FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲2017・1.月場所] 横綱・白鵬の相撲
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2017年1月場所の最後の取組「白鵬VS稀勢の里」は、大相撲の歴史に刻まれる一番であったと思います。

 この場所、荒鷲や高安、貴ノ岩といった若手力士の一気の寄りに屈していた白鵬が、この一番では逆に、一気の寄りに勝機を見出そうとした取組でした。

 NHKテレビのリポートで、支度部屋で白鵬が「左四つ」になる形を何度も繰り返していると報じられていました。稀勢の里得意の左四つに自ら誘導することで、早期に両力士が密着し、自らは相手力士のまわしを取って、一気に寄ることで、寄り切り・押し出しを実現しようという目論みだったのでしょう。

 この目論見は概ね成功し、白鵬は稀勢の里を西土俵際に追い詰めました。
 ここで稀勢の里が踏ん張り、踏ん張りながら左をこじ入れ、右へのすくい投げで逆転勝利を収めたことは、ご承知の通りです。
 白鵬としては、相撲に勝って、勝負に敗れたというところでしょう。

 こうした取り口を見るにつけ、横綱・白鵬の相撲の変遷を感じます。

[第一期]
 白鵬が最も強かった時期、驚異的な勝率を誇り、63連勝を記録した時期には、「低く鋭い立ち合いから前みつを取り、上手も取って、相手には片方の回ししか許さず、寄り切りや上手投げで料理するという、「万全の取り口」が目立ちました。
 この頃の白鵬の立ち合いは見事なもので、少し右足を引いた形から、右膝が土俵から10㎝位しか離れていない形で突進し、相手力士のまわしをものにしていました。この立ち合いこそが、白鵬の相撲だったのです。

[第二期]
 その後、白鵬は相手力士のまわしを取る頻度が下がりました。その原因は、「相手力士の研究」「白鵬自身のフィジカルの衰え」等々いくつかの要因が重なったものなのでしょうけれども、いずれにしても「万全の形」になる頻度が下がったのです。
 その結果、白鵬は「かち上げ」や「張り手」を多用するようになりました。これらの手段により、相手力士のバランスやリズムを崩し、自らの有利な形を作り易くしたのでしょう。
 結果として、白鵬の立ち合いは次第に「高い」ものとなり、当たりの威力も減少していったのではないでしょうか。

[第三期]
 「かち上げ」や「張り手」といった手段がファンからの意見等も有って多用できなくなると、白鵬はスピードと連続技で勝機を見出すようになりました。相手力士の重心が落ち着く暇を与えない相撲であり、「自在の取り口」とも言えますが、見方によっては自身の重心も落ち着かない相撲ですので、失敗するリスクの上昇に繋がったのかもしれません。

 もともと白鵬は、スピード相撲が得意ではなかったはずです。

 史上最長であった、横綱・朝青龍の「ひとり横綱」時代や、朝青龍と白鵬が横綱として張り合っていた時代には、白鵬は朝青龍のスピード相撲に苦労していました。
 時には、朝青龍が体を交わした後、白鵬が自ら土俵外に飛び出していくという取組があったほどです。

 こうした経験を踏まえて[第一期]の取り口を身に着け、大横綱への道を歩み始めた白鵬でしたが、時間の経過と共にスピード相撲に回帰してきたことは、ある意味では皮肉なことかもしれません。

 そして、1月場所では荒鷲や貴ノ岩のスピード相撲に敗れたのです。

 三種類の全く異なると言っても良い取り口を、いずれも「高いレベル」で身に着け、白星を積み上げていったという点からは、白鵬の力士としての非凡さ、極めて高い能力を感じます。
 
 史上最多37度の優勝を誇る大横綱・白鵬には、「第四期」の相撲を期待したいところです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NFL2016~17] 実現しなかった オークランド・レイダーズとダラス・カウボーイズのスーパーボウル
NEW Topics
[NFL2020~21] ペイトリオッツのQBは?
[温故知新2020-女子テニス6] 「豪打」と「悲劇」 モニカ・セレシュ選手
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
[競馬コラム271・宝塚記念2020] 「重巧者」 クロノジェネシス 圧勝!
[温故知新2020-男子水球] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 山川穂高選手の逆転3ランホームラン
[温故知新2020-競泳6] 女子200m平泳ぎ 日本チーム「伝統」の種目
[競馬(無観客)] 宝塚記念2020の注目馬
[セリエA2019~20(無観客)] 再開!
[プレミアリーグ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ベテランの戦い
[NPB2020(無観客)] 開幕3連戦の結果
[温故知新2020-陸上競技7] 女子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳5] 男子4×200mフリーリレー 日本チームの復活
[温故知新2020-男子ホッケー] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 6月19日 歴史的な開幕
[競馬コラム270-日本馬の海外挑戦13] 2010年 ブエナビスタとナカヤマフェスタ
[温故知新2020-女子テニス5] 「強烈無比なフォアハンド」 シュテフィ・グラフ選手
[温故知新2020-男子テニス6] 初代「ザ・オールラウンダー」 ピート・サンプラス選手
[温故知新2020-女子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] トーナメントの再開!
[温故知新2020-陸上競技6] 男子砲丸投げ オリンピック金メダリストの記録
[ラグビー日本選手権2006・2回戦] 早稲田大学チーム トヨタ自動車チームを破る
[温故知新2020-競泳4] 男子200m平泳ぎ 日本チームの「お家芸」
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] バイエルン 圧倒的な攻撃力
[温故知新2020-女子テニス4] WTAツアー歴代最多勝 マルチナ・ナブラチロバ選手
[温故知新2020-陸上競技5] 女子走り高跳び オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-男子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 長谷部誠選手 309試合出場!
[温故知新2020-男子テニス5] 「フラットの強打」 ジミー・コナーズ選手
[UEFA-EURO2000準決勝] フランス ポルトガルとの死闘を制す
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
Entry TAG
大相撲2017年1月場所・横綱・白鵬の相撲の変遷  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031