FC2ブログ
HOME   »   陸上競技  »  [リオ五輪2016・陸上男子400mリレー] 日本チーム 本当に見事な銀メダル!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「こんなことが起こるのか」 

 レースを見た直後の感想でした。

 ケンブリッジ飛鳥選手が、アメリカチームのアンカーと競り合いながら2番でゴールインしたときには、テレビの前で立ち上り拍手を続けていました。
 日本チームの最高の走りでした。

 1走の山縣亮太選手は素晴らしいスタートから加速しました。前のコースの中国チームとの差をぐんぐん詰め、後ろのコースのジャマイカのアサファ・パウエル選手(元100m世界記録保持者)の追い上げを許しませんでした。

 1走から2走へのバトンパスは「抜群」でした。100点満点であったと思います。
 山縣選手から飯塚翔太選手へのバトンは、「一度空振り」して2度目に渡りましたが、その「空振りの間が効果的」で、飯塚選手がトップスピードに乗ったところでのバトンパスとなりました。

 飯塚選手は、ジャマイカやアメリカといった有力チームのランナーと互角の走りを魅せました。

 飯塚選手から桐生祥秀選手へのバトンパスは、とても上手く行きました。90点でしょう。
 タイミング・形が完璧でした。
 桐生選手も、ほぼトップスピードでバトンを受けて素晴らしい加速を魅せ、後半もスピードを維持できました。
 ジャマイカチームに1m余りの差を付けて、アンカーへのバトンパスを迎えたのです。

 桐生選手から飛鳥選手へのバトンパスは、少し詰まってしまいました。60点でしょう。
 この日本チームのバトンパスの小さな失敗により、直線に出た時には、ケンブリッジ飛鳥選手と、ジャマイカのアンカー・ウサイン・ボルト選手は並んでいました。ここは、ジャマイカチームのバトンパスが勝ったのです。

 さすがにボルト選手と並んで走り出したのでは、ジャマイカチームに勝つのは極めて難しいこととなりましたから、後方から追い上げを図るアメリカチーム、カナダチームとの競り合いとなりました。

 100m競走のタイムで比較すれば、飛鳥選手より相当上のランナー2人との競り合いでしたが、残り30mまでの飛鳥選手のスピードは素晴らしいもので、ゴール前で走りが固くなってしまった飛鳥選手でしたが、アメリカ・カナダのアンカーの走りも固くなっていましたので、2着を堅持することが出来ました。3番手チームとは100分の2秒差でした。

 37秒60、極めて高いレベルの日本新記録でした。
 もともと日本が保持していたアジア記録も塗り替えました。
 
 「全てが上手く行くレース」というのは、ほとんどありえないことですので、このレースの日本チームはレース全体として見れば「100点」であったと言えるのでしょう。

 「オリンピック個人種目のファイナリスト0名」「9秒台ランナー0名」で、「9秒台ランナー4名を揃えたチーム」に完勝するという「離れ業」を、日本チームは成し遂げました。

 「こんなことが起こる」のです。

 大会前、「日本陸上史上最強の400mリレーメンバー」と称されていたのは「事実」でした。

 そして、緊張感極限のオリンピック決勝レースで、持てる力を存分に発揮しての「88年振り(1928年アムステルダム・オリンピック女子800m競走の人見絹江選手=全ての競技・種目における日本女性オリンピック・メダリスト第1号)の、陸上競技トラック種目における銀メダル」を実現して見せました。

 日本の若きスプリンター達の力は、間違いなく世界に通用するレベルにまで上がったのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[リオ五輪2016・サッカー男子] リオデジャネイロ・オリンピックの成功を「象徴」するブラジルチームの優勝!
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
Entry TAG
リオ五輪2016陸上400mリレー・日本チーム銀メダル!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031