FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ワールドカップ2018アジア最終予選] ハリルジャパン サウジアラビアに勝利!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「絶対に負けられない試合」という言葉は、最近多用されていて、少し軽いものになってしまった感じですが、ハリルジャパンは、まさに「絶対に負けられない試合」であった11月15日のサウジアラビア戦で勝利を収めました。

 ホームゲームであることを考慮すれば尚更、万一この試合を落とすようであれば、ロシアはとても遠くになったことでしょう。
 ギリギリの試合内容とはいえ、この1勝の価値は極めて大きいと感じます。

① 日本チームのディフェンス

 試合開始から、残り時間15分までの日本チームのディフェンスは素晴らしいものであったと思います。ディフェンダーDFからフォワードFWまで、ピッチ上の全てのプレーヤーがサウジアラビアチームにプレッシャーを掛け続け、サウジにチャンスらしいチャンスを作らせませんでした。

 この試合の最大の勝因でしょう。

 当然ながら、最初から相当の運動量でしたから、後半の後半での疲労が心配されました。
 その心配は現実のものとなりましたが、なんとか1失点で凌ぐことが出来たのです。

② シュートを打ち続けた攻撃陣

 日本代表チームとしては珍しいことなのかもしれませんが、この試合では「積極的なシュート」が目立ちました。

 いつもなら不要な?パスを出す場面でも、このゲームではシュートを打って行ったのです。

 この積極性が、1点目のペナルティーキックPKに結びついたと思います。
 清武選手のシュートに対するサウジアラビアディフェンダーのプレーが「ハンド」であったかどうかは、微妙なところでしたが、日本のホームグラウンドですので、ああした判定があっても良いのでしょう。

 とはいえ「もっとシュートを打つことができた」とも感じます。
 「ゴールが見えたらシュートする」というのは、FWプレーヤーに求められる基本的な動き方ですけれども、もっと徹底してもよいと感じました。

③ 残り15分間の攻守

 この時間帯は、一方的なサウジアラビアのゲームでした。そもそもプレースピードが全く違うのです。日本チームのプレーヤーが1m動く間に、サウジのプレーヤーは2m以上動いていた印象ですので、この攻撃を止めることは難しく、サウジアラビアの波状攻撃が続きました。

 もともと、今最終予選でのサウジアラビアチームの「後半の高い得点力」は、相手チームの最も警戒すべきポイントでしたが、この試合でもその力は如何なく発揮されていました。

 あたかも、残り15分まで体力を温存して、相手チームが疲れるのを待って攻撃を開始しているかのような試合運び。
 おそらく、本当にそういう戦術を取っていたのでしょう。

 振り返ってみれば、前半からサウジのプレーヤーは、自ゴール方向・後ろに向かってのドリブルを多用していました。日本チームのプレスディフェンスが効いていたのであろうと思いましたが、ひょっとするとこれも日本のプレーヤーを引っ張りまわして、疲労の蓄積を狙う作戦だったのかもしれません。

 サウジアラビアチームのコーチは、現役時代、オランダ代表チームのミッドフィールダーとして、「巧妙」というか「やや汚いとさえ見えるプレー」で鳴らしたファンボメル氏でした。「勝つ為に味方に有利になることなら何でもやる」感じのプレーヤーだったのです。

 PK判定を受けた時の各プレーヤーの審判に対する本当に執拗な抗議(この試合の残りの時間帯に日本ゴール前で微妙なプレーがあったときには、今度はサウジにPKを与えてくれるように、という意味?)や、後半の本田選手のフリーキックの時のとてもしつこい声掛け・妨害行為も含めて、ファンボメル氏の戦術・やり方なら、これぐらいのことはするだろう、というのは穿ち過ぎた見方でしょうか。(このサウジアラビアチームに勝利するのは、今後も骨が折れると思います)

 しかし、この試合のハリルジャパンは、この苦境を凌ぎ切りました。
 ゴールキーパーGK西川選手の好セーブも光りました。

 ワールドカップ・ロシア大会に向かってのアジア最終予選は、各チームが5試合を消化しました。
 丁度半分のゲームが終了したのです。
 そして、サウジアラビア、日本、オーストラリア、UAEの4チームが勝ち点1の差で犇めき合うという、かつて見たことが無い様な「大混戦」となっています。

 残りは5試合。

 サウジアラビアとUAEとのアウェイの2試合を残している日本チームにとっては、今後も厳しい戦いが続くと予想されますが、このゲームで披露した「精力的なプレスディフェンスからのショートカウンター」というハリルジャパンのプレーに一層磨きをかけて、是が非でもロシアのピッチに立っていただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[プレミアリーグ2016~17・第11節] スパーズとアーセナル 引分
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
ロシアW杯への道・日本サウジに競り勝つ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930