FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [リーガエスパニョーラ2017~18] 柴崎岳選手 ヘタフェCFに移籍
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2016年12月のFIFAクラブワールドカップ決勝で、鹿島アントラーズの一員としてレアル・マドリードを相手に2得点と大活躍を魅せて、その後半年間の契約でリーガエスパニョーラ2部のCDテネリフェに移籍していた柴崎岳選手が、来季からリーガ1部に昇格するヘタフェCFに移籍することが決まったと、7月18日に報じられました。

 もともとテネリフェが1部に昇格した場合には、自動的に契約が更新されることになっていたそうですが、テネリフェは惜しくも1部昇格プレーオフ決勝で敗れてしまいましたので、テネリフェとの契約が切れた柴崎選手としては、リーガ1部のチームへの加入を希望していたのです。

 そして、そのプレーオフ決勝においてテネリフェを3-2で破った相手チーム・ヘタフェに入団することとなったのです。

 ヘタフェの公式HPによれば「4年契約」とのことですので、柴崎選手としては腰を据えて、リーガエスパニョーラでプレーすることとなりました。

 テネリフェに移籍した当初は、スペイン本土から遠く離れたカナリア諸島テネリフェ島での生活や練習に慣れるのに時間がかかったのか、「引きこもり状態」と報じられた時期もありました。
 しかし、その後は実力を発揮して、チームの中心選手として活躍、チームの1部昇格プレーオフ進出に大きく貢献したのです。
 「水の味」ひとつでも、日本とは大きく違うと言われる地域への適応は、想像以上に大変だったことでしょう。

 ヘタフェCFは1923年創設、マドリード州ヘタフェに本拠を置くチームです。
 21世紀になってから1部に定着し、2016~17年シーズンは2部に下がりましたが、1シーズンで1部に返り咲いた形です。

 もともと「海外でプレーするならリーガエスパニョーラ1部」と公言していた柴崎岳選手は、ついに「憧れのステージ」に立つこととなりました。
 レアル・マドリード。FCバルセロナ、アトレティコ・マドリードなどの強豪チームが犇めく、世界屈指のリーグで、柴崎岳のサッカーを存分に披露していただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[日本プロ野球2017] 頑張れ! ヤクルト・スワローズ
NEW Topics
Entry TAG
柴崎岳選手・リーガ1部のヘタフェCFに入団  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031