FC2ブログ
HOME   »   バスケットボール  »  [NBAファイナル2016] クリーブランドに歓喜の嵐!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NBAファイナル2016は、クリーブランド・キャバリアーズがゴールデンステイト・ウォリアーズを4勝3敗で下し、優勝しました。
 1勝3敗からの3連勝での優勝という「NBAファイナル史上初の快挙」でした。

 本ブログでも、今ファイナルのキャバリアーズの戦い振りには「二度の驚き」が存在しているという記事(2016年6月15日付)を掲載していましたが、まさに「三度目の驚き」が示現しました。
 キャバリアーズにとっては「奇跡」とも言えるシリーズだったのです。

① 第七戦のスコアは「93-89」

 最終の第七戦はウォリアーズのホーム・オラクルアリーナで行われましたが、本シリーズで初めて「勝ちチームのスコアが100点未満」でした。ロースコアゲームだったと言って良いと思います。

 キャバリアーズとウォリアーズの対戦でロースコアゲームとなれば、キャバリアーズが勝利するのは自然なことでしょう。

 一方で、第七戦は「4点差」という、今シリーズ最高の接戦でしたが、結局キャブスが押し切りました。
 このゲームは「キャブスがキャブスのペースで戦った」のでしょう。

② 3ポイントシュートは決まらない時には決まらない。

 第七戦でも、ウォリアーズの3ポイントシュートはなかなか決まりませんでした。
 「スプラッシュブラザーズ」と称される、ウォリアーズ最強の武器が、これだけ決まらないと、苦しい戦いになるのは必定です。

 第一戦・第二戦では、「面白いように決まった」ウォリアーズのシュートが、それ以降、特に「第五戦の第4クォーターQ以降」決まらなくなったのは、とても不思議なことです。

 もちろんキャバリアーズの守備が機能していたことも有るのでしょうが、カリー選手やトンプソン選手といった、「NBA屈指のシューター」の決定率、世界最高レベルのスキル・テクニックを具備し、大試合でも存分に力を発揮する能力・経験を有している筈のプレーヤー達の決定率が揃って下がるというのは、やはり不思議なことだと言わざるを得ません。

 「ウォリアーズに何が起こったのか」という感じです。

③ ベンチプレーヤーの役割

 第一戦・第二戦をウォリアーズが圧勝した時、ウォリアーズのベンチプレーヤー・セカンドユニットの得点力が、高く評価されました。

 セカンドユニットが1ゲームで40点以上を叩き出していたのです。
 キャバリアーズとの差は、このセカンドユニットの得点力であると分析されていました。

 ところが、戦いを進めるうちに、「ウォリアーズのセカンドユニットの得点力が下がり」ました。

 ゲーム毎に得点力の上下が有るのは無理も無いところでしょうが、「得点力が趨勢的に下がる」というのは、やはり不思議なことでしょう。
 各々のゲーム後に、様々な対応策が立案され、実行されている筈なのですから。

 この点でも「ウォリアーズに何が有ったのか」という感じがします。

④ レブロン・ジェームズ選手の驚異的な活躍

 第五戦・第六戦と41点を挙げたレブロン選手は、第七戦でも27点を挙げ、11アシスト、11リバウンドと合わせて「トリプルダブル」という大活躍でした。

 レブロン・ジェームズ選手は、シーズンの最後の最後まで「動き続けた」のです。

 そのフィジカルの強靭さはもちろんとして、メンタルの強さには驚かされるばかりです。
 「オハイオ州に優勝を」という強い思いが原動力だと言われていますが、それにしても、2015年NBAファイナルで同じウォリアーズ相手に完敗し、2016年の第一戦・第二戦でも歯が立たなかった状況下での大逆転優勝というのですから、凄いことです。

 レブロン・ジェームズ選手に、またひとつ「大きな勲章」が付け加えられたのです。

 MLBのクリーブランド・インディアンズは1948年のワールドシリーズ制覇以来、優勝していません。MLBアメリカンリーグ創設メンバーのひとつという歴史を誇るインディアンズですが、このところ優勝できていなかったのです。

 NFLのクリーブランド・ブラウンズは、「4度のNFLチャンピオン」に輝いています。最新は1964年ですから、第一回東京オリンピックの年です。(この頃はまだスーパーボウルは存在しませんでした)

 クリーブランドの「アメリカ4大スポーツ」のチームが優勝したのは、この1964年のブラウンズが最後でした。
 オハイオ州の州都クリーブランドのメジャースポーツのファンは、半世紀以上に渡って、優勝を味わっていなかったのです。

 そして、ついにキャバリアーズがNBAチャンピオンとなりました。

 クリーブランドに「歓喜の嵐」がやってきたのです。

 「キャバリアーズの奇跡」が、インディアンズやブラウンズの奮起に繋がるような気がします。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[全米オープン2016] オークモント・カントリークラブでの全米オープン
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
NBAファイナル2016・クリーブランドに歓喜の嵐  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930