FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [交流戦2016] NPBはパ・リーグの方が圧倒的に強い。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 少し前の話で恐縮ですが、日本プロ野球NPBの2016年のセ・パ交流戦は6月20日に幕を閉じました。

 「今年も」パシフィックリーグが60勝47敗1引分と勝ち越しました。
 全108試合で60勝というのは、勝率5割5分を超えますから「圧倒」している状況です。

 そして、2004年の開始以来、12度の交流戦で「パ・リーグが11度勝ち越し」ているのですから、セ・リーグのファンの皆さんには申し訳ないのですが、これはもう「パ・リーグの方が強い」というのは厳然たる事実でしょう。

 「同じ野球というスポーツ」において、ドラフトという「機会均等の選手雇用制度」が在る中で、明らかな力の差が長期間に渡って存在しているというのは、不思議という他はありません。

 20世紀のNPBにおいても、「人気のセ、実力のパ」という言葉が存在していました。
 これは、オールスター戦などでパ・リーグの選手の活躍が目立つことを指しての表現であったと思いますし、セ・リーグとりわけ巨人軍の人気が高く、こうした状況に対して、パ・リーグのチーム・選手が「俺達も強いぜ」と主張している言葉であったようにも思います。

 客観的に観て、20世紀のNPBは「セとパが凌ぎを削っている」状況であったと思います。パ・リーグも強かったけれども、セ・リーグにも「巨人軍栄光の9連覇」を始めとして、時々に強力なチームが存在していました。
 ところが21世紀に入って、このバランスが大きく崩れてしまったのです。

 21世紀に入ってからの15度の日本シリーズにおいても、セ・リーグは5度しか勝てていませんし、最近10年はパ・リーグの7勝3敗となっています。

 セ・リーグの各球団は、野球というスポーツで強くなることよりも、「セ・リーグでの戦いで勝つためのチーム作り・プレー」を目指しているのではないかと、勘ぐられてしまいそうな結果となっているのです。

 交流戦2016の成績・結果を観ると、当然のことながら、打撃・投手力のどちらの部門でも、パがセを圧倒しています。
 
 試合内容を観ると、特に打撃・得点力の差が大きいようです。
 打撃10傑の中に、セ・リーグの打者は広島の鈴木選手、巨人の長野選手、DeNAの宮崎選手の3人しか居ません。
 
 セ・リーグの投手は、パ・リーグの強打者を意識するあまり、ボール球が増え、カウントを悪くしては打たれるという悪循環に成り易かったと感じます。
 それというのも、味方打線の得点力が小さく、「大きな援護=大量点は期待できない」と投手陣が感じているからに他ならないでしょう。

 セ・リーグの各球団の打線は、どうしてこんなに「小粒」になってしまったのでしょう。
 そして、各チームは何故「強化に努めない」のでしょう。
 「努めているとしたら」、何故これほど長きにわたって結果が出ないのでしょう。

 セ・リーグの球団のファンは、10年以上もの間、パ・リーグより明らかに弱いチームを応援し続けさせられているように見えます。

 2リーグあるいは2カンファレンスという形を取っているプロフェッショナルスポーツは、主に日米に数多く存在していますが、これ程一方が強い状態が続いているというのは、日本プロ野球だけではないでしょうか。

 とても残念な状況だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ユーロ2016] ポルトガル 5戦4引分で準決勝進出
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
NPB交流戦2016・再びパリーグが勝ち越し  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930