FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  [箱根駅伝2017予選会] 大東文化大学と明治大学が強さを示す。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2017年1月2・3日に開催される箱根駅伝2017の予選会が10月15日に行われ、以下の10チームが本戦への出場を決めました。

① 大東文化大学 10時間8分7秒
② 明治大学 10時間8分17秒
③ 創価大学 10時間10分9秒
④ 法政大学 10時間10分18秒
⑤ 神奈川大学 10時間11分47秒
⑥ 上武大学 10時間12分12秒
⑦ 拓殖大学 10時間12分36秒
⑧ 国学院大学 10時間14分9秒
⑨ 国士舘大学 10時間14分45秒
⑩ 日本大学 10時間16分17秒

 11位以下は、

⑪ 中央大学 10時間17分1秒
⑫ 城西大学 10時間19分10秒
⑬ 東京農業大学 10時間20分50秒
   ・
   ・
   ・

 この結果を観ると、予選会においては大東文化大学チームと明治大学チームの力が抜けていたという印象です。
 両チームは、本番においても、シード校を脅かす存在となり得るのでしょう。

 史上最多の「連続出場記録87回」を誇る中央大学が、ついに本戦への出場を逃したことも話題となりました。
 10位の日本大学チームとの差は44秒。箱根駅伝で言えば250m位の差となりますので「完敗」と言えるのでしょう。個々のプレーヤーの+αの頑張りでカバーできるような差では無かったというのは、15km通過時点での10位チームとの差と20km・ゴール地点での差が「同じ44秒」であったことからも明らかです。
 残り5kmから、タイムを伸ばしたランナーとタイムを落としたランナーが交錯し、チームとして全く追い上げることが出来なかったのです。

 つねに「粘り強い走り」を魅せてきた中央大学チームに変調が観られたのが、2013年大会であったと思います。
 とても風が強かった第5区で走り切ることが出来ず「棄権」となったのです。

 こうした厳しいコンディションの中でも、他のチームがタイムを落とす状況下、タイムロスを最小限に抑えて順位を上げて行くというのが、中央大学チームの戦い方であったのですが、この大会では早々に脱落してしまいました。
 「中央大学チームに何が起こったのか」と、本ブログでも書きましたけれども、この頃から「伝統の粘り」が無くなってしまったように感じられます。

 もともと、コンディション作りの上手さと、20kmを超える距離に完全に適応した各ランナーの走り、という中央大学チームのチーム作りの伝統・ノウハウが消えてしまったような印象なのです。
 指導法・強化体制に、大きな変化が有ったのかもしれません。その「変化」が間違った方向であることは、結果が明確に示しています。

 中央大学チームの「伝統の走り」を、再び箱根路で観てみたいと思うのは、私だけではないでしょう。建て直しに期待しています。

 さて今季も、「全国の大学長距離ランナーの憧れの的・箱根駅伝」の予選会が終了しました。

 素晴らしいタイムを叩き出した、大東文化大学チームと明治大学チームの、本戦での走りに大注目したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[日本オープンゴルフ2016] 松山英樹選手 強し!
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
箱根駅伝2017・予選会開催  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930