fc2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [伝説のプレーヤー-4] ドイツにワールドカップ初優勝を齎したストライカー マックス・モーロック
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 FIFAワールドカップ優勝4回を誇るサッカー大国ドイツですが、初優勝は1954年のスイス大会でした。
 この頃のドイツは第二次世界大戦敗戦の痛手も大きいうえに、サッカー新興国とも呼ばれていたと伝えられています。ヨーロッパサッカーといえばイタリアと、ワールドカップには出場していないもののサッカー発祥国としてのイングランドが中心の時代だったのです。

 まだまだワールドカップを制するのは難しいと言われていたドイツに、「優勝」を呼び込んだプレーヤーが、マックス・モーロック選手でした。

 1925年5月にニュルンベルクに生を受けたモーロック選手は、1940年に1FCニュルンベルクに入団しプロプレーヤーとしてのキャリアをスタートしました。(弱冠15歳)

 ブンデスリーガ(1963年開始)発足以前のドイツサッカー界において、モーロック選手は約900試合に出場し、約700点を挙げたと伝えられています。ドイツサッカーが地域リーグの集合体であった頃のことですから、正確な記録が無いのでしょうが、それにしても「生涯700ゴール」というのは凄い数字です。

 1FCニュルンベルクは、1948年と1961年にドイツ選手権(各地域リーグの優勝チームによるトーナメント戦。ドイツNO.1チームを決める大会)に優勝していますが、マックス・モーロック選手はこの優勝に大きく貢献したのです。

 そして何より、ドイツ代表チームにおける活躍は特筆に値します。

 1950年に代表デビューを果たし、1954年のワールドカップ・スイス大会にも代表メンバーとして出場しました。

 この大会は、第二次世界大戦で敗戦国となったドイツが、戦後初めて西ドイツとして復帰した大会でもありました。(日本もこの大会からワールドカップに復帰し、予選を戦っています。西ドイツチームは見事に予選を勝ち抜いて本戦に駒を進めたのです)

 グループリーグGLの2組でドイツチームはハンガリーチームに次いで2位となって、決勝トーナメント(8チームによる)進出しました。
 決勝トーナメントの緒戦でユーゴスラビアチームを2-0で破ったドイツチームは、ベスト4・準決勝に進出、オーストリアチームを6-1で撃破して決勝に進出、決勝はハンガリーチームとの対戦となりました。

 この頃のハンガリーチームはハンガリー史上最強の、そして当時世界最強と呼ばれ、「マジックマジャール」と称されたチームでした。(GL2組でハンガリーが1位、ドイツが2位でも何の不思議もないというか、当然だと見られていました)

 ハンガリーチームは、この大会でも優勝候補の筆頭でしたし、「ワールドカップ無敗」を誇っていたウルグアイチーム(第1回大会と第4回大会の優勝チームであり、第2回と第3回は本戦に出場していなかった)との準決勝は事実上の決勝ともいわれました。

 両強豪チームによる準決勝は、延長の末4-2でハンガリーが勝ちました。プスカシュ選手やコチシュ選手を擁するハンガリーチームは、優勝候補として決勝に進出してきたのです。

 このハンガリーチームを、ドイツチームは3-2で下しました。
 前半、ハンガリーに2-0とリードを許した直後の10分、モーロック選手がゴールを挙げて1点差とした西ドイツは、その後ラーン選手の2得点で逆転したのです。

 マックス・モーロック選手はGLや準決勝でも得点しています。
 エースとしての存在感を示したのです。

 マックス・モーロック選手は、戦後のドイツサッカー復活の象徴的存在なのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2017] 印象的な3選手
NEW Topics
[UEFA-CL2021~22・グループステージ] 第5節を終えて
[NPB2021・日本シリーズ第6戦] ヤクルト・スワローズ 20年振り6度目の日本一
[プリメイラリーガ2021~22] 第11節を終えて FCポルトが首位
[競馬] ジャパンカップ2021の注目馬
[NPB2021・日本シリーズ第5戦] バファローズ 打ち合いを制して2勝目!
[リーグアン2021~22] 第14節を終えて パリ・サンジェルマンが首位
[NPB2021・日本シリーズ第4戦] スワローズ 再び接戦を制して3勝・王手!
[NPB2021・日本シリーズ第3戦] ヤクルト・スワローズ 接戦を制して2勝目
[エールディヴィジ2021~22] 第13節を終えて アヤックスが首位
[大相撲2021・11月場所] 中日を終えて
[NPB2021・日本シリーズ第2戦] 高橋奎二投手 133球の完封勝利!
[競馬コラム318・日本の偉大な母-2] ビワハヤヒデとナリタブライアンの母 パシフィカス号
[NPB2021] 日本シリーズ開幕! オリックス先勝!
[大相撲2021・11月場所4日目] 玉鷲関 現役力士最多の700勝!
[競馬] マイルチャンピオンシップ2021の注目馬
[NHK杯フィギュア2021・男子シングル] 宇野昌磨選手 圧勝!
[NPB2021] 鈴木誠也選手のメジャー挑戦
[NHK杯フィギュア2021・女子シングル] 坂本花織選手 圧勝!
[NFL2021~22] week10を終えて
[MotoGP2021] バレンティーノ・ロッシ選手 引退
[競馬コラム317・日本の偉大な母-1] 重賞勝ち馬6頭 ビワハイジ号
[MLB2021WS] 「招福?」 ジョク・ピーダーソン選手2年連続世界一
[番外2021・将棋] 藤井聡太三冠 竜王位も獲得して史上最年少四冠に!
[NPB2021セリーグ] ヤクルト・スワローズ 日本シリーズ進出
[NPB2021パリーグ] オリックス・バファローズ 日本シリーズ進出
[競馬] エリザベス女王杯2021の注目馬
[MLB2021WS] オジー・アルビーズ選手とホセ・アルトゥーベ選手
[アジア・パシフィック・アマチュアゴルフ選手権2021] 中島啓太選手 初優勝! マスターズ2022出場権獲得
[大相撲2021・11月場所] 活躍が期待される10名の力士
[全日本大学駅伝2021] 駒沢大学チーム 2年連続14回目の優勝
[MLB2021WS] ダスティ・ベイカー監督とロン・ワシントン3塁コーチ
[NPB2021] 荻野貴司選手の大活躍
[セリエA 2021~22] 第11節を終えて ナポリが首位
[Jリーグ2021] 川崎フロンターレ 2年連続4度目の優勝!
[リーガエスパニョーラ2021~22] 第12節を終えて レアル・ソシエダが首位
[MLB2021WS] アトランタ・ブレーブスが26年振り4度目の世界一
[NPB2021] 近本光司選手の大活躍
[プレミアリーグ2021~22] 第10節を終えて チェルシーが首位
[NPB2021] 岡本和真選手と村上宗隆選手の競り合い
[ブンデスリーガ2021~22] 第10節を終えて バイエルンが首位
[MLB2021-WS] ブレーブス3勝2敗で第6戦へ
[競馬コラム316-アメリカの名馬13] 「クラシック三冠」を確立した父子 ギャラントフォックス号とオマハ号
[全日本スピードスケート距離別選手権2021・男子] 一戸誠太郎選手と土屋良輔選手
[UEFA-CL2021~22GL] 第3節を終えて RBザルツブルグが首位
[全日本スピードスケート距離別選手権2021・女子] 小平奈緒選手と高木美帆選手の強さ
[競馬] 天皇賞(秋)2021の注目馬
[NPB2021] オリックス・バファローズ 21世紀初のパ・リーグ制覇!
[箱根駅伝2022予選会] 明治大学チーム 圧倒的な強さでトップ通過
[MLB2021ワールドシリーズ] MLB最古の球団 ブレーブスが先勝!
[NPB2021] ヤクルト・スワローズ セ・リーグ制覇!
Entry TAG
サッカー伝説4・ドイツFWマックス・モーロック選手  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も25年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930