FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [Jリーグ・チャンピオンシップ2016] 鹿島アントラーズ 逆転優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[12月3日 第2戦 埼玉スタジアム]
鹿島アントラーズ2-1浦和レッドダイヤモンズ

 ホーム&アウェイ方式で行われた、チャンピオンシップの第2戦は、鹿島アントラーズが浦和レッズを逆転で破り、今シーズンのJリーグチャンピオンに輝きました。

 この試合が0-1からの逆転、ホーム・鹿島スタジアムで行われた第1戦を0-1で落としていた状況からの逆転、そして年間順位3位からの逆転と、鹿島にとっては「逆転づくし」の優勝でした。

① 前半29分までは、浦和の一方的なゲーム

 浦和にとっては、アウェイの第一戦に勝利し、相当有利な状況での第2戦でした。
 一方の鹿島にとっては、「2点以上」を取っての勝利が優勝への必須条件でした。

 従って、鹿島の攻勢・浦和の守備的なゲームが予想されたのですが、立ち上がりは正反対の様相となりました。

 0-0の引分け、0-1の敗戦でも年間チャンピオンと成れる浦和が、良く攻めたのです。
 そして、この攻撃が決定的なチャンスを再三生み出しました。

 一方、2点以上取らなければならない鹿島の攻撃は、なかなか浦和ゴール前にボールを配することさえできませんでした。

 前半7分、浦和の素晴らしい攻撃が展開されました。
 右サイドの高木選手から中央の興梠選手に速いセンタリング、これを興梠選手がダイレクトシュート、これが見事に決まりました。
 センタリングも良いものでしたが、何と言ってもシュートが見事でした。

 1-0と浦和レッズがリード。
 
 第一戦を1-0で勝利している浦和が、第2戦も先制したのですから、チャンピオンシップの行方は浦和に大きく傾いたと思いました。

 今度こそ「守備的」になるかと思われた浦和でしたが、攻勢を続けたのは少し意外でした。
 武藤選手らが何度も鹿島ゴールに迫ります。

 前半29分までは、浦和レッズがこのゲームを支配しました。
 「2点目を挙げるのも時間の問題」と感じさせる、一方的なゲームとなっていたのです。

② 金崎選手は真のストライカー

 この「一方的な浦和の流れ」を断ち切ったのは、前半30分の金崎選手のゴールでした。
 やはり右サイドからの折り返しを、ダイレクトヘッドで浦和ゴールに突き刺しました。

 ゴール前で、地面に叩きつけてのヘディングシュートが見事に決まったのです。

 ゲームは1-1の同点。

 この得点の威力は絶大でした。
 「第一戦のホームでの敗戦」「ここまでの一方的な浦和ペース」「アウェイゲーム」という、数々のハンディキャップを一気に払拭したのです。
 そして、あと1点を挙げて勝利すれば、チャンピオンシップを獲得できる、浦和側から見れば、あと1点を失い負ければ、チャンピオンシップが逃げてしまうという、先ほどまでは考えもしなかった状況が現出してしまったのです。

 興梠選手の1点目といい、金崎選手の2点目といい、やはりゴールはダイレクトシュートから生まれやすいものなのでしょう。
 「打つぞ打つぞ」と、誰が観ても分かるような状況からのシュートは、ゴールキーパーも「準備万端」ですのでなかなか決まらないものなのです。

 金崎選手は、この後2点目も決めました。
 こうした大試合での2得点は「大活躍」というのも足りない程の活躍でしょう。

 背番号9・10・11番を付けて、フォワードFWポジションに居ることが、そのままストライカーと呼ばれるプレーヤーに繋がるわけでは無いことは、言うまでも無いことです。

 その能力をフルに発揮して「得点を挙げる」プレーヤーこそが、ストライカーと呼ばれる資格を有するのです。
 その意味で、この試合の金崎選手は「真のストライカー」でした。

③ 乱戦

 金崎選手が同点ゴールを挙げてからの試合は、正に混戦となりました。
 両チームが「次の1点」を巡って、死力を尽くした戦いを展開したのです。

 前半29分までは、素早いパス回しから再三得点チャンスを創出していた浦和レッズでしたが、同点となってからは各プレーヤーが「ボールの持ち過ぎ」状態となり、次のプレーが予想し易いものとなってしまいました。
 2016年シーズンの浦和のプレーからは程遠いもので、「狙い澄ましたプレー」ではなかなかチャンスは生まれませんでした。

 一方の鹿島アントラーズも、ゲームを支配するには至らず、双方が「必死にボールを争奪する」試合、言わば乱戦が続いたのです。

 このまま1-1で引分ければ優勝を手にできる浦和の方が、少し守備的になってきた後半の後半、鹿島にPKが生れました。
 
 後半33分、金崎選手が浦和ゴール左サイドに強烈なシュートを放ち、これが決まりました。浦和のゴールキーパーもコースを読んでいたのですが、お構いなしの強いシュートでした。
 このシーン、チャンピオンシップがかかるシーンであのシュートを打てること自体が見事なものでしょう。
 このゲームは、金崎夢生選手のこれまでのキャリアを代表するゲームとなったのかもしれません。

 鹿島アントラーズが2-1とリードしました。

 この後の試合残り時間17分間(12分+インジュリータイム約5分間)、浦和レッズは懸命に攻めましたけれども、ますます、「ボールを受けてからパスを出す先を探す」狙い澄ましたプレーが増えてしまい、チャンスを創ることは出来ませんでした。

 一方、「勝つ形を作ってからのプレー」に伝統的に強い鹿島アントラーズは、その力を十分に発揮し、「焦る相手」のチャンスの芽を悉く摘んで行きました。
 この強さが、Jリーグ最多「8度目のチャンピオンシップ制覇」に結び付いたことは、言うまでも有りません。

 前半29分までの素晴らしいプレー、前半30分から後半32分までのもどかしいプレー、後半33分から試合終了までの焦りに満ちたプレーと、このゲームの浦和レッドダイヤモンズのプレーは目まぐるしく変わりました。

 そしてベンチでも、監督とコーチのギクシャクした関係が観られました。
 こうした形となっては、勝利は遠いものなのでしょう。

 埼玉スタジアムを埋め尽くしたレッズファンの「悲鳴」が、いつまでも響き渡っていました。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[スキージャンプ女子ワールドカップ2016~17] 「erivox」 「sport 2000」 とは?
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
Entry TAG
JリーグCS2016・鹿島アントラーズ逆転優勝!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031