FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [欧州サッカー] マンU・香川選手 名刺代わりのハットトリック
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年3月2日、イングランド・プレミアリーグのゲーム、マンチェスター・ユナイテッド対ノリッジのゲームで、日本の香川真司選手がハットトリック(1試合で、1人の選手が3得点すること)を達成しました。マンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアム、オールドトラフォードでのゲームでした。

 香川選手は、1989年兵庫県神戸市生まれの23歳、172㎝・63㎏。宮城県・仙台市にサッカー留学し、FCみやぎバルセロナ・チームのジュニアユースに所属してU-15日本代表に選出されるなど、頭角を現しました。
 2006年16歳の時に、Jリーグのセレッソ大阪に入団し、プロサッカープレーヤーとしてのキャリアをスタートしました。
 2007年には、飛び級でU-20ワールドカップの日本代表(ディフェンダーDF登録)に選出され、2008年にはU-19の日本代表とU-23の日本代表に選ばれ、J2リーグでは35試合に出場し16得点10アシストと活躍しました。
 2009年になると、J2の得点王になるなど、チームのJ1昇格に貢献、2010年にはJ1リーグの11試合で7得点の活躍でした。

 そして、2010年の7月にドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに移籍、育成補償金約4000万円での完全移籍という、ドルトムントにとっては「お試し」プレーヤーの一人であったと思いますが、その後の大活躍により、ドルトムントのブンデスリーガ制覇に大きく貢献したことは、沢山の報道の通りです。

 2012年6月には、ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントからイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)への完全移籍が発表されました。移籍金は約16億円と報じられました。ボルシア・ドルトムントにとっては、主力選手の移籍であり、チーム戦力上は痛手でしょうが、クラブ経営上は4000万円で購入?した選手が、僅か2年間の在籍期間を経て40倍の16億円で売れた?のですから、大成功の投資であったことも間違いありません。

 一方、香川選手にとっては、欧州4大リーグのブンデスリーガ優勝チームから同じく4大リーグのプレミアリーグのトップクラスのチームに移籍する、それも高額の移籍金で、ということですから、世界一流のプロサッカープレーヤーになったことを証明しました。
 移籍直後の2012年8月、マンUのシーズン開幕戦でプレミアリーグデビューを果たし、活躍が大いに期待されたのです。

 しかし、デビュー2戦目でプレミア初得点を記録するなどスタートは順調でしたが、10月の欧州チャンピオンズ・リーグのゲームで左膝を故障し2か月間の戦線離脱、12月の復帰後も、ファンの期待水準には及ばない成績であったと思います。
 マンUは、サッカー界における世界屈指のビッグクラブですから、香川選手と同じ時期に、世界的なフォワードFWプレーヤーであるオランダのファンペルシ選手を獲得するなど、選手層が厚いので、香川選手がレギュラーの座を確保できるかどうか、正直に言って微妙な立場にあったと思います。

 そうした状況下での、今回のハットトリックでした。

 1点目は、ファンペルシからこぼれて(パスには観えませんでした)目の前にきたボールを右足のアウトサイドで蹴り込んだもの。2点目は、ルーニーからのパスを、相手キーパー・ディフェンダーの動きの逆方向に流し込んだもの。3点目は、同じくルーニーからパスを受け、自らドリブルで相手ゴールに迫り、相手キーパーが出て来るところを、浮き球で押し込んだものでした。

 強烈なミドルシュートといったものは無く、いずれも「上手い」ゴールでしたから何か簡単にゴールしたような印象を与えるものでした。翌日の地元紙には、日本人ジャパニーズをもじって、ジャパン-イーズイ(日本人が簡単にやった)と報道されていたそうです。

 このクレバーな3つのゴールは、地元ファンに強烈な印象を与えたと思います。ある意味では、この2013年3月2日に、香川選手はマンチェスター・ユナイテッドのメンバーになったのだと思います。
 その意味では、2003年4月8日、アメリカMLBのニューヨーク・ヤンキースのホームスタジアムであるヤンキースタジアム・デビュー戦で松井秀喜選手が放ったグランドスラム・満塁ホームランに似ています。松井選手にとっての生涯最高の本塁打のひとつであったこのホームランで、松井選手は名門ヤンキースの一員として認められたのです。

 こうした「強烈なインパクト」を与えるプレーは、二つの点で重要だと思います。ひとつは、ファンに良く憶えてもらえること、もうひとつは、今後多少不調な時期があったとしても、それをある程度カバーできる実績となること、です。

 香川選手は、このハットトリックでマンUの一員となりました。今後も、安定した活躍が期待できると思います。同チームのファーガソン監督も「いいフィニッシャー」と評価しました。

 香川選手について、私が不思議に思っているのは、多くの一流サッカー選手が、少年時代には点取り屋・フォワードFWで、キャリアを重ねる中で、ミッドフィールダーMFになったり、ディフェンダーDFになったり、そのままFWを続けたりする(丁度、ベースボールプレーヤーが、投手で4番打者だったものが、野手・投手に分化していくのに似ています)のですが、香川は、少年時代はDFで登録され、現在はMF登録されているのですが、期待されているのはFWプレーヤー的なフィニッシャーとしての役割である点です。

 普通の一流プレーヤーが、相手ゴール前のポジションから、次第にポジションを下げて来るものなのに、香川選手は、キャリアを重ねるにつれて「ポジションを前に進めていること」です。
 このハットトリックの3点目などは、FCバルセロナのメッシ選手を髣髴とさせるゴールでした。これからの香川選手の一層の進化が期待される所以でしょう。

 香川選手の唯一の懸念は、怪我が多いことです。セレッソ大阪、ボルシア・ドルトムント、そしてマンチェスター・ユナイテッドと、どのチームでも怪我による長期の戦線離脱を経験しています。確かに172㎝・63㎏の体躯では、怪我をし易いとも言えます。
 しかし、怪我に強いのも一流選手の条件ですから、身体を鍛えるとともに、怪我をしにくいプレーも身に付けて行っていただきたいと思います。

 何しろ、マンチェスター・ユナイテッドと日本代表チームにおける、香川選手の好プレーを、しばらくの間は楽しみたいものですから。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム41] スプリングステークスと1970年の2強対決
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
マンU香川選手ハットトリック   松井秀喜  
Comment
63
本当に3点共に美しいゴールでしたね。
特に3点目は、澱みの無いパス回しから絵に描いた様なフィニッシュで〆てました。御見事!!
今度は、代表で観たいものです。

64
コメントありがとうございます。
香川選手は、どんどん上手くなる感じですね。
メッシタイプのプレーヤーになってくれると嬉しいのですが。

今後も、コメントよろしくお願いします。

67
素晴らしいゴールだったけど、次のCLのレアル戦なら、もっと良かった。どうして出場しなかったのかな。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930