FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム39] フィリーズレビューとキシュウローレル
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 牝馬クラシックレース第一弾・桜花賞のトライアルレースであるG2フィリーズレビュー競走は、1967年・昭和42年に「阪神4歳牝馬特別」競走として創設されました。オールドファンに取っては、こちらの方が馴染深いレース名だと思います。

 阪神4歳牝馬特別は、創設当初から桜花賞トライアルレースでした。上位5着までの馬に、桜花賞の優先出走権が与えられたのです。
 施行距離は、当初が1400m、後に1200mになり、その後も1400mと1200mを行ったり来たりしています。そして、阪神大震災の年1995年に阪神競馬場では無く、京都競馬場1400mコースで行われてから、1400mに定着しています。

 レース名は、「阪神4歳牝馬特別」→1983年「報知杯4歳牝馬特別」→2001年「報知杯フィリーズレビュー」と変遷し、現在に至っています。1984年には、グレード制導入に伴いG2に格付けされました。

 このような歴史を積み重ねてきた3歳牝馬限定のレースですが、桜花賞トライアルという位置付けは不変でした。近時こそ、ローテーションの関係から、このレースの前週に行われる(今年は3月2日に行われました)G3チューリップ賞に回る馬も増えていますが、やはり桜花賞の前哨戦ということになれば、フィリーズレビューだと思います。

 このレースの勝ち馬・出走馬には歴史に残る名牝が揃っていますが、本稿で採り上げるのは、1973年・昭和48年の2着馬キシュウローレルです。

 キシュウローレル号、父ゴールデンパス、母カネスカイ、母の父リンボー。生涯成績15戦7勝。

 1972年9月にデビュー戦を大差勝ちしたキシュウローレルは、次戦のデイリー杯3歳ステークスを8馬身差で圧勝、続くオープン競走も4馬身差で勝って3連勝。当時の関西地区2歳馬最大のレース、阪神3歳ステークスに駒を進めます。
 このレースも5馬身差で圧勝し4連勝。その、あまりの快足振りと勝ちっぷりの良さから、この年の最優秀3歳牝馬を受賞しました。「西にキシュウローレル在り」と、誰もが認める、この世代の牝馬クラシックレースの中心馬になったのです。

 明けて3歳緒戦の紅梅賞も快勝して、フィリーズレビュー競走である桜花賞トライアル「阪神4歳牝馬特別」に臨みました。

 5連勝ですから、当然ながら1番人気。このレースもキシュウローレルは、スタートから快足を飛ばして逃げます。直線に入っても快足は衰えませんでしたから、またローレルの勝ちだと思った時、追い込んできたのがニットウチドリでした。
 ニットウチドリ号は、新馬戦を連敗の後、3戦目でようやく勝ち上がってきましたが、調教師はとても桜花賞に出られる馬ではないと考えたと伝えられていて、馬主がどうしてもというので、阪神4歳牝馬特別に出走してきたという逸話が残されています。

 逃げるキシュウローレルを、ニットウチドリがヒタヒタと追い上げ、交わしたところがゴールでした。勝ち時計は1分22秒8のレコード。クビ差でした。キシュウローレルは、初めて負けたのですが、レコードタイム決着となったレースでしたから、ローレルの力を示したレースであったとも思います。

 そして桜花賞は、関東のニットウチドリと関西のキシュウローレルの一騎打ちの様相となりました。阪神4歳牝馬特別のレース振りから、キシュウローレルの血統面の懸念が囁かれるようになり、1番人気はニットウチドリでした。
 レースは、いつものようにキシュウローレルの逃げで始まりましたが、今度は最後の直線半ばでニットウチドリが捕まえ、3と1/2差で圧勝しました。走破タイムは1分35秒4と、再びレコード。首が高い独特のフォームで追い上げるニットウチドリの走りは、まるで牡馬のような迫力でした。

 キシュウローレルが、同世代の主役として活躍したのは、この桜花賞までであったと思います。

 距離への不安から、オークスへの出走を取りやめたキシュウローレルは、馬体の立て直しを図ったものの、11月のオープン競走で初めて3着に敗れ、12月のセントウルステークスもホウシュウエイトの2着と、いまひとつのレースが続きました。
 確かに、全盛時に比べて直線での減速が大きく、あっさりと交わされているようにも思いましたが、相手は名にし負う強豪牡馬ホウシュウエイトですから、私はキシュウローレルが、相当上位の実力を充分に示していたと思っています。
 
 明けて4歳、古馬となってもローレルは走り続けました。2000mの京都金杯は9着と大敗、一方2月の中京のオープン競走1400mは5馬身差の圧勝、8月小倉の特別競走1200mはレコード勝ちと、短距離競走では快足を見せつけました。

 そして、10月の京都牝馬特別1600mをラストランとして出走して来たのです。

 このレースには、イットーやフジノタカザクラといった、クラシックレースを華やかに彩った馬達が揃いました。そして、悲劇が待っていたのです。本ブログのイットーの稿にも書きましたが、当然のように逃げを打ったキシュウローレルは、3コーナーの坂の下りで左前脚を開放骨折してしまいます。蹄の跡に脚を取られた、本当に不運な事故でした。
 後ろに続いていたイットーも、事故に巻き込まれ右後脚に大きな裂傷を負ったことは、前稿の通りです。

 開放骨折した脚から大量出血しながらも、キシュウローレルは立ち上がり、ゴールに向かって歩き始めました。係員がローレルを止めて保護、予後不良の措置が取られました。

 記憶では410㎏前後の小柄な黒鹿毛の馬体でしたが「とにかく速い馬」でした。スタートから600mまでのスピードであれば、私が5半世紀近く観てきた競走馬の中でも屈指であったと思います。

 この1973年春の牝馬クラシックレースの三大ヒロイン、可愛いやんちゃ娘はオークス馬ナスノチグサ、ボーイッシュな桜花賞馬ニットウチドリ、そして可憐な美少女がキシュウローレルでした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム40] 中山牝馬ステークスとスカーレットブーケ
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
キシュウローレル   ニットウチドリ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031