FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2016・ワールドシリーズ] クリーブランド・インディアンズとシカゴ・カブスの対戦
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 MLB2016ポストシーズンも、10月25日から始まるワールドシリーズを残すだけとなりました。

 今年のワールドシリーズは、アメリカンリーグALのクリーブランド・ブラウンズとナショナルリーグNLのシカゴ・カブスの対戦となりました。
 結果としては、両リーグともに順当なチームがリーグチャンピオンとなった印象です。

 ワールドシリーズ2016が興味深いのは、両チームとも「負けられない」シリーズとなっているところでしょうか。

 インディアンズにとっては「クリーブランドへの風」を受けてのシリーズとなります。
 アメリカ4大スポーツのチームが本拠地を置く都市の中で、最も長い間「優勝を味わっていなかった」のがオハイオ州クリーブランドでした。
 1964年のNFLクリーブランド・ブラウンズの優勝以来、50年以上に渡って「クリーブランドの市民」は優勝の喜びを忘れていたのです。

 この長い空白を破ったのが、今2016年のNBAのクリーブランド・キャバリアーズでした。
 エースのレブロン・ジェームズ選手の活躍などにより、1勝3敗からNBAファイナルを制し、初優勝を遂げると共に、クリーブランドのスポーツファンを歓喜の渦に巻き込みました。

 そして、今度はMLBの番だとばかりにインディアンズが快進撃を続け地区優勝。ポストシーズンに入っても、地区シリーズでボストン・レッドソックスを3勝0敗でスイープ、リーグチャンピオンシップでもトロント・ブルージェイズを4勝1敗で早々に退け、早々とワールドシリーズ進出を決めました。
 素晴らしい勢いで勝ち続けているのです。

 インディアンズ自体も、最後にワールドシリーズを制したのは1948年ですから、68年振りの世界制覇を目指すシリーズとなります。

 一方のシカゴ・カブスは、有名な「ヤギの呪い」を解くシリーズとなります。

 1945年のワールドシリーズでファンが、自分が飼っていたヤギと共にリグレーフィールドに入場しようとするのを止められた(それまでは入場を許されていたのですが、この時はそのヤギの匂いを理由に拒絶されたのです)時、このファンが「ワールドチャンピオンはおろか、二度とこの球場でワールドシリーズが開催されることは無いだろう」と予言したとされるのが、「ヤギの呪い」です。(この年のワールドシリーズでカブスは3勝4敗でデトロイト・タイガースに惜敗しました)

 それ以降、インディアンズは1984年・1989年・2003年・2007年・2008年と地区優勝するなどポストシーズンに挑んできましたが、リーグチャンピオンとなることは出来ず、今2016年シーズンでの優勝=ワールドシリーズ進出は71年振りのこととなりました。

 ワールドシリーズ進出で「ヤギの呪い」の半分はクリアされたように見えますが、やはりワールドシリーズを制してこそ、完全に呪いの呪縛から逃れることが出来ると見るのが順当でしょう。
 カブスにとっては、どうしても負けられないワールドシリーズ、最後に世界一になった1908年以来108年振りの制覇を目指すシリーズなのです。

 ポストシーズン2016突入時点では、戦力的にはカブスの方が優位と見られていましたが、地区シリーズ、リーグチャンピオンシップと戦いを続けて行くうちに、インディアンズの調子が上がり、接戦であろうと見られていたレンジャーズとの地区シリーズ、ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップを悠々と勝ち抜いて行くに至って、「互角のワールドシリーズ」との評価が高まっています。

 テリー・フランコナ監督(インディアンズ)、ジョー・マッドン監督(カブス)、両監督の采配も注目されます。

 フランコナ監督(57歳)は、レッドソックスの監督時代、2004年シーズンと2007年シーズンの2度ワールドシリーズに勝っています。名門ですが、なかなかワールドシリーズに手が届かなかったレッドソックスに、久々の「世界一」をもたらした監督として知られていますし、特に「投手交代の妙」が高く評価されています。
 今季のインディアンズは「接戦での強さ」が目立ちますが、フランコナ監督の采配も冴えているのでしょう。

 一方のマッドン監督は、タンパベイ・レイズ時代の2008年シーズンにワールドシリーズに進出しましたが、この時はフィラデルフィア・フィリーズに敗れました。
 2008年と2011年にAL最優秀監督、2015年にNL最優秀監督に選ばれています。
 「バランスの良い采配」という印象で、選手の力を十分に発揮させる采配が得意だと思います。
 二人の名監督の対決も、見所のひとつでしょう。

 「68年振り」と「108年振り」の世界制覇を目指す戦いであり、「クリーブランドの風」と「ヤギの呪いの完全解消」という話題が存在するワールドシリーズでもあります。

 クリーブランドとシカゴという、五大湖を巡る「お隣同士」の対戦となったワールドシリーズ2016。

 興味は尽きません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2016・ワールドシリーズ] ヤンキースから移籍した投手達の戦い
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
MLB2016・インディアンズとカブスのWS  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031