FC2ブログ
HOME   »   陸上競技  »  [世界陸上2017] 大接戦が続いた男女の100m・200m
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 世界大会における短距離競走、特に100mと200mは、本来「接戦」となるべき種目です。

 世界のトップスプリンターが自らの技とパワーを磨き、世界一を決めるレースに臨むのですから、大きな差は付かないはずなのです。

 かつては、100m競走なら「50cmは大差」と言われていました。
 
 ところが、カール・ルイス選手が登場したころからでしょうか、男女を通じて「大会の中心選手」「スーパースター」が登場するようになり、100m・200mでも1位と2位に大きな差、1m以上という「大差」が付いてしまうレースが増えました。

 ウサイン・ボルト選手の2008年北京オリンピックのレースでは、残り20m辺りからボルト選手は他のランナーを見ながら、上半身を横に向けて悠々とゴールインしましたし、2009年ベルリンの時には3~4mの差を付けて9秒58という驚異的な世界新記録をマークしました。

 これらは「ウサイン・ボルトの圧倒的な強さ」を示す事例ですから、何の問題も無いものですけれども、所謂陸上競技短距離の世界大会としては「異例のシーン」だったという見方もあるのでしょぅ。

 今大会は、その「異例のシーン」が観られませんでした。
 普通の(変な言い方で恐縮です)世界一決定レースだったのです。

 男子100mは、優勝したガトリン選手が9秒92、2位のコールマン選手との差は0.02秒、3位のボルト選手と0.03秒と、1/100秒単位の勝負でした。

 女子100mも、優勝したボウイ選手のタイムは10秒85、2位のタルー選手との差は0.01秒の僅差でした。

 男子200mは、優勝したグリエフ選手のタイムが20秒11、2位のバンニーキルク選手、3位のリチャーズ選手との差は0.02秒、2位と3位は1/100秒未満の差でした。

 女子200mも、優勝したシパーズ選手が22秒05、2位のタルー選手との差は0.03秒だったのです。

 大差がつくことが多かった、近時の世界大会短距離種目が、突如?通常の様子になった感があります。
 言い方は良くないかもしれませんが、「本来の形」のレースになったのではないでしょうか。(良し悪しを言っているのではありません)

 世界陸上2017ロンドン大会は、短距離種目についていえば、「力量が図抜けたランナーが居なかった大会」ということになるのでしょう。

 私は、カール・ルイス選手やマイケル・ジョンソン選手、ウサイン・ボルト選手といったスーパースターの存在も大好きですが、研ぎ澄まされた感性と技術を持って1/100秒を争う、「世界最高峰の大接戦」も、たまらなく好きなのです。

 こうした「大接戦」は、スタートの1歩目からゴールの1歩までドラマがあります。
 レース映像を何度見直しても、新しい発見があるのです。

 さて、東京オリンピック2020の短距離種目は、「スーバスター型」になるのか「大接戦型」になるのか、これからの3年間がとても興味深いところです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2017] 8月22日は日本人プレーヤーにとって良い日でした。
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
[Jリーグ2020(無観客)] J1再開 アウェイチーム優勢の不思議
[ラグビートップリーグ2021] ボーデン・バレット選手 サントリー・サンゴリアス入り
[NPB2020(無観客)] 菅野智之投手 1安打完封勝利!
[NFL2020~21] ペイトリオッツのQBは?
[温故知新2020-女子テニス6] 「豪打」と「悲劇」 モニカ・セレシュ選手
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
[競馬コラム271・宝塚記念2020] 「重巧者」 クロノジェネシス 圧勝!
[温故知新2020-男子水球] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 山川穂高選手の逆転3ランホームラン
[温故知新2020-競泳6] 女子200m平泳ぎ 日本チーム「伝統」の種目
[競馬(無観客)] 宝塚記念2020の注目馬
[セリエA2019~20(無観客)] 再開!
[プレミアリーグ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ベテランの戦い
[NPB2020(無観客)] 開幕3連戦の結果
[温故知新2020-陸上競技7] 女子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳5] 男子4×200mフリーリレー 日本チームの復活
[温故知新2020-男子ホッケー] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 6月19日 歴史的な開幕
[競馬コラム270-日本馬の海外挑戦13] 2010年 ブエナビスタとナカヤマフェスタ
[温故知新2020-女子テニス5] 「強烈無比なフォアハンド」 シュテフィ・グラフ選手
[温故知新2020-男子テニス6] 初代「ザ・オールラウンダー」 ピート・サンプラス選手
[温故知新2020-女子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] トーナメントの再開!
[温故知新2020-陸上競技6] 男子砲丸投げ オリンピック金メダリストの記録
[ラグビー日本選手権2006・2回戦] 早稲田大学チーム トヨタ自動車チームを破る
[温故知新2020-競泳4] 男子200m平泳ぎ 日本チームの「お家芸」
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] バイエルン 圧倒的な攻撃力
[温故知新2020-女子テニス4] WTAツアー歴代最多勝 マルチナ・ナブラチロバ選手
[温故知新2020-陸上競技5] 女子走り高跳び オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-男子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 長谷部誠選手 309試合出場!
[温故知新2020-男子テニス5] 「フラットの強打」 ジミー・コナーズ選手
[UEFA-EURO2000準決勝] フランス ポルトガルとの死闘を制す
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
Entry TAG
世界陸上2017・大接戦が続いた100mと200m  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031