FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2016] リーグチャンピオンシップ始まる。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 MLB2016のポストシーズンも地区シリーズを終えて、リーグチャンピオンシップゲームが始まりました。対戦カードは、以下の通りです。

[アメリカンリーグAL]
クリーブランド・インディアンズ対トロント・ブルージェイズ

[ナショナルリーグNL]
シカゴ・カブス対ロサンゼルス・ドジャーズ

 ALのインディアンズとブルージェイズは共に、地区シリーズを3連勝で勝ち抜きました。

 インディアンズは、強打のボストン・レッドソックスを、5-4、6-0、4-3とスイープ。第2戦はともかくとして、第1戦・第3戦は1点差ゲームをものにしました。
 今季のインディアンズの「競り合いでの強さ」を如何なく発揮してきている印象です。

 フランコーナ監督の采配も功を奏しているのでしょうが、何とも言えない「流れの良さ」も感じられます。長い間全米チャンピオンのタイトルに恵まれなかったクリーブランドでしたが、バスケットボールNBAのキャバリアーズのファイナル制覇でその「呪縛」から逃れたのかもしれません。

 この「流れ」に乗って、「クリーブランド」は一気にワールドシリーズ制覇に向かって走りたいところでしょう。

 一方のブルージェイズは、ワイルドカードでボルチモア・オリオールズを延長の末、エンカルナシオン選手のサヨナラホームランで勝ち切ると、「勢い」に乗りました。

 今季ALレギュラーシーズン最高勝率チームのテキサス・レンジャーズを10-1、5-3、7-6と破りました。まさに「強打のトロント」を象徴する地区シリーズであったと思います。

 これでポストシーズン4連勝と負け無し。この「勢い」で一気に連勝を続けたいところでしょう。特に、2番のドナルドソン選手、3番のエンカルナシオン選手の打棒が好調です。

 一方のNLは、カブスがサンフランシスコ・ジャイアンツを3勝1敗で破りました。
 レギュラーシーズンの成績から見れば「順当な勝ち上がり」ということになりますが、相手は「21世紀になってポストシーズンに滅法強い」ジャイアンツでしたから、これを1敗でクリアしたところに、今季のカブスの充実振りが感じられます。

 ドジャーズは3勝2敗と最終戦に縺れ込む接戦を制して、ワシントン・ナショナルズを破りました。
 この5試合は、いずれも激戦でした。ドジャーズから見て、4-3、2-5、3-8、6-5、4-3というスコア。第5戦では、大エースのクレイトン・カーショー投手がクローザーを務めました。まさに「総力戦」で勝ち上がったのです。

 MLB・NO.1ピッチャーの名を欲しい儘にするカーショー投手ですが、これまでポストシーズンでは満足できる投球を披露していませんでした。
 今ポストシーズンでは「カーショー投手の執念の投球」が観られ続けることでしょう。

 リーグチャンピオンシップの帰趨ですが、ALは全くの互角でしょう。
 競り合いに強いインディアンズが、最後は4勝目をものにするような気もします。(「クリーブランドへの風」も考慮したいところです)

 NLは、やはりカブスが有利でしょう。
 今季のカブスの攻守の高いレベルでのバランスの良さは素晴らしいと思います。
 「ヤギの呪い」を解いて108年振りのワールドシリーズ制覇、という「大事業」完遂に向けてのカブスの進撃が続きます。

 こちらも久しくワールドシリーズ進出を果たすことが出来ていないドジャーズにとっては、カーショー投手の大車輪の活躍が、カブスを破る上では不可欠でしょう。
 レギュラーシーズンの成績においては、ほとんど全ての栄誉を獲得してきているカーショー投手にとって、最後の目標である「チャンピオンズリング獲得」に向けての、気迫の投球がとても楽しみです。

 インディアンズVSブルージェイズ、ドジャーズVSカブス。歴史と伝統を誇るチームが多いカードですが、21世紀に入ってからのリーグチャンピオンシップとしては「新鮮な」印象です。

 「久しぶり」のチーム同士のチャンピオンシップゲームも素敵なものだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[箱根駅伝2017予選会] 大東文化大学と明治大学が強さを示す。
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
MLB2016・リーグチャンピオンシップ始まる。  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930