HOME   »   大相撲  »  [大相撲2017・3月場所] 稀勢の里 思い切りの良い取口で逆転優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 千秋楽の優勝争いは、大変劇的な展開となりました。

 13勝1敗の大関・照ノ富士と12勝2敗の横綱・稀勢の里の本割取組は、最初の立合いで稀勢の里が右に変化しました。
 右上手を取り、右からの上手投げで勝負しようとしたのでしょうか。
 これは立合い不成立となりました。

 2度目の立合いでは、今度は左に変化しましたが、もともと「注文相撲」など不得手な稀勢の里のやることですから、上手く行くはずも無く、照ノ富士は前みつをがっちりと取り、西土俵に押し込みました。
 ここで稀勢の里が左に突き落とし。照ノ富士の頭を押さえつけての突き落としでした。
 これが見事に決まって、照ノ富士は土俵外に転げ落ちました。

 優勝決定戦は、1度の立合いで取組が始まりました。稀勢の里は両手を照ノ富士の胸に当てましたが、照ノ富士の勢いと圧力が勝り両差しとなりました。そのまま、やはり西土俵に寄り立てました。
 ここで稀勢の里は小手投げ。乾坤一擲の小手投げで、照ノ富士が飛び、稀勢の里も飛びましたが、一瞬早く照ノ富士の体が落ちました。

 本割・決定戦と、稀勢の里が2連勝し、逆転優勝が成ったのです。

① 右腕と両脚

 左腕が使い物にならなかった稀勢の里にとっては、右腕と両脚で勝負するしかなかったのは道理です。
 この2番の取口は、稀勢の里が考えに考えた内容であったように感じます。

 寄り立てて来るであろう照ノ富士の勢い・パワーを利用した取口だったのです。
 この考え方は、本割・決定戦に共通しています。

② わざと両差しに?

 決定戦の稀勢の里の立合いからの動きは、不可思議なものでした。
 痛めている左肩に衝撃を与えないような立合いを目指した点では、本割も決定戦も同様でしたが、正面から当たっている決定戦は、左を差しこむことが難しいことを考慮すれば、照ノ富士に両差しを許す可能性が高いことは、あらかじめ予想できたはずです。

 それでも、この立合いを選択したのですから、「わざと両差しにさせて、出て来る勢い・パワーを活用して」の小手投げ、というとても思い切りの良い取口を、最初から予定していたのかもしれません。

 右腕と両脚のパワーを最大限活かそうという、作戦だったのです。

③ いつもの稀勢の里とは正反対の相撲

 左下手を差し込んで、右腕を自在に使って勝負するのが、稀勢の里というか、元横綱・隆の里・元の鳴門親方直伝の相撲です。

 しかし左腕を大負傷してしまった稀勢の里は、この「伝統の相撲」を取ることは出来ませんでしたから、全く別の相撲になりました。

 「全く別の相撲」になってしまったことが、照ノ富士にいつもの相撲を取ることを許さなかったのかもしれません。
 これまで戦ってきた稀勢の里とは、重心の位置も、パワーも、体の使い方も全く違う力士との相撲になったのです。
 いつもならば、もっとじっくりと寄り立てる相撲を得意とする照ノ富士が、この2番に限っては、「慌てて寄り立てた」ように観えました。

 これは、稀勢の里が意図したことではないのかもしれませんが、結果として、稀勢の里にとっての「勝機の拡大」に結び付いた可能性が有ります。

 「手負い」の新横綱は、伸るか反るかの「思い切った相撲」を展開し、見事に2番共成功させました。
 「思い切った相撲」ですから、失敗すれば簡単に負けてしまうリスクも高かったのです。

 それでも、このやり方を信じて土俵に上がったのでしょう。

 その稀勢の里に、相撲の神様が微笑んだ2番だったように感じます。

 「大相撲」を魅せていただきました。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[競馬コラム185] 良馬場の2000mに強かった ヤエノムテキ号
NEW Topics
[夏の甲子園2017] 秀岳館VS広陵 好ゲームに現れた甲子園大会の昔と今
[世界陸上2017] ダフネ・シパーズ選手 女子200m連覇!
[全米プロ2017] これを経験したからといって克服できるものでは無いと思う・・・。
[伝説のプレーヤー・2] イタリア黄金時代の最強FW ジュゼッペ・メアッツア
[世界陸上2017] 男子4×100mリレー 日本チーム 銅メダル!
[夏の甲子園2017] ホームランの多い大会
[世界陸上2017・男子400mH] カールステン・ワーホルム選手 よもやの?優勝
[世界陸上2017] 連日の6万大観衆!
[世界陸上2017] 男子400メートルにおけるアメリカの衰退?
[世界陸上2017] 500m~600mの加速 ボス選手が優勝
[世界陸上2017] 次の大ジャンプへの助走となった大会か
[伝説のプレーヤー・1] 「元帥」と呼ばれた ホセ・ナサシ
[PGA2017] 強い時の松山英樹は、尋常ではない。
[世界陸上2017] 走り切った ウサイン・ボルト選手
[夏の甲子園2017] 活躍が期待される10校
[夏の甲子園2017] 東京・横浜・大阪・名古屋の代表決まる。
[ボクシング2017] 「比類無き」チャンピオン 内山高志の引退
[夏の甲子園2017] 明徳義塾 8年連続出場!
[MLB2017] ダルビッシュ有投手 ロサンゼルス・ドジャーズへ移籍
2020年のインターハイが中止?
[夏の甲子園2017] 新監督就任後わずか4ヵ月で甲子園出場へ
[日本プロ野球2017] 金田正一投手や堀内恒夫投手は遠くなりにけり。
NPBヤクルト・スワローズ「10点差」大逆転! MLBの記録は?
[夏の甲子園2017] 作新学院 7年連続出場
[フェンシング世界選手権2017] 男子フルーレで2つのメダル
[世界水泳2017] 大橋悠依選手 200m個人メドレー 銀メダル!
[大相撲2017・7月場所] 横綱・白鵬の1,050勝と横綱・日馬富士の701勝
[全英オープン2017] 最終日のスタートホール・第1打
[夏の甲子園2017] 聖光学院 11年連続出場!
[MLB2017] ドジャーズ 34試合で30勝!
[日本プロ野球2017] 頑張れ! ヤクルト・スワローズ
[リーガエスパニョーラ2017~18] 柴崎岳選手 ヘタフェCFに移籍
ベルガードファクトリージャパンの防具
[世界水泳2017・シンクロ] ロシアチームを中心とした戦い
[大相撲2017・7月場所] 中日を終えて
[NPBオールスター2017] 二木康太投手と黒木優太投手
[大相撲2017・7月場所] 横綱・大関の休場相次ぐ
[MLBオールスター2017] 投手力が上回った試合
メジャーリーグでも「飛び過ぎる」ボール?
「選手不稼働対応保険」
[MLB2017] クレイトン・カーショー投手 99球・13奪三振の完投勝利で早くも14勝目!
岩瀬仁紀投手と上原浩治投手
[MLB2017] イチロー選手 3054安打!
[日本プロ野球2017] 横浜DeNAベイスターズ のチーム力向上
[コンフェデ杯2017] 強さを示したオーストラリアチーム
[陸上日本選手権2017] 男子400mと400mハードル
[大相撲2017・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[コンフェデ杯2017] ドイツチーム「守り切って」初優勝!
[陸上日本選手権2017] 「大接戦」 女子走り幅跳び
[コンフェデ杯2017] ドイツチーム 得点力抜群のプレーで決勝進出
Entry TAG
大相撲2017年3月場所・新横綱稀勢の里逆転優勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031