FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [日本プロ野球2017] また、ボールが飛びだしたな・・・。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 毎週日曜日、TBSテレビ朝8時から放送されている「サンデーモーニング」のスポーツコーナーは、張本氏と毎回変わるゲストのコメントが面白い番組です。
 特に、張本氏とゲストが過去1週間に行われた様々なスポーツの大会やゲームの内容・結果に、「喝!」と「あっぱれ!」を送るところが有名なのです。

 4月30日のスポーツコーナーは、プロ野球から始まりました。

 WBC2017の侍ジャパンの主力打者であった、横浜DeNAの筒香選手と日本ハムの中田選手に、ようやく今シーズン第1号本塁打が飛び出したという記事がヘッドラインとなって、各ゲームにおける本塁打の様子が流されました。

 そして、張本氏にコメントが求められたのです。
 張本氏は、いきなり「また、ボールが飛だしたな」と呟いて、別のコメントに移行しました。

 この「また、ボールが飛びだしたな」という呟きがとても気になりました。

 張本氏は、プロ野球史上唯一の3000本安打プレーヤーです。
 「ヒットを打つ能力」においては、プロ野球史上NO.1、あるいは屈指の選手であったことは明らかです。
 その張本氏が、「また・・・」と述べたのですから、プロ野球で使用されているボール=統一球が「再びよく飛ぶようになった」、別の言い方ならば「反発係数が上がった」ということなのでしょう。

 シーズン開始から3週間余り使われていたボールと、現在使われているボールとでは、「飛びが違う」ということなのであろうと思います。

 このことが「本当」なのか「違う」のか、それは分かりません。
 私達ファンには、プロ野球公式戦で使用されているボールが、シーズン開始早々に「変わった」のかどうかを知ることは、非常に難しいことです。

 ファンに何の情報公開も無く、使っているボールのレギュレーションを変えるなどということは、常識的には有り得ないことですから、そんなことは無いと考えたいところです。

 一方で、プロ野球史上有数のヒットメーカー、バットとボールの関係を最も良く知っている人である張本氏が、「また、ボールが飛び出したな」とコメントしたという事実も、とても重いものだと感じます。

 2017年のプロ野球ペナントレースはホームランが少ない、だから、ホームランを増やすために「飛ぶボール」に変える、などということが起こっているようなら、「最低」でしょう。

 例えば、4月29日、ゴールデンウィーク初日からボールを変更したのだとしたら、「開幕から4月28日までの記録」と「4月29日以降の記録」を同列に比較することが出来なくなります。
 ボールを変更した日(本記事では、ここからA日とします)の前の日までの防御率とA日以降の防御率を同列には評価できないでしょう。当たり前のことです。
 打率や本塁打数にしても、同列には比較できません。

 つまり、大袈裟に言えば「各種のシーズン記録が無意味」なものになってしまうのです。
 もちろん、2016年の記録と2017年の記録の比較も意味がなくなるのでしょう。

 「もともと、これまでも飛ぶボールと飛ばないボールの時期があったのだから、今回も良いじゃないか」などという意見が出て来るようなら(まさか、そんなことを言う人はいないと思いますが)、それはもはや「プロ野球の自殺行為」に等しいでしょう。

 プロ野球に限らず、全てのプロスポーツにおいては「記録」がとても重要です。
 ファンは「記録」を持って、チームやプレーヤーを評価する訳ですし、プレーヤーの年俸も記録に基づいて決められていくのでしょう。(もちろん「記録」のみが評価基準ではありませんが)

 時代の変化、道具の進歩等々の理由でレギュレーションが変わっていくことは、全てのスポーツに存在します。
 しかし、この変化は「明示」されなくてはなりません。
 「何月何日から」「このように」変更される、と、そのスポーツの関係者、ファン、監督・コーチ、チームのオーナー、協会、等々に開示されなくてはならないものでしょう。
 こっそりと変更されるなどと言うことは、あってはならないことなのです。

 4月30日のサンデーモーニングにおける張本氏の呟きが間違っている、あるいは私の理解が間違っているのであれば良いのですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2017] 審判の判定がおかしい?
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
NPB2017・張本氏またボールが飛び出したな。  
Comment
248
去年のセ優勝チームの広島がダントツ首位に対してパのハムが下位に低迷しているのはやはり球が関係していると思います。
広島は投打のバランスが取れまたビッグボールの試合は出来ますが、ハムは反対に日本で強いとされてきた守りで勝つチーム、ピッチャーは基本打たせて取るタイプが多いので反発係数一つで大きく損をしていると思います。
また、今年の上位チームはいずれも投手と守りよりも打てる方を優先し、打たれたら打ち返せば良いで上位にいられると思います。
そして、記録に関しては仕方ないと思います。地上波テレビ中継が大きく減り今は球場買い取り等で赤字減らしチケット、グッズ販売で何とかしなければならない状況、企業努力というのもありますがリピーターを増やすには何が起こるか分からない展開と感動を提供しなくてはならない、そのためには不確定要素を大きくさせる反発係数を高くするのは致し方ないのではないのでしょうか。
それに、王のホームラン記録やイチローの安打記録もアメリカじゃ参考記録で終わってしまったじゃないですか。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930