FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [日本プロ野球] 日本ハム・大谷翔平選手、二刀流続行!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 多くのプロ野球選手は、少年野球時代には「ピッチャーで4番打者」であったと思いますが、中学、高校と進むにつれて、野手か投手に特化していくものだと思います。
 そうした中で、岩手県・花巻東高校から日本ハム入りした新人、大谷翔平選手は、日本プロ野球で、この両方を同時にプレーしようとしています。

 2月28日、日本ハム・大谷選手は自身初となるプロ野球キャンプを完遂しました。ドラフト前にはメジャーリーグ挑戦など、様々の話題を提供してきた大谷選手でしたが、初キャンプは「二刀流」で注目されました。本人の弁によれば、二刀流を目指した1か月間のキャンプは「100点満点」であったと報道されていますので、方針に変わりはないようです。故障もなく初キャンプのメニューをクリアし、本人が満足しているというのは、凄いことです。

 投手と野手の両方のポジションを熟していくという「二刀流」ですが、私はこれまで具体例を観たことが無いので、イメージが湧きません。
 文字通り解釈すると、例えば、毎試合出場し、一週間に一度は投手として先発するという形でしょうが、何かとても大変なことの様に思います。

 様々なスポーツが盛んなアメリカのメジャーリーグにおいても、少なくとも過去20年位の間には、聞いたことがありませんので、ベースボール・野球における投手・野手の兼務は、とても珍しくそして難しいことなのだろうと思います。

 日本プロ野球史上には、二刀流の選手が存在しました。中でも有名なのは、野口二郎選手でしょう。中京商業(現、中京大中京高校)高校時代に、戦前1937年と1938年の夏の甲子園大会優勝投手にして、戦前戦後の日本プロ野球において、セネタース、翼、大洋、西鉄、阪急といった球団に所属し、通算237勝139敗。1942年にはシーズン40勝(19完封)を挙げた大投手でした。シーズン19完封は、現在でも日本プロ野球史上最高記録です。

 加えて、打者としても、通算830安打・打率248厘、そして31試合連続ヒット(当時の日本プロ野球記録)などの素晴らしい成績を残しています。
 日本プロ野球黎明期の記録とはいえ、まさに「鉄人」と呼ぶに相応しい選手で、二刀流選手の最高峰と言えるでしょう。

 また、アメリカには、ベースボールの二刀流選手の代わりといっては何ですが、ベースボールとアメリカンフットボール、つまりMLBとNFLを兼務した選手が居ます。

 ボー・ジャクソン選手とディオン・サンダース選手が有名でしょう。

 ボー・ジャクソン選手は、オーバーン大学時代の1984年~1985年にベースボールとアメリカンフットボールで大活躍、ベースボールでは打率401・本塁打17本と、全米屈指の打者としての生成を残し、アメフトの方はランニングバックとして全米最優秀選手ハイズマン・トロフィーに輝くなど、全米NO.1選手となりました。

 当然ドラフトでも、MLBとNFLの両方から上位指名を受けることになりましたが、1986年NFLタンパベイ・バッカニアーズからのドラフト1位指名を蹴って、MLBのカンザスシティ・ロイヤルズに入団し、ルーキーイヤーの9月からメジャーに昇格しました。
 そして、翌1987年にはNFLロサンゼルス・レイダーズと契約、MLBとNFLの両方のプロプレーヤーとなりました。
 両リーグのゲームが重なる9月は、MLBをプレーする契約でした。ボー・ジャクソンは、MLB優先だったのです。

 一方のディオン・サンダース選手は、ボー・ジャクソンの5歳年下。フロリダ州立大学時代には、ベースボール、アメフトとともに陸上競技短距離走選手としても名を馳せた、スーパーアスリートでした。
 1989年5月MLBニューヨーク・ヤンキースでメジャーデビュー、同じ年の8月にはNFLアトランタ・ファルコンズにも入団、NFLの開幕戦でタッチダウンを挙げ①「同じ週に、MLBでホームランを打ち、NFLでタッチダウンを挙げた唯一の選手」となりました。
 両リーグのゲームが重なる9月は、NFLでのプレーを優先しました。ディオン・サンダースはNFL優先だったのです。

 そして、ディオン・サンダースは、1991年と1992年にMLBワールドシリーズに出場し、1995年と1996年にNFLスーパーボールに出場しました。②「ワールドシリーズとスーパーボールの両方に出場した唯一の選手」にもなったのです。スーパーアスリートが集うMLB・NFLでも、一度も出場することなくグランドを去る選手が大半のワールドシリーズ・スーパーボールに、ともに2回ずつの出場という、驚異的というか考えられないような実績を持つ、真のスーパープレーヤーです。

 この①と②を実現するプレーヤーが、今後再び出現するのかどうか。相当困難なことだとは思いますが、スポーツ大国アメリカなら不可能とも思えませんので、とても楽しみです。

 こうした、過去の日米のスーパーマルチプレーヤーと互して、大谷翔平選手が二刀流の道を突き進んでいけるかどうか、大変興味深いところです。
 
 大谷選手にとっての、最大のポイントは打撃でしょう。日本高校野球とプロ野球の最大の相違点は「金属バット」の存在です。木製バットは折れることが多く、単価も安くはないので、予算面から硬式野球部を設置できない学校が多い、との状況への対応策として導入された「金属バット」は、日本の高校野球を大きく変えました。
 広商野球に代表される、投手力主体の守りの野球、攻撃では送りバント・スクイズプレーなどを中心として「1点を取りに行く野球」が主体だった木製バットの時代から、徳島・池田高校の蔦監督が展開した「打ちまくる野球」に代表される打撃中心の野球に、日本の高校野球は大きく変貌したのです。

 その後、「飛び過ぎる」金属バットには、様々な規制が加えられ、昔ほどは飛ばなくなったとはいえ「折れないバット」ですから、現在でも打撃優位の様相は変わっていません。そして、当然ながら「金属バットと木製バットでは打ち方が違う」のです。

 近時、高校出身投手は、昔と同様にルーキーイヤーから活躍する選手が居るのですが、打者では1年目から活躍する選手は殆ど居ないのも、このことが大きな理由だと思います。逆に、大学や社会人出身の打者は、ルーキーイヤーから活躍する選手が多いのです。巨人軍の長野選手などは、その代表格でしょう。

 こうした環境下、投手としての大谷選手は早期にプロ野球に馴染めると思いますが、打者としては時間がかかる可能性が高いと思います。

 とはいえ、大谷選手が毎試合出場し、時々は先発するという姿は、是非観てみたいと思います。21世紀日本プロ野球初の二刀流選手ですから大変な道のりでしょうが、初キャンプを見事に乗り切った大谷選手に、大いに期待しています。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム39] フィリーズレビューとキシュウローレル
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
大谷翔平選手二刀流続行   野口二郎選手   ボー・ジャクソン選手   ディオン・サンダース選手  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031