FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲2016・9月場所] 活躍が期待される10名の力士
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2016年9月場所が9月11日に幕を開けます。

 大関・稀勢の里の優勝・綱取りが成るか否か、が最大の注目点です。
 5月場所、7月場所に続いて3場所連続の話題となりますが、さすがに「結論を出す場所」ということになるのでしょう。
 本当に久し振りの「日本出身横綱誕生」となるか、大相撲ファンにとっては毎日ハラハラ・ドキドキですし、稀勢の里にとっても「乾坤一擲」の場所と言うことになります。

 さて、恒例の注目力士の選定です。

1. 横綱陣

 本ブログでは長い間、この記事において白鵬を注目の横綱に挙げてきました。
 何と言っても安定感と言う面で、一頭抜けた存在だからです。第一人者としての白鵬の力は、いまだに変わらないとも感じます。

 一方で、今場所はコンディションが良くないと報じられています。7月場所で痛めた足の親指を庇っている内に、膝に故障を発症したというのです。先日の横審稽古総見も欠場しました。休場の可能性も有りそうです。さすがの白鵬も、大きな故障の影響からは逃れられないと考えるべきなのでしょうか。

 9月場所は、日馬富士に注目することとします。7月場所の優勝から好調を維持し、稽古総見でも稀勢の里相手に8戦8勝というのですから、復活は本物と観るべきでしょう。
 とはいえ、小兵力士ですから、場所中の故障発症のリスクは常にあります。日馬富士としては、序盤の取組における慎重な取口が期待されるところです。

2. 大関陣

 これはもう、稀勢の里でしょう。
 この数場所、13勝、12勝と「横綱を凌ぐ成績」を積み重ねてきました。
 土俵上での「威風堂々」たる態度も、貫録十分です。

 あとは「ここ一番」での勝負強さ、そして「優勝」でしょう。
 稽古総見では日馬富士に歯が立たなかった印象ですが、稽古総見で横綱と8番連続で取れるという「元気の良さ」を買いたいと思います。

3. 関脇以下の力士

 関脇に高安と宝富士、小結に魁聖と栃煌山、筆頭に隠岐の海と嘉風と、上位の充実は目覚ましいものが有ります。
 上位陣に新旧が入り混じっているところも、現在の大相撲の充実を如実に示しているのでしょう。

③高安

 5月場所、7月場所の相撲は「一皮剥けた」感が有ります。三役での相撲の取り方を体得したのかもしれません。土俵上で「余裕」の雰囲気さえ感じられました。
 大関を目指しての足掛かりとなる場所にしていただきたいと思います。

④天風

 7月場所の十両優勝は見事。十両11枚目から一気に幕ノ内入りとなりました。
 嘉風・豪風の「風・風コンビ」、両ベテランに代表される尾車部屋から、ついに「新しい風」が吹いてきました。
 幕ノ内でも思い切った相撲を取り切っていただきたいと思います。

⑤琴勇輝

 7月場所は苦戦しました。おそらくコンディションが良くなかったのであろうと思います。前頭8枚目まで下がった今場所は、その力を存分に発揮するチャンスでしょう。変化やはたき込みを見せることが無い取り口で、白星をどんどん積み重ねていって欲しいものです。

⑥正代

 上位の壁に苦労しながらも、着実に番付を上げています。次第に上位の相撲に慣れて来た感も有ります。「高い立合い」が指摘されますが、立合い後の対応が大切なのでしょうから、「自分の相撲」に徹していただければ、九州での三役入りもありそうです。

⑦遠藤

 とにかく膝の状態がポイントでしょう。本場所で相撲を取りながら治療して行くという、厳しい道を選んだ遠藤ですが、そろそろ良くなって来ているのではないでしょうか。
理に叶った「密着相撲」を日々展開していただきたいものです。

⑧勢

 5月場所・7月場所はコンディションが良くなかったと観ます。ギリギリの鬩ぎあいで敗れる相撲が多かったからです。
 そろそろコンディションが回復してくると思いますので、そうなれば前頭7枚目なら、十分に戦えることでしょう。

⑨栃煌山

 大関候補と言われて久しい力士ですが、最近は若手の波に呑まれてきている印象です。とはいえ、両差しから攻めに出た時の強さは、横綱・白鵬が栃煌山を相手にした時の厳しい立合いからも十分に分かります。
 その強さを魅せ、大関にトライする最後の1年間と言う気迫で戦っていただきたいと思います。

⑩千代翔馬

 渋い相撲が持ち味です。玄人好みと言うところでしょうか。
 亡くなった九重親方・千代の富士の相撲を継承する存在として、小兵力士の自在の取り口を披露していただきたいと思います。
 
 9月場所は、以上の10力士に注目したいと思います。

 この他にも、宝富士や魁聖、貴ノ岩、逸ノ城、千代鳳、御嶽海と活躍が期待される力士が目白押しです。

 そして、幕ノ内の充実はもちろんですが、十両も素晴らしい力士が揃いました。

 筆頭の宇良と大砂嵐に加えて、阿夢露、千代大龍、豊ノ島、安美錦と幕ノ内の常連がズラリと並びました。
 個人的には、安美関には「しっかり治して」から出て来て欲しいと感じますが、公傷制度が無い現在、これ以上番付を下げるわけには行かないということでしょうか。

いずれにしても、9月場所はチケットの入手が極めて難しいので、午後3時前からテレビに噛り付くのが良さそうです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2016] 前田健太投手 14勝目!
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
Entry TAG
大相撲2016年9月場所・活躍が期待される10名の力士  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031