HOME   »   スキー  »  [フィギュア世界選手権2017] 羽生結弦選手 素晴らしいフリー演技で逆転優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月31日、フィンランド・ヘルシンキで開催されたフィギュアスケートの世界選手権大会の男子シングル・フリーが行われ、羽生結弦選手が223.20点の世界歴代最高得点を叩き出して、ショートプログラムSP5位からの逆転優勝を飾りました。
 
 鬼気迫る演技でした。

 最初の4回転トゥループの成功を皮切りに、全てのジャンプを成功させ、ステップ、スピンなどの演目も含めて、「全ての演目において出来栄え点がプラス」という、驚くべき演技を完成させたのです。

 フィニッシュを決めた羽生選手の表情は、強いまなざしで前方を見つめ、「世界一は自分だ」と叫んでいるようでした。

 大会の最終グループにおける最初の演技でしたから、続く5名のプレーヤーには、大きな衝撃を与えたことでしょう。強烈なパンチだったのです。
 2番目の演技者であり、先般の四大陸選手権のフリー演技で5度の四回転ジャンプを成功させて羽生選手を破った、ネイサン・チェン選手もこの波を受けたのか、失敗ジャンプが出てしまいました。「6度の四回転ジャンプ」を盛り込んだ意欲的なプログラムでしたが、残念ながら実りませんでした。

 そして、SPで羽生選手に10点以上の差を付けてトップに立っていたハビエル・フェルナンデス選手も本来の演技とは程遠い内容に終わりました。世界選手権3連覇の夢は潰えたのです。

 この羽生選手から投じられた衝撃に、最も良く耐えたのが宇野昌磨選手でした。
 ところどころで小さなミスも有りましたが、全体としては良く我慢した演技でしたので、SPにおいて確保した「羽生選手との6点差」を生かして、大接戦に持ち込むことが出来ると感じられるフリー演技を展開したのです。
 
 「どちらが勝っているのか分からない」と感じ、宇野選手の得点を注目しましたが、僅か2点差で羽生選手が押し切りました。
 常に羽生選手の高得点の源である「演技構成点」の差が、勝負を分けました。
 羽生選手の演技を包み込む「独特の空気感」のベースとなる、高度な演技構成が勝利のベースとなった形です。

 別の見方をすれば、宇野選手がわずかに失敗したジャンプを1本でも完璧なものにしていたら、宇野選手の優勝でしたし、羽生選手が1本でもジャンプをミスしていたら、それが僅かなミスであっても宇野選手が優勝していた訳で、2人の勝負は極めて僅差のものでした。
 「たら」はスポーツの世界では禁句とはいえ、「たら」のレベルを超える?僅差であったと思います。

 平昌オリンピックに向けては、羽生選手はSPでの失敗を回避することが必要でしょうし、宇野選手はフリーの演技構成に磨きをかける必要があるということになります。

 「4回転ジャンプを何回入れるか」が問われることとなった、大きく変貌を続ける男子フィギュアスケートを象徴する大会となった世界選手権2017ですが、今後の世界規模の大会の在り様が良く分かる大会ともなりました。

① 大差の勝負にはなり難いこと

 演目の難易度により与えられた点を着々と積み上げていくしかない採点方法であり、世界トップクラスの選手の全てが失敗する確率は極めて低い(全てのスポーツに共通しています)ことを勘案すれば、大差の優勝は難しいことになります。

② 4回転ジャンプの数と質が勝負を決めること

 羽生選手、宇野選手はもちろんとして、3位となった金博洋選手も、多くの4回転を演目に加え、相応の成功を続けましたから、300点越えの得点を挙げることが出来たのです。

 今後の世界大会でも、4回転ジャンプを何回成功させることが出来たかがポイントとなることは明白でしょう。

 フリー演技の4回転組込数が少ない、フェルナンデス選手にとつては難しい時代となったという気がします。

 以上から、現時点で平昌オリンピック金メダル争いを予想するとすれば、羽生選手、宇野選手、ネイサン・チェン選手、金選手の4人の争いと観ます。
 中でも、4回転を1つの演技に6本入れることが出来るチェン選手が最有力ということになりそうです。
 
 それにしても、世界選手権2017の羽生選手のフリー演技は、本当に素晴らしいものでした。
 観終わった瞬間に、テレビの前で「凄い」と叫び、いつまでも拍手を送りました。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[フィギュア世界選手権2017] 強くなった 宇野昌磨選手
NEW Topics
[夏の甲子園2017] 秀岳館VS広陵 好ゲームに現れた甲子園大会の昔と今
[世界陸上2017] ダフネ・シパーズ選手 女子200m連覇!
[全米プロ2017] これを経験したからといって克服できるものでは無いと思う・・・。
[伝説のプレーヤー・2] イタリア黄金時代の最強FW ジュゼッペ・メアッツア
[世界陸上2017] 男子4×100mリレー 日本チーム 銅メダル!
[夏の甲子園2017] ホームランの多い大会
[世界陸上2017・男子400mH] カールステン・ワーホルム選手 よもやの?優勝
[世界陸上2017] 連日の6万大観衆!
[世界陸上2017] 男子400メートルにおけるアメリカの衰退?
[世界陸上2017] 500m~600mの加速 ボス選手が優勝
[世界陸上2017] 次の大ジャンプへの助走となった大会か
[伝説のプレーヤー・1] 「元帥」と呼ばれた ホセ・ナサシ
[PGA2017] 強い時の松山英樹は、尋常ではない。
[世界陸上2017] 走り切った ウサイン・ボルト選手
[夏の甲子園2017] 活躍が期待される10校
[夏の甲子園2017] 東京・横浜・大阪・名古屋の代表決まる。
[ボクシング2017] 「比類無き」チャンピオン 内山高志の引退
[夏の甲子園2017] 明徳義塾 8年連続出場!
[MLB2017] ダルビッシュ有投手 ロサンゼルス・ドジャーズへ移籍
2020年のインターハイが中止?
[夏の甲子園2017] 新監督就任後わずか4ヵ月で甲子園出場へ
[日本プロ野球2017] 金田正一投手や堀内恒夫投手は遠くなりにけり。
NPBヤクルト・スワローズ「10点差」大逆転! MLBの記録は?
[夏の甲子園2017] 作新学院 7年連続出場
[フェンシング世界選手権2017] 男子フルーレで2つのメダル
[世界水泳2017] 大橋悠依選手 200m個人メドレー 銀メダル!
[大相撲2017・7月場所] 横綱・白鵬の1,050勝と横綱・日馬富士の701勝
[全英オープン2017] 最終日のスタートホール・第1打
[夏の甲子園2017] 聖光学院 11年連続出場!
[MLB2017] ドジャーズ 34試合で30勝!
[日本プロ野球2017] 頑張れ! ヤクルト・スワローズ
[リーガエスパニョーラ2017~18] 柴崎岳選手 ヘタフェCFに移籍
ベルガードファクトリージャパンの防具
[世界水泳2017・シンクロ] ロシアチームを中心とした戦い
[大相撲2017・7月場所] 中日を終えて
[NPBオールスター2017] 二木康太投手と黒木優太投手
[大相撲2017・7月場所] 横綱・大関の休場相次ぐ
[MLBオールスター2017] 投手力が上回った試合
メジャーリーグでも「飛び過ぎる」ボール?
「選手不稼働対応保険」
[MLB2017] クレイトン・カーショー投手 99球・13奪三振の完投勝利で早くも14勝目!
岩瀬仁紀投手と上原浩治投手
[MLB2017] イチロー選手 3054安打!
[日本プロ野球2017] 横浜DeNAベイスターズ のチーム力向上
[コンフェデ杯2017] 強さを示したオーストラリアチーム
[陸上日本選手権2017] 男子400mと400mハードル
[大相撲2017・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[コンフェデ杯2017] ドイツチーム「守り切って」初優勝!
[陸上日本選手権2017] 「大接戦」 女子走り幅跳び
[コンフェデ杯2017] ドイツチーム 得点力抜群のプレーで決勝進出
Entry TAG
世界選手権2017・羽生結弦選手逆転優勝!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031