FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [大学選手権2017・決勝] 帝京大学チーム 激戦を制して8連覇!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 素晴らしい試合でした。

 両チームが持ち味を発揮しての「互角の試合」でしたが、試合運びの上手さで帝京大チームが勝ったと思います。

[1月9日・決勝 秩父宮ラグビー場]
帝京大学33-26東海大学

① フォワード戦は東海大チームが優位

 試合開始早々、東海大が帝京ゴール前に攻め込み、自慢のフォワードが威力を発揮して、スクラムトライを含む2トライ・2ゴールを挙げて14-0とリードしました。

 「帝京大の厚い壁」を破ろうとする東海大の気迫溢れる時間帯でした。

② 帝京大チームのランニングラグビーとエリアマネジメント

 0-14とリードを許した帝京大でしたが、次第にフォワード・バックス一体となったランニングラグビーと、松田選手を中心とした巧みなキックにより、エリアマネジメントで優位に立ちました。

 「ランニングラグビーの多彩さ」で勝る帝京大が、東海大陣で試合を進める時間が増え、帝京大のチャンスが多くなりました。

 そして、インゴールへのキックからのトライを含めて2トライ・2ゴールを挙げて14-14、
試合は同点となって、前半を終えました。

 まさに「互角」という印象でした。

③ 後半20分過ぎからの10分間の攻防

 後半に入り、両チームとも1トライずつを挙げて19-19。
 後半20分を過ぎても、19-19の同点のままでした。

 疲労からか、東海大チームのタックルが少し甘くなり、帝京のプレーヤーが一発のタックルでは倒れなくなってきた時間帯に、帝京の試合運びの上手さが目立ちました。
 
 後半22分、東海ゴール前の帝京の攻撃、東海の懸命の防戦が続きましたが、マッカラン選手が絶妙の突破を魅せて、吉田選手がトライ。
 難しい角度からのコンバージョンキックを松田選手がしっかりと決めて、帝京が26-19とリードしたのです。
 勝敗という面からは、松田選手のゴールの効果が大きいと感じました。

 続いて後半29分、再びインゴールへのキックから帝京大チームがトライを挙げ、再び難しいゴールキックを松田選手が決めて、帝京は33-19とリードを広げました。

 後半20分から30分までの10分間の攻防において、帝京は東海に勝りました。
 「勝負どころ」での強さ、戦術面・心理面での強さは、7連覇の伝統から生まれているものかもしれません。

 しかしこの後、東海大チームは諦めることなく良く反撃しました。
 ようやく展開ラグビーを披露して帝京ゴール前に迫り、この試合2本目のスクラムトライを挙げたのは、後半34分でした。ゴールキックも決まって26-33。

 残り5分からは、東海が帝京ゴールに再三迫りましたが、帝京も懸命にこれを凌いでいる間に「ホーン」が鳴りました。
 ホーン後2分近くに渡って東海大チームは攻め続けましたが、最期はボールが帝京ゴール内にこぼれ出て、これを帝京プレーヤーが蹴り出してノーサイド。
 帝京大学チームの優勝が決まりました。

 東海大学チームもよく戦いました。
 大学ラグビー界最強のフォワードの力を存分に発揮してくれたと思います。
 時折魅せていただいた「強烈なタックル」も見事でしたし、ターンオーバーを創り出すプレーも、よく鍛えられている印象でした。

 一方で、帝京大学チームの試合運びの上手さは、やはり一枚上手というところでしょうか。
 自陣ゴール前のラックサイドを突破しようとする相手チームのプレーヤーに対する「低く鋭いタックル」が徹底されていました。スクラムで圧倒的優位に立つ東海大フォワードは、ラックサイドも突破できると考えて突進を続けましたが、腰の位置が一段低いタックルに遭遇して、前進できない、あるいは後退を強いられることが多かったと思います。

 また、東海大のバックス展開の際の帝京大守備陣の「上りの速さ」も際立ちました。オフサイドギリギリのタイミングでの上りです。伝統のノウハウという観もあります。
 日本一を争っていた頃の明治大学チームの上りを髣髴とさせるスピードであったと感じます。

 帝京大チームの攻撃面では、松田選手とマッカラン選手の「強さと速さ」そして「ポジショニングの上手さ」が際立っていたと思います。
 ほぼ互角の試合でしたが、もし帝京が東海に明確に勝っていたポイントを上げるとすれば、この2人のプレーヤーの力でしょう。

 前夜からの雨の影響もあってか、秩父宮の芝生は柔らかく、両フィフティーンは泥だらけでプレーを続けました。

 かつての国立競技場、冬になると枯れてしまう芝のグラウンドで行われていた決勝戦を思い出させる「激戦」であったと思います。

 素晴らしい試合でした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[PGA・トーナメントオブチャンピオンズ2017] 松山英樹選手の「天敵」になりつつあるジャスティン・トーマス選手が優勝
NEW Topics
[NBA2019~20・プレーオフ(無観客)] NBAファイナル進出への戦い
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 7号2ランホームラン
[NFL2020~21(無観客)] 開幕 そして第2週 総額1億円超の罰金
[リーガエスバニョーラ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[プレミアリーグ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[PGAツアー2020~21(無観客)・全米オープン] ブライソン・デシャンボー選手 初優勝
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 中日を終えて 稀に見る大混戦
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 「チームなおみ」の存在感
[MLB2020(無観客)] 全60試合の約50試合を終えて
[2020年インディ500(無観客)] 佐藤琢磨選手 2度目の優勝!
ウイングドフット・ゴルフクラブ・西コースで開催された、過去5度の全米オープン
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 女子100m競走 児玉芽生選手  11秒35
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 男子走り幅跳び 橋岡優輝選手 8m29cm!
[NPB2020(観客数制限)] 岡本和真選手の2本のホームラン
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の制覇!
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン2勝目
[NPB2020(観客数制限)] 原辰徳監督 通算1,067勝!
[テニス全米オープン2020女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の決勝進出!
[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 初の年間王者
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[MLB2020(無観客)レギュラーシーズン] 約40ゲームを終えて
[PGAツアー2019~20プレーオフシリーズ最終戦] 2日目を終えて
[全米オープンテニス2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 4回戦進出
[MLB2020(無観客)] 「どっしりと」 ダルビッシュ有投手 7連勝
[温故知新2020-競泳10] 女子100m背泳ぎ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技14] 女子4×100mリレー オリンピックメダル獲得チーム
[競馬コラム277] 2020年のイギリス競馬クラシックレース
[PGA2019~20プレーオフ第2戦(無観客)] 松山英樹選手 「懸命」の戦い
[ニトリレディスゴルフ2020(無観客)] 笹生優花選手 2大会連続優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有VS秋山翔吾 ダルビッシュ6連勝!
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-4] 白いスパイク
[MLB2020(無観客)] 菊池雄星投手 今シーズン初勝利
[MLB2020(無観客)] 山口俊投手 メジャー初勝利
[セイコーゴールデングランプリ陸上2020(無観客)] 女子1,500m 田中希実選手の日本新記録
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 開幕4連勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 5連勝
[PGA2019~20プレーオフ第1戦(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 独走優勝!
[UEFA-CL2019~20(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 6度目の優勝
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-3] 16試合で柵越えのホームランは2本
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝T会場はポルトガルの「カテゴリー4」スタジアム
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-2] 東西の横綱対決
[2020年 甲子園高校野球交流試合(無観客)] 明石商チーム・中森俊介投手 登板
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝は「パリ・サンジェルマンVSバイエルン・ミュンヘン」
[Jリーグ2020(観客数制限)] 川崎フロンターレ 10連勝
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 完封勝利で開幕8連勝!
[NEC軽井沢72ゴルフ大会2020(無観客)] 笹生優花選手 プロ入り2戦目で初優勝
[UEFA-CL2019~20(無観客)] ベスト4 出揃う
[NPB2020(観客数制限)] 小川泰弘投手 ノーヒットノーラン達成!
[FIFAワールドカップ2002・決勝] セレソン 5度目の制覇
Entry TAG
ラグビー大学選手権2017・帝京大学8連覇!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930