FC2ブログ
HOME   »   スポーツ共通  »  [リオ五輪2016] 開幕直前 やや盛り上がりに欠ける大会だが・・・。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 リオデジャネイロ・オリンピックの開幕が迫りました。
 現地8月5日、日本時間8月6日の開会式が目前です。

 とはいえ、今大会はいつものオリンピックと比べて、大会前の盛り上がりに欠けているのではないかという感じもします。
 「4年に一度のスポーツの祭典」を控えての、何とも言えない高揚感、わくわくした感じが小さいように感じられます。

① 本当に開催されるのか・・・。

 「大会施設の建設の遅れ」は、多くのオリンピックで観られるものであり、珍しいことではありませんし、「おおらかなお国柄」はブラジルの特徴と言われますから、このこと自体は心配な材料ではありません。

 心配だったのは、リオデジャネイロ市が「資金不足」を訴えていたことです。

 数年前まで、開発途上国を代表する経済成長を見せて、伸び盛りの国の経済力を背景に「オリンピック開催」をゲットしたブラジル・リオデジャネイロ市でしたが、現在は不況の真っただ中。
 ブラジル国民の間にも「オリンピックなど開催している状況では無い」といった空気が流れているとも伝えられました。

 一応、国がお金を出すということで落ち着いてはいますが、今大会程「本当に開催されるのか」と心配された大会は、これまで無かったのかもしれません。

② 選手がプレーに集中できるのか・・・。

 ジカ熱の問題や治安の悪さ、選手村の施設の問題等が伝えられています。

 オリンピックに出場する、あるいはオリンピックで好成績を狙う選手達は、相当緻密なスケジューリングの下、競技に臨むはずです。
 4年間の、いや自身の選手キャリアの全てを集中しての大会であろうと思うからです。

 ところが、自らの練習道具や試合で使う器具が手許に届かない、ブラジル滞在中に盗難にあう、選手村のトイレが壊れて水浸しとなり深夜まで眠れない、などの要因で、そのスケジュールに大きな狂いが生じ、コンディショニングが上手く行かない、という懸念も有ります。

 当然ながらコンディショニングには「心身の要素」がありますから、選手達が「やる気を無くす」可能性も有るのではないか、と心配されています。

 オリンピックは「世界最高レベルの競技水準」を標榜しています。選手達も観客も、そのことを信じている筈であり、そのことが「オリンピックの盛り上がり」の大前提でなのですが、その大前提が担保されないかもしれないのです。

③ ドーピング問題

 開幕前に、今大会程ドーピングの問題が話題となった大会は無かったと思います。

 一応の決着を見ようとしていますが、やはりドーピングを行っている選手が居るのではないかという懸念が残ります。

 「薬」や「様々な不正手段」により競技能力を向上させるという「アンフェア」な行動を取る選手が居るのではないか、「今、テレビ画面で金メダルの喜びを爆発させている選手が、実はトービングによる『笑顔』なのではないか」といった疑念が、どうしても生じてしまうのでしょう。

 「私はこんなに努力して強くなった」「積み上げてきた苦労が実った」「私達のチームは独自の素晴らしいトレーニングによって栄冠を勝ち得た」とインタビューに応じている選手や監督達が、実は「ドーピングまみれ」であったというのは、過去にも数多く観られたことですが、これほど「興醒め」の光景もありません。

 今大会では、こうした「ばかばかしい絵」は眼にしたくないものです。

 以上のような要因によって、過去の大会と比べて今大会は、大会前の「盛り上がり」に欠けているのでしょう。

 しかし、大会直前に到って、こうした懸念が薄らいできているのも事実です。

 「大会は開催されそう」ですし、選手村や各会場の不具合も解消されつつあります。そして、トービングには「万全の対応」がなされると信じたいところです。

 そして、何より、選手の皆さんの素晴らしいプレーが大会を「真のオリンピック」に引き上げてくれるのでしょう。

 「南米大陸初のオリンピック」の大成功を祈らずにはいられません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2016・福島大会] 聖光学院 10年連続の甲子園出場
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
リオ五輪2016開幕直前・盛り上がりに欠けるが・・・  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930