FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL・スーパーボウル2017] 「あきらめない」ペイトリオッツ 驚異の逆転勝ち
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 第51回スーパーボウルは、予想をはるかに超えた戦いとなりました。

 前半を終えてアトランタ・ファルコンズが21-3とリードし、後半に入っても得失点差を広げて、リードを25点に広げた時には、「ファルコンズの圧勝」に観えました。

 ニューイングランド・ペイトリオッツが敗れる時のパターン、ビッグゲームでは「手堅い」プレーを選択し、得点が伸び難いという「ベリチックとブレイディ」の試合運びに対して、圧倒的な攻撃力で得点を重ねることにより勝利するというパターンを、ファルコンズが実行している姿だったからです。

 クオーターバックQBマット・ライアン選手を中心とした攻撃陣が機能し、守備陣もQBトム・ブレイディ選手に殺到してサックを連発、いつものブレイディ選手の自在の攻めを封じた、第2クオーターQまでの試合内容は、ファルコンズの40得点越えも予想されるほどの、「久し振りの一方的なスーパーボウル」となるかに観えたのです。

 ところがペイトリオッツは「あきらめません」でした。

 19点差で迎えた、第4クオーターQのペイトリオッツは、その攻撃においても守備においても、「ギアを一段上げた」感のあるプレーを繰り広げました。
 
 まず、ゴスコウスキー選手のフィールドゴールFGで、その差を16点としました。試合時間は残り9分40秒余り。
 タッチダウンTD+2ポイントコンバージョン2回で同点ですから、2ポゼッション差とはいっても、残り時間にペイトリオッツが攻撃できる回数を考慮すれば、絶望的な差に観えましたし、そもそも2TDで2回の2ポイントコンバージョンを成功させるということ自体、「非現実的な目論見」に感じられました。

 ただし、第4Qに入ってからのペイトリオッツ守備陣の頑張りは「鬼神」の様でしたから、試合の流れが次第にペイトリオッツに傾きつつあったのも事実でしょう。
 ペイトリオッツには「奇跡的な攻撃」が待たれたのです。

 そして、その「奇跡的な攻撃」が展開されました。

 試合時間残り6分、QBブレイディ選手からワイドレシーバーWRダニー・アメンドラ選手へのパスが決まってTD。

 そして、ランニングバックRBジェームズ・ホワイト選手が突入して、2ポイントコンバージョンにも成功、その差を8点に縮めました。

 このゲームを通じて、「八面六臂」の活躍を魅せてくれたホワイト選手ですが、この2ポイントコンバージョンのプレーは、その価値という意味で「最も重いもの」であったかもしれません。
 何しろ「後の無いプレー」だったのですから。

 これで「8点差」としたペイトリオッツの勢いは止めようもないものでした。

 試合時間残り1分、RBホワイトが、この試合3つめのTDを挙げて2点差。先の2ポイントコンバージョンでお膳立てしての自らのTDでした。

 そして、アメンドラ選手へのパスが決まって、2ポイントコンバージョンにも成功。ついに、ついに28-28の同点となったのです。

 思い描いた通りというか、「最高に次ぐ最高のプレー」というか、ファルコンズ側から見れば「都合の良過ぎる」、残り時間10分からの2(TD+2ポイントコンバージョン)が実現したのです。
 事実は小説よりも奇なり、を地で行くラスト10分でした。

 「スーパーボウル史上初のオーバータイムOT突入」というのも驚かされましたが、第1Qから第3Q途中までのファルコンズのプレーと、第4Qのペイトリオッツのプレーで驚かされ続けていたものですから、観ている側にも(凄いプレーの食べ過ぎによる)「疲労の色が濃く」、試合の流れからして、ペイトリオッツが相当有利であろうとボンヤリと感じていましたが、その通りに試合を運ぶところは、さすがに百戦錬磨のペイトリオッツとブレイディ選手です。
 しっかりとTDを決めて、勝ち切りました。スコアは34-28。
 「絵に描いたような」OTでした。

 この試合は、様々なスーパーボウル記録を生み出しました。

 数えきれないほどの新記録が生まれたのです。

 その点からも、歴史に残るスーパーボウルであったことは間違いないのですが、何よりも驚かされたのは、ニューイングランド・ペイトリオッツの「あきらめの悪さ」でした。

 その「勝利への執念」はスーパーボウル史上に深く刻まれるべきものであり、チャンピオンシップゲームを勝つまでのプレーオフの各試合で披露した「本気」から、さらに一段ギアを上げた「攻守の底力」には感服しました。
 奇跡を生んだ「底力」だったのでしょう。

 7度目のスーパーボウル出場で、5度目の制覇、4度目のMVPを獲得した、QBトム・ブレイディ選手がヴィンス・ロンバルディ・トロフィーを大きく掲げました。
 いつも冷静なブレイディ選手とは思えないくらいの「心の震え」が、全身から溢れていました。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
男子200m平泳ぎの世界新記録は意外な大会で出るものなのか?
NEW Topics
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
Entry TAG
スーパーボウル2017・ペイトリオッツの大逆転勝ち!  
Comment
241
ブレイディの被インターセプト後の行動に諦めない姿勢が表れていました!結果としてリターンTDを許しましたが、CBばりの猛ダッシュとタックルは、ブレイディを見ていて初めて負けてほしくないと、胸が熱くなりました!まさかホントに逆転してしまうとは思いもしませんでしたが。
それにしてもファルコンズは流砂に飲まれたというか、最後は身動きできない感じでしたね。

243
Re: コメントありがとうございます。
おっしゃる通りです。

「身動きできない感じ」というのは言い得て妙だと思います。

スーパーボウルという世界最高のゲームで、こんな大逆転が起こる
のですから、スポーツというのは奥が深いと改めて感じます。

今後とも、コメントよろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930