HOME   »   駅伝・マラソン  »  [ニューイヤー駅伝2017] 旭化成チーム「日本人選手のみ」で優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 第61回全日本実業団対抗駅伝大会は、旭化成チームが優勝しました。
 名門チームとして、1998年以来の久しぶりの優勝でした。

 第一区・村山絋太選手、第二区・鎧坂哲哉選手、第三区・大六野秀畝選手、第四区・市田孝選手、第五区・村山謙太選手、第六区・市田宏選手、第七区・佐々木悟選手と、日本人ランナー7名の走りで優勝したのです。

 正確なところは分かりませんが、21世紀になって初めての日本人だけで構成されたチームの優勝なのではないでしょうか。

 「日本人至上主義」とは全く関係無く、日本人ランナーの力が世界に通用するようになったという視点から、興味深い優勝であろうと思います。
 長い間「ニューイヤー駅伝においては第二区の大砲・アフリカ系ランナーの快走」を背景としたチームが優勝を続けて来たのです。

 2016年末に日本中を熱狂させた、クラブワールドカップ2016における鹿島アントラーズの活躍に対しても、「日本人イレブンの先発」によりレアル・マドリードと死闘を繰り広げたことに対して、世界中から賞賛の声が聞かれました。
 サッカーのクラブチームであれば、強力な外国人プレーヤーを要所に配して活躍するチームが多く、レアル・マドリードもまさにそうしたチームなのですが、「世界のスタープレーヤーを集めたチーム」に対して「日本人プレーヤーだけで構成された先発陣」の鹿島アントラーズが互角の戦いを演じたことに対しての称賛の声が上がったことに対して、注目する必要があるのでしょう。

 スポーツにおける「育成」の意味、そして、我が国の「育成ノウハウの向上」を感じさせる、鹿島アントラーズと旭化成チームの活躍なのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[箱根駅伝2017・2区] 神奈川大チーム・鈴木健吾選手 快走!
NEW Topics
[MLB2017] 前田健太投手、ダルビッシュ有投手、田中将大投手 ポストシーズン2勝
[NPB2017] 広島カープ戦のチケット高騰
[MLB2017ポストシーズン・ALCS] ヤンキースの反撃開始
[NFL2017~18] 第2Qを終えて 「3-2」
[体操世界選手権2017] 白井健三選手と村上茉愛選手の金メダル
[MLB2017ポストシーズン] アルトゥーベ選手 絶好調!
[WC2018・北中米カリブ海最終予選] 最終戦終了
[競馬] 秋華賞2017の注目馬
[WC2018・南米予選] 最終戦終了
[MLB2017ポストシーズン] ヤンキース 大逆転でリーグチャンピオンシップ進出
[WC2018・欧州最終予選] グループリーグ終了
[NFL2017~18] 1試合で700ヤードゲイン
[MLB2017ポストシーズン] 田中将大投手 気迫十分の投球!
[MLB2017ポストシーズン] ジョン・レスター投手の好投
[MLB2017ポストシーズン] ワンアウトを取る難しさ
[ワールドカップ2018欧州最終予選] ドイツとイングランドが予選突破!
[NFL2017~18] week4を終えて
[MLB2017ポストシーズン] ダイヤモンドバックス 打ち合いを制して地区シリーズへ
[MLB2017ポストシーズン] ヤンキース ワイルドカードを勝ち上がる。
[MLB2017] 日本人プレーヤーのメジャーデビューが22年連続で途切れる。
[伝説のプレーヤー・9] 「紙の男」マティアス・シンデラー
[日本女子オープンゴルフ2017] 畑岡奈紗選手 20アンダーで圧勝!
[大相撲2017・9月場所] 三場所連続優勝 炎鵬
[凱旋門賞2017] 展望
[MLB2017] ダウンスイングとアッパースイング
[大相撲2017・9月場所] 4名の三賞受賞力士
[NFL2017~18] メルセデスベンツ・スタジアム
[大相撲2017・9月場所] 横綱・日馬富士 優勝!
[MLB2017] ポストシーズンのドジャーズの攻撃の核となるか コディ・ベリンジャー選手
[大相撲2017・9月場所] 豪栄道 単独トップで千秋楽へ
[MLB2017] イチロー選手 「17年連続・敬遠四球」
[NFL2017~18] 1試合に50ヤード以上のFGを2本決めた オークランド・レイダーズのタベッキオ選手
[PGAツアー2016~17] 最終戦で活躍が期待される5名のゴルファー
[NPB2017] 広島東洋カープ 連覇!
[大相撲2017・9月場所・中日] 嘉風と松鳳山の「大相撲」
[NPB2017] 福岡ソフトバンク・ホークス 史上最速の優勝
[大相撲2017・9月場所] 安美錦関 好調
[UEFA-CL2017~18] 開幕
[MLB2017] 田中将大投手 日米通算150勝
[欧州サッカー2017~18] 主要リーグの開幕戦
[U-18野球ワールドカップ2017] アメリカ代表チームの強さ
[MLB2017] クリーブランド・インディアンズ ついに「20連勝」
[大相撲2017・9月場所] 休場 相次ぐ
[伝説のプレーヤー・8] スウェーデンのゴールゲッター グンナー・ノルダール
[NFL2017~18] レギュラーシーズン 開幕
桐生祥秀選手 9秒98
[NPB2017] ついに本格化 菊池雄星投手
[伝説のプレーヤー・7] 「ナポレオン」と称された レイモン・コパ
[レスリング世界選手権2017] 日本チームの大活躍
[MLB2017] 両リーグのOPS
Entry TAG
ニューイヤー駅伝2017・旭化成18年振りの優勝!  
Comment
238
外国人無しのチームが勝ったのは21世紀に入ってからは3回めです。
あと、外国人が区間賞取って優勝したチームは21世紀に入ってからは2回ですね。もちろん、大砲でもなんでもなく「つなぎ」の区間での区間賞です。

239
Re: コメントありがとうございます。
ご指摘をいただき、少し調べてみました。

確かに2004年と2007年に中国電力チームが日本人ランナーのみで
優勝しています。
従って「過去10年で初めての日本人ランナーのみのチームによる
優勝」というのが正確な表記でした。
ご指摘、ありがとうございました。

外国人ランナーが走る区間については、もともとインターナショナル区画
に限定・制限されていますから、かつてなら1区・3区、現在は2区・8.3㎞
しか走ることができません。
短い区間ですか、外国人ランナーは「大砲」としての威力を存分に発揮てし
タイムを稼いできたので、これまでなかなか日本人ランナーのみのチームは
優勝できなかったということになるのでしょう。

コメント、ありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031