FC2ブログ
HOME   »   陸上競技  »  [日本陸上選手権2016・第3日] ようやく好天に恵まれました。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 陸上競技の「第100回」日本選手権大会の第3日・最終日は、6月26日に行われました。第1日・2日と雨模様でしたが、最終日は好天に恵まれ、好記録が続出しました。
 やはり、陸上競技は青空の下で行うのが良さそうです。

 まずは、女子200m。

 福島千里選手が22秒88の「日本新記録」で圧勝しました。元来コーナリングの上手な選手ですが、この日は直線に入ってもスピードが落ちませんでした。

 前日の100mでは、雨のせいもあってか平凡な(彼女にとっては)タイムでしたが、この日は「溜飲を下げた」走りでした。
 福島選手の持ち味である、少し前傾しながら、「脚を地面に突き刺していくような」走り、重心の真下でキックする走りに磨きがかかり、腰の上下動が極めて少ない、腰が浮くことも無ければ沈むことも無い走りが出来ていました。腰から太腿にかけての筋力アップが要因でしょうか。

 世界で戦って行くためには、もう少し記録を伸ばしたいところですけれども、安定してこの日の走りを展開することが出来れば、リオでも良い戦いを見せていただけそうです。

 続いては、男子200m。
 相当ハイレベルな戦いになると予想されていましたが、期待通りの内容でした。

 優勝した飯島翔太選手は、日本人ランナーとしては珍しい「重戦車タイプ」の走りを披露しました。上半身のブレが少なく、ゴール前もしっかりしたフォームを維持できたのです。
 20秒11という「日本歴代2位」のタイムも立派。100mから150mのスピードをもう少し上げることが出来れば、19秒台も見えてきます。

 加えて、20秒31で2着に入った高瀬選手、20秒33で3着の原選手の走りも見事なものでした。「日本歴代2位」の飯島選手から2m位の差の中に2人のランナーが居るというのは、男子200m陣の充実振りを示しています。

 第2日の100mも含めて、日本男子スプリント陣のレベルは、本当に高くなったと感じます。

 続いては、男子5000m。

 大迫傑選手のラストスパートは見事でした。第1日の10000mも素晴らしい走りでしたから、「本格化」してきたことは明らかでしょう。
 
 もともと、2000m前後の「ロングスパート」には定評が有った大迫選手ですが、今大会では300~400mのスパートに磨きがかかりました。残り100mに入っても、スピードが落ちないのです。大迫選手が積み上げてきたトレーニングの質・量の凄さを感じます。
 このラストスパートのスピードを600~800m継続できれば、世界とも戦って行けるのではないでしょうか。

 続いては、女子5000m。
 尾西美咲選手のラストスパートも素晴らしいものでした。残り300mからのスピードは、選手権のこの種目の歴代ランナーの中でも、屈指のものでしょう。
 こちらも、このスピードを600m以上に伸ばして行ければ、世界大会でも「勝負できる」と感じます。

 さらには、男子走り高跳び。
 衛藤昂選手が2m29の好記録で優勝しました。日本選手権といった大きな大会で、自己ベストに近い記録を出すことが容易なことでは無い種目で、見事にオリンピック出場レベルの記録を叩き出したことは、今後の大きな自信に繋がることでしょう。

 残念だったのは、男子三段跳びの山下航平選手の試技でした。
 3回目のジャンプは、予選通過には十分な記録でしたが、砂場を出る時に「マイナス」に歩くという、信じられないようなミスで、記録無しに終わりました。

 1本目・2本目と上手く行かない跳躍が続いていた状況下、「心持ちが不安定になっていた」ことが要因でしょうか。
 厳しい言い方をすれば、「心身がまだオリンピックに出場するレベルに達していない」といったところでしょう。素晴らしいフィジカルを具備しているプレーヤーだけに、残念至極です。

 「第100回」日本選手権は、日本陸上界の着実なレベルアップを感じさせる大会となりました。
 本当に、数多くの種目で、オリンピックのセミファイナルレベルのプレーを魅せていただいたのです。
 個々の選手やコーチはもちろんとして、連盟を始めとする関係者の皆さんのご努力が、実を結んできているという印象です。

 「第100回」に相応しい大会でした。

 日本陸上は、「世界に挑戦できるステージ」に立ったのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[コパ・アメリカ・センテナリオ2016] チリ代表チーム 優勝!
NEW Topics
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
Entry TAG
陸上日本選手権2016・第3日  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031