FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム183] 「名馬への登竜門」 弥生賞
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今年も「弥生賞」が3月5日に迫ってきました。
 
 いつも書くことで恐縮ですが、弥生賞が行われると「春が来た」と感じますし、クラシックロードが本格化するのです。
 1995年から「皐月賞トライアル」の副題が付いたレースですが、1964年(昭和39年、第1回東京オリンピックの年、シンザンが三冠馬となった年)の第1回から、弥生賞は「名馬への登竜門」として、とても華やかな歴史を刻んで来ました。

 弥生賞の優勝馬には、クラシックレース、かつての「八大競走」、現在のG1レースの勝ち馬がズラリと並んでいます。それはもう、眩いばかりです。

 1965年・第2回の優勝馬キーストンは日本ダービー優勝、1967年・第4回のアサデンコウも日本ダービー優勝、1968年・第5回のアサカオーは菊花賞優勝、1969年・第6回のワイルドモアは皐月賞優勝、1970年のタニノムーティエは皐月賞・日本ダービーの2冠、1972年・第9回のロングエースは日本ダービー優勝、1973年・第10回のハイセイコーは皐月賞馬、1975年・第12回のカブラヤオーは皐月賞・日本ダービーの2冠、1976年・第13回のクライムカイザーは日本ダービー馬、1977年・第14回のラッキールーラも日本ダービー馬、1978年・第15回のファンタストは皐月賞馬、1983年・第20回のミスターシービーは三冠馬、1984年・第21回のシンボリルドルフも三冠馬、1987年・第24回のサクラスターオーは皐月賞・菊花賞の2冠馬、1988年・第25回のサクラチヨノオーは日本ダービー馬、と枚挙に暇がないとはこのことでしょう。

 この1964年から1989年までの間は、「弥生賞とクラシックレースの関係がとても強い時期」であったと思います。弥生賞の勝ち馬は、毎年のようにクラシックレース、特に皐月賞と日本ダービーで抜群の強さを魅せていたのです。
 さらに言えば、「皐月賞より日本ダービーに強かった」という印象です。

 後に皐月賞トライアルという名を配するのですから、スケジュール的にも距離面からも、皐月賞との関連が最も強いと見るのが妥当なのでしょうけれども、実際には日本ダービーで、より強さを発揮しているということになります。

 弥生賞は「距離的にも適応力が有る強い馬」が勝つということであり、「名馬への登竜門」という言葉を立証しているように思われます。

 その傾向は、1990年・第27回優勝馬メジロライアンから明確になるのです。メジロライアンは三冠レースでは惜しくも勝ち切れませんでしたが、古馬になって宝使記念に勝ち、種牡馬として大成功したことは、ご承知の通りです。

 そして1993年・第30回のウイニングチケットは日本ダービーに優勝し、1995年・第32回のフジキセキは脚部不安からその後のレースでは走れませんでしたけれども、種牡馬としての活躍が光ります。
 1996年・第33回のダンスインザダークは菊花賞馬、1998年・第35回のスペシャルウィークは日本ダービー、天皇賞(春)(秋)、ジャパンカップに優勝、1999年・第36回のナリタトップロードは菊花賞馬、2001年・第38回のアグネスタキオンは僅か4走で引退を余儀なくされましたが、種牡馬としてリーディングサイアーに輝いています。そして2005年・第42回のディープインパクトは三冠馬となっているのです。

 特筆すべきは、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ディープインパクトの3頭の三冠馬が、いずれも弥生賞優勝馬であることでしょう。
 弥生賞の位置付けが良く分かる事実だと思います。

 ディープインパクトの優勝以降も、弥生賞優勝馬の活躍は続いています。

 2006年・第43回のアドマイアムーンは、ドバイDF、宝塚記念、ジャパンカップに優勝、2009年・第46回のロジユニバースは日本ダービー馬、2010年のビクトワールピサは皐月賞、有馬記念、ドバイWCに優勝(日本馬としての初優勝)、2011年・第47回のサダムパテックはマイルチャンピオンシップに優勝、2015年・第52回のサトノクラウンは香港バーズ、2016年・第53回のマカヒキは日本ダービーに優勝しています。

 こうして見ると、弥生賞馬は海外G1レースにも強いことが分かります。

 また、少し不思議なことですが、弥生賞優勝馬は「全て牡馬」です。牝馬が出走可能な重賞競走で、「53回の競走で全て牡馬が優勝しているレース」は、他には無いかもしれません。

 2歳時の朝日杯FSを経て、様々な2歳馬同士・3歳馬同士のクラシック前哨戦を戦いながら、次第に馬体を充実させ、概ねその馬の才能が見えてきた時期に弥生賞が開催されているのでしょう。

 弥生賞は「時代を駆ける能力」を証明するレースの様に見えます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[セリエA2016~17] ユベントスの定位置にASローマとナポリが挑む
NEW Topics
[MLB2020(無観客)] レギュラーシーズン終了 ポストシーズン開幕
[飛び込み日本選手権水泳2020(無観客)] 玉井陸斗選手の大活躍
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 正代関 初優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 8勝目
[セリエA2020~21(無観客)] 9月19日 開幕
[ブンデスリーガ2020~21(無観客)] 9月18日 開幕
[NBA2019~20・プレーオフ(無観客)] NBAファイナル進出への戦い
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 7号2ランホームラン
[NFL2020~21(無観客)] 開幕 そして第2週 総額1億円超の罰金
[リーガエスバニョーラ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[プレミアリーグ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[PGAツアー2020~21(無観客)・全米オープン] ブライソン・デシャンボー選手 初優勝
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 中日を終えて 稀に見る大混戦
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 「チームなおみ」の存在感
[MLB2020(無観客)] 全60試合の約50試合を終えて
[2020年インディ500(無観客)] 佐藤琢磨選手 2度目の優勝!
ウイングドフット・ゴルフクラブ・西コースで開催された、過去5度の全米オープン
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 女子100m競走 児玉芽生選手  11秒35
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 男子走り幅跳び 橋岡優輝選手 8m29cm!
[NPB2020(観客数制限)] 岡本和真選手の2本のホームラン
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の制覇!
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン2勝目
[NPB2020(観客数制限)] 原辰徳監督 通算1,067勝!
[テニス全米オープン2020女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の決勝進出!
[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 初の年間王者
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[MLB2020(無観客)レギュラーシーズン] 約40ゲームを終えて
[PGAツアー2019~20プレーオフシリーズ最終戦] 2日目を終えて
[全米オープンテニス2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 4回戦進出
[MLB2020(無観客)] 「どっしりと」 ダルビッシュ有投手 7連勝
[温故知新2020-競泳10] 女子100m背泳ぎ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技14] 女子4×100mリレー オリンピックメダル獲得チーム
[競馬コラム277] 2020年のイギリス競馬クラシックレース
[PGA2019~20プレーオフ第2戦(無観客)] 松山英樹選手 「懸命」の戦い
[ニトリレディスゴルフ2020(無観客)] 笹生優花選手 2大会連続優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有VS秋山翔吾 ダルビッシュ6連勝!
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-4] 白いスパイク
[MLB2020(無観客)] 菊池雄星投手 今シーズン初勝利
[MLB2020(無観客)] 山口俊投手 メジャー初勝利
[セイコーゴールデングランプリ陸上2020(無観客)] 女子1,500m 田中希実選手の日本新記録
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 開幕4連勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 5連勝
[PGA2019~20プレーオフ第1戦(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 独走優勝!
[UEFA-CL2019~20(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 6度目の優勝
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-3] 16試合で柵越えのホームランは2本
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝T会場はポルトガルの「カテゴリー4」スタジアム
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-2] 東西の横綱対決
[2020年 甲子園高校野球交流試合(無観客)] 明石商チーム・中森俊介投手 登板
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝は「パリ・サンジェルマンVSバイエルン・ミュンヘン」
Entry TAG
競馬コラム183・名馬への登竜門「弥生賞」  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031