FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ユーロ2016] ウェールズ「決定力の差」でベスト4進出
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[準々決勝・7月1日]
ウェールズ3-1ベルギー

 ゲームの流れが二転三転し、帰趨は全く判りませんでしたが、結果としてはウェールズチームの快勝となりました。

 ユーロ初出場のチームとして、準々決勝で3点を挙げて勝つというのは素晴らしいことです。まさに今大会の「台風の目」でしょう。

 ベルギーのナインゴラン選手が前半13分に先制したときには、ゲームの流れはベルギーのものでした。
 「ベルギーの宝石」アザール選手のボールキープから、ゴール前の得点機を創造し続けました。

 ところが、前半31分にアシュリー・ウィリアムズ選手に同点ゴールを奪われてから、ゲームの流れはウェールズに傾きました。
 ウェールズがボールを支配し、次々とゴール前にボールを供給し続けます。
 ベルギーチームの動きが一気に悪くなりました。余程コンディションが悪いのか、それとこ「後半に向けて体力を温存しているのか」といった様子でした。

 後半の立ち上がりから、ベルギーチームが攻勢に出ました。
 「軽やかで多彩な攻め」が続き、何度も決定的なチャンスを創りましたが、シュートが決まりませんでした。噛み合えば、面白いように点が取れるチーム(だから世界ランキング2位に居るのです)なのですが、決まらなくなると決まらないという、ベルギーチームの特質が良く表れた時間帯でした。

 懸命に耐えていた、というか、ベルギーチームの「シュートミス」に助けられていたウェールズチームは、後半20分にロブソン・カヌ選手のゴールで勝ち越しました。まさにワンチャンスを活かしたゴールでした。
 そして後半31分、ヴォークス選手が決定的な3点目を叩き込んだのです。

 カヌ選手のゴール前でのテクニックが輝いた2点目、ヴォークス選手のサイドネットに刺さったヘディングと、ウェールズチームの「決定力」が際立ちました。

 いつも言われることですが、この試合の勝敗を分けたのは「シュートの精度」だったのでしょう。

 ペレ選手、ゲルト・ミュラー選手、プラティニ選手、ファンバステン選手、ロマーリオ選手、ロナウド選手、クローゼ選手、スアレス選手、メッシ選手、といったサッカー史を彩る「特別な才能を具備する」ゴールゲッターが居ないチーム(大半のチームには存在しません)同士の対戦において、両チームの「決定力」を分ける要因とは、何なのでしょうか。

 いつものことながら、不思議なものです。

 ウェールズはベスト4に進出しました。
 ラグビー大国ですが、サッカーでは少し力が落ちる、と見られていたウェールズが、サッカーでも「欧州のベスト4」の位置に立ったのです。

 それにしても、ウェールズには「ウィリアムズ」という名のプレーヤーが多いと感じます。

 あの1970年代に全盛を誇った、ラグビー・ウェールズ代表チームにも、J.J.ウィリアムズ選手とJ.P.R.ウィリアムズ選手という、「2人のウィリアムズ」が居ました。
 100m・10秒そこそこという「快足」を誇ったウイング・J.J.と、大きな体を活かしたディフェンス力と突進力でチームに貢献し続けたフルバック・J.P.R.。
 共に、世界屈指のプレーヤーでした。

 そして、今大会のウェールズには、アシュリー・ウィリアムズ選手とジョナサン・ウィリアムズ選手の「2人のウィリアムズ」が大活躍を魅せています。
 主将として出場しているアシュリー選手などは、ラウンド16のゲームで肩を故障し、ほとんど「肩が動かせない状態」になってしまいました。しかし、ベンチからの交替指示を拒絶!し、ビッチに立ち続けました。
 この準々決勝でも、「肩を固めて」強行出場し、同点ゴールを挙げています。

 まるで、「ウェールズサッカー史に、永遠に残るであろうゲーム」に出場しないなんて、考えられないと言わんばかりの気迫です。

 「ベイル選手とその仲間達」という観の有ったウェールズチームは、ゲーム毎に強さ・輝きを増しています。特に、グループリーグGL3試合で6点、ラウンド16・準々決勝2試合で4点という「得点力」は、今大会随一といっても過言ではありません。
 
 「クリロナ選手を擁する」ポルトガルチームとの準決勝は、手に汗握る展開となることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ユーロ2016] ドイツチーム「死闘」を制して準決勝進出
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
ユーロ2016・ウェールズ準決勝進出  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031