㎞までの走りを観ると、この課題を克服したのかもしれないという期待を持たせましたが、私は「自在のスピードの上げ下げを得意とする福士選手が、切れの無い同じ速度で走り続けている様子」から、これまでと同じレース振りであり、いつ「脚が動かなくなるのか」を心配しながら観ていました。
 ちなみに、走っているときの表情と脚が動くかどうかは、全く無関係ですので、楽そうな表情で走っているというのは、走る余力の有無とは関係ありません。表情から判るのは「お腹が痛くなった」「脚に痛みが来ている」といった状態です。

 なんとか42㎞の間、福士選手の脚が動き続けてほしいと願いながら観ていましたが、33㎞を過ぎたところで、脚が止まりました。
 あとは、自力での優勝は無くなり、他の選手との力関係に順位を任せる状態になりました。最大150mほどつけた差を、食い潰しながら、ゴールを目指しましたが、ガメラシュミルコ選手に残り970mで追いつかれ、並ぶまもなく追い抜かれました。脚が止まっている状態では、付いて行くことなど不可能です。根性や頑張りで、何とかなるほど、日本トップクラスの競技は、簡単なものではないのです。
 ゴールでは、100m以上の差を付けられていましたから、1000mで100mの差が付くという、全く別次元のスピード差があったということになります。(100m競走で10mの差というのは、選手同士の競走にはなっていません)

 さて、これから福士選手は、どういう対応をしていけばよいのでしょう。
 本人が、一番良く分かっていると思いますが、「あと3㎞を走るスタミナを身に付ければ良い」というものでは、ありません。全く違う走りができるようにならなければ、福士選手にとってのマラソンは、形成されないと思います。

 あと3㎞のスタミナ増強では、脚が止まるタイミングが、今回のレースが33㎞付近、次回が36㎞付近となるだけです。脚が止まってしまえば、あとはスピードの上げ下げが出来なくなり「ただ走っているだけ」になってしまいます。そんなレースは、福士選手が望んでいるレースとは、かけ離れたものでしょうし、世界大会のマラソンレースを考えても、35㎞、40㎞を過ぎてからの駆け引きにより勝敗が決まるのですから「全く通用しない走り」ということになります。

 福士選手には、これまでのレースの延長線上で次のレースを考えるのではなく、全く異なるアプローチで臨んでいただきたいと思います。ご本人も、コーチの方も、百も承知の事かとは思いますが。

 レース終了直後に、福士選手はテレビ放送のスタジオに表れました。高橋尚子氏らからのインタビューに、笑顔で答えていました。こうした明るい対応は、スター選手としての、福士選手の良いところです。
 そして、顔の表情や、話をする体力・精神力の有無と、脚の余力の有無が全く無関係であることの、何よりの証左でした。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲] 2013年1月場所の総括
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
2013年大阪国際女子マラソン   福士加代子選手  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930