FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [伝説のプレーヤー-4] ドイツにワールドカップ初優勝を齎したストライカー マックス・モーロック
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 FIFAワールドカップ優勝4回を誇るサッカー大国ドイツですが、初優勝は1954年のスイス大会でした。
 この頃のドイツは第二次世界大戦敗戦の痛手も大きいうえに、サッカー新興国とも呼ばれていたと伝えられています。ヨーロッパサッカーといえばイタリアと、ワールドカップには出場していないもののサッカー発祥国としてのイングランドが中心の時代だったのです。

 まだまだワールドカップを制するのは難しいと言われていたドイツに、「優勝」を呼び込んだプレーヤーが、マックス・モーロック選手でした。

 1925年5月にニュルンベルクに生を受けたモーロック選手は、1940年に1FCニュルンベルクに入団しプロプレーヤーとしてのキャリアをスタートしました。(弱冠15歳)

 ブンデスリーガ(1963年開始)発足以前のドイツサッカー界において、モーロック選手は約900試合に出場し、約700点を挙げたと伝えられています。ドイツサッカーが地域リーグの集合体であった頃のことですから、正確な記録が無いのでしょうが、それにしても「生涯700ゴール」というのは凄い数字です。

 1FCニュルンベルクは、1948年と1961年にドイツ選手権(各地域リーグの優勝チームによるトーナメント戦。ドイツNO.1チームを決める大会)に優勝していますが、マックス・モーロック選手はこの優勝に大きく貢献したのです。

 そして何より、ドイツ代表チームにおける活躍は特筆に値します。

 1950年に代表デビューを果たし、1954年のワールドカップ・スイス大会にも代表メンバーとして出場しました。

 この大会は、第二次世界大戦で敗戦国となったドイツが、戦後初めて西ドイツとして復帰した大会でもありました。(日本もこの大会からワールドカップに復帰し、予選を戦っています。西ドイツチームは見事に予選を勝ち抜いて本戦に駒を進めたのです)

 グループリーグGLの2組でドイツチームはハンガリーチームに次いで2位となって、決勝トーナメント(8チームによる)進出しました。
 決勝トーナメントの緒戦でユーゴスラビアチームを2-0で破ったドイツチームは、ベスト4・準決勝に進出、オーストリアチームを6-1で撃破して決勝に進出、決勝はハンガリーチームとの対戦となりました。

 この頃のハンガリーチームはハンガリー史上最強の、そして当時世界最強と呼ばれ、「マジックマジャール」と称されたチームでした。(GL2組でハンガリーが1位、ドイツが2位でも何の不思議もないというか、当然だと見られていました)

 ハンガリーチームは、この大会でも優勝候補の筆頭でしたし、「ワールドカップ無敗」を誇っていたウルグアイチーム(第1回大会と第4回大会の優勝チームであり、第2回と第3回は本戦に出場していなかった)との準決勝は事実上の決勝ともいわれました。

 両強豪チームによる準決勝は、延長の末4-2でハンガリーが勝ちました。プスカシュ選手やコチシュ選手を擁するハンガリーチームは、優勝候補として決勝に進出してきたのです。

 このハンガリーチームを、ドイツチームは3-2で下しました。
 前半、ハンガリーに2-0とリードを許した直後の10分、モーロック選手がゴールを挙げて1点差とした西ドイツは、その後ラーン選手の2得点で逆転したのです。

 マックス・モーロック選手はGLや準決勝でも得点しています。
 エースとしての存在感を示したのです。

 マックス・モーロック選手は、戦後のドイツサッカー復活の象徴的存在なのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2017] 印象的な3選手
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
[Jリーグ2020(無観客)] J1再開 アウェイチーム優勢の不思議
[ラグビートップリーグ2021] ボーデン・バレット選手 サントリー・サンゴリアス入り
[NPB2020(無観客)] 菅野智之投手 1安打完封勝利!
[NFL2020~21] ペイトリオッツのQBは?
[温故知新2020-女子テニス6] 「豪打」と「悲劇」 モニカ・セレシュ選手
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
[競馬コラム271・宝塚記念2020] 「重巧者」 クロノジェネシス 圧勝!
[温故知新2020-男子水球] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 山川穂高選手の逆転3ランホームラン
[温故知新2020-競泳6] 女子200m平泳ぎ 日本チーム「伝統」の種目
[競馬(無観客)] 宝塚記念2020の注目馬
[セリエA2019~20(無観客)] 再開!
[プレミアリーグ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ベテランの戦い
[NPB2020(無観客)] 開幕3連戦の結果
[温故知新2020-陸上競技7] 女子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳5] 男子4×200mフリーリレー 日本チームの復活
[温故知新2020-男子ホッケー] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 6月19日 歴史的な開幕
[競馬コラム270-日本馬の海外挑戦13] 2010年 ブエナビスタとナカヤマフェスタ
[温故知新2020-女子テニス5] 「強烈無比なフォアハンド」 シュテフィ・グラフ選手
[温故知新2020-男子テニス6] 初代「ザ・オールラウンダー」 ピート・サンプラス選手
[温故知新2020-女子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] トーナメントの再開!
[温故知新2020-陸上競技6] 男子砲丸投げ オリンピック金メダリストの記録
[ラグビー日本選手権2006・2回戦] 早稲田大学チーム トヨタ自動車チームを破る
[温故知新2020-競泳4] 男子200m平泳ぎ 日本チームの「お家芸」
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] バイエルン 圧倒的な攻撃力
[温故知新2020-女子テニス4] WTAツアー歴代最多勝 マルチナ・ナブラチロバ選手
[温故知新2020-陸上競技5] 女子走り高跳び オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-男子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 長谷部誠選手 309試合出場!
[温故知新2020-男子テニス5] 「フラットの強打」 ジミー・コナーズ選手
[UEFA-EURO2000準決勝] フランス ポルトガルとの死闘を制す
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
Entry TAG
サッカー伝説4・ドイツFWマックス・モーロック選手  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031