FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  WBC第2ラウンド 日本対台湾 好ゲーム!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 素晴らしいゲームでした。

 第3回ワールド・ベースボール・クラシック大会、東京第2ラウンドの日本代表チームと台湾代表チームのゲームは、2013年3月8日東京ドームで行われ、延長10回、日本が4対3で勝利しました。
 
 頭書しましたが、本当に良い試合を魅せていただいたと感じます。ゲームの詳細につきましては、報道にお任せするとして、気が付いた点を列挙したいと思います。

1. 日本チームのチームワークの良さと諦めの悪さ?

 試合は台湾チームが先制し、台湾先発の王建民投手の好投もあって、日本チームにはとても苦しい展開でした。台湾が2-0とリードした8回表、日本は阿部選手、坂本選手のタイムリーヒットで、ようやく同点としましたが、その裏田中投手が捕まり、再び3-2と台湾がリードしました。

 普通、ゲームはこれで終わりです。8回裏の1点というのは、とても重いものだからです。そして9回表の日本の攻撃も、2アウトランナー1塁で、2番の井端選手。失礼ながら、長打は期待薄の井端選手ですから、さすがにゲームセットかと思われました。
 しかし、ここで1塁ランナーの鳥谷選手が盗塁を敢行。間一髪セーフとなり、2アウトランナー2塁。そして、井端選手の執念のセンター前ヒットが生まれ、3-3の同点となりました。

 この9回までの間、ゲームは常に台湾チームのペースで進みましたが、時折映し出される日本チームのベンチの様子が素晴らしいものでした。誰一人諦めている選手が居ないのです。眼は爛々と輝き、全身に闘志が溢れています。そして、一球一打にチーム全体が反応していました。とても凛々しくダイナミックな光景であったと思います。
 チームがひとつになるという言葉は、よく耳にしますが、光景として観・感じたのは久しぶりでした。「こういうチームは、なかなか負けないだろう」と感じました。

 間違いなく総力戦でしたが、ひとりとして緩んだ選手は居ませんでした。「チームの勝利に向かって、全選手が自らの力を存分に発揮すること」を「チームワークが良い」というのだと思います。その心持、その緊張感を、試合を通して維持できるチームを「チームワークの良いチーム」と言うのでしょう。
当然ながら、「仲良しクラブはチームワークが悪いチーム」です。

2. 日本チームの球際の強さ

 前項を要因として、ひとつひとつのプレーにおける、日本チームの球際の強さが際立ちました。前述の鳥谷選手の盗塁や、バント小フライへの投手の飛びつき、難しいフライへの野手の対応、などなど、もの凄い緊張感の中で「全選手がゾーンに入っている」かのような動きでした。

 井端選手の同点打のシーンは、その典型でした。打った井端選手は「よく憶えていない」とコメントしています。
 また、立浪打撃コーチは「勝負どころでは腹をくくって、自分で決めに行っていい」と試合前に言っていたように、井端選手に任せたのでしょう。本当に強いチームになっていたのだと思います。

 こうした選手・チームは、プロフェッショナルそのものです。本当に高いレベルの野球を魅せていただいたと思います。ありがとうございました。

3. 台湾チームの素晴らしさ

 東京ドームという、完全アウェーの状況の中で、台湾チームは見事なパフォーマンスを示しました。先発の王建民投手は、元MLBのヤンキースを始めとするチームの先発ローテーション投手ですから、その運動能力が高いことは当然として、こうした大試合でその力を存分に発揮し、日本チームを6回まで完全に抑えきるという、強固な精神力にも感服しました。

 台湾チームの打線も、日本チームが繰り出す投手に、ひとまわり目は抑えられるのですが、二回り目には捉えます。能見投手、摂津投手、田中投手、牧田投手といった、我が国を代表するような好投手、それも様々にタイプが異なる投手陣を苦しめる打線の強さ、技術の高さにも感服しました。

 そして、報じられた試合後の会見内容も、台湾チームの実力の高さを示していたと思います。

・台湾チーム、謝長亨監督のコメント
 「こうした国際試合で、日本というレベルの高いチームを相手にして、少しは近づけたかなという感じです。敗れはしたが、大きな重圧を相手にかけることができたのではないかと思います。」
 「今日の結果は残念でしたが、こういう国際舞台で粘り強く戦い続け、いつの日か勝てるようになることを願っています。」
 「感動したのは我々も同じです。心臓がバクバクしました。しかし、今日の試合はもう終わり。また明日、新たな試合を戦うという気持ちでいきます。」

 相手チームへの敬意、自チームへの期待が込められた、冷静で的確なコメントだと思います。台湾チームは、とてもジェントルマンであり、国際試合に出場することの意味を充分に理解しているチーム・監督だと思いました。日本チーム、そしてファンである日本国民も、この素晴らしい台湾チームに対して、最大限の敬意を払う必要があります。

・王建民投手のコメント
 「日本の打者というのはチーム打撃ができ、最後まであきらめない。それが、大きな重圧となりました」

 こちらも、自らを誇るばかりではなく、冷静なコメントを残しています。台湾チームと日本チームは、常に熱戦を展開してきていますが、今後も容易ならざるライバルということでしょう。

4. 大観衆と大歓声

 東京ドームは、43,527人の大観衆で埋め尽くされました。立ち見の観衆も溢れていました。立錐の余地もないという、昭和30年代のプロ野球の観客席を、久しぶりに観たように思います。

 加えて、ゲームを通して、歓声が球場全体を包んでいました。最近のプロ野球の試合では、鳴り物の音ばかりが耳に付き、太鼓やラッパの音が無い時には、シーンとしていることが多いのですが、この試合は全く違いました。大観衆が、心から試合を楽しんでいたのです。
 好プレーには惜しみない拍手が送られ、日本チームの得点シーンには大歓声が木霊します。何という素晴らしい光景でしょう。MLBのワールドシリーズにも負けていません。これは、試合内容の素晴らしさが原因であることは言うまでもないことです。良い試合は、何物にも代えがたい喜びを、観客に提供するのです。

 そして、忘れてならないことは、「この大観衆は、この試合を観に来たということ」、つまり、「この試合がこれほどの激戦・好ゲームになったから来場した」のではなくて、この試合が始まる前から、東京ドームに来ていたということです。
 当たり前のことを書き恐縮ですが、第1ラウンドのブラジル戦、中国戦をテレビ他で観戦したファンが「心から観てみたい」と考えて、球場に足を運んだということです。チケットを買っていたからとか、チケットを貰ったから、という理由では、立錐の余地もない観客席は出来上がりません。ところどころに空席が目立ち、立ち見の観客など居ない、観客席が出来上がるだけです。

 つまり、立錐の余地もない観客席は、1試合だけでは出来上がらないということでしょう。ファンの心を打つゲームを継続して初めて実現できるもののように思います。MLB盛況の最大の要因がここにあると考えます。

 心から期待するファンで埋め尽くされた東京ドームで、日本代表チームは素晴らしい試合を提供しました。少し心臓が弱い人でしたら、見ていられない程の緊張感に溢れたゲームでした。日本プロ野球再興のカギは、ここにあるのでしょう。

 さて、3月10日には、キューバを破ったオランダチームと、アメリカ・サンフランシスコで開催される準決勝進出をかけたゲームが、同じ東京ドームで行われます。日本代表チームが勝てるかどうかは、もちろん分からないところですが、この台湾チームとの試合と同じような「チームワーク」を維持することが出来れば、「良い試合」を展開できることは、間違いないことだと思います。

 頑張れ、サムライ・ジャパン!
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[欧州サッカー] マンU・香川選手 名刺代わりのハットトリック
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
Entry TAG
WBC台湾戦・サムライジャパン勝利  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031