FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [8.31.日豪決戦] 本田圭佑選手とティム・ケーヒル選手
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2017年8月31日に埼玉スタジアムで行われた、ワールドカップ2018アジア最終予選の日本VSオーストラリアの一戦は、まさに「決戦」でした。

 日本代表にとっては、最終節にアウェイのサウジアラビア戦を控えて、「勝たなければならない」ゲームでしたし(何しろ、中東での強豪国との試合で日本代表はなかなか良い結果を出していないのです)、オーストラリア代表にとっては、このゲームを落とすと「自力のワールドカップ出場権獲得」が消滅する、というゲームだったのですから。

 日本代表にとっては「ホームゲーム」というのが唯一の拠り所といっても良い位、追い込まれた状況でした。サッカーを良く知る友人は「絶体絶命」と評しました。
 何しろ、「最終予選のゲームで日本はオーストラリアに過去1度も勝っていなかった」のですから。「上手く行っても引分」と見るのが、冷静な判断だったのでしょう。

 オーストラリア代表にとっては、「日本との相性の良さ」、「日本チームには負けない」という自信が、アウェイゲームでの拠り所だったことでしょう。

 この「決戦」のキックオフのピッチに、「過去10年間に渡って代表チームを支えてきた2人プレーヤー」の姿がありませんでした。
 共に「背番号4」を背負う、本田圭佑選手とティム・ケーヒル選手です。

 どちらかだけならまだしも、2人とも控えに回るという「事態」は想像できませんでした。

 それ程に、この2人のプレーヤーの存在は大きなものだったのです。

 両チームの監督・ベンチは思い切ったことをやる、と感じました。
 そして、「新しい日本代表」「新しい豪州代表」のチームにとっては、前半が上手く行かず、相手にリードを許すなどした場合に、後半の「反撃の切り札」として、この2人のプレーヤーが出てくるのだろうと思いました。

 ゲームは、開始早々から日本代表チームのペースとなりました。
 海外のスポーツメディア風の言い方をすれば、「日本チームがゲームを支配した」のです。
 そして浅野選手のゴールで、日本が先制しました。

 こうした大試合においては、先制点の価値がとても大きいのです。
 試合内容のみならず、得失点という形で日本チームの優勢が明示されましたから、オーストラリアチームは後半25分、ついにケーヒル選手を投入しました。
 オーストラリアの「パワーサッカーの象徴」がピッチに立ったのです。

 交代早々に、日本ゴール前でのプレーが続きました。
 日本チーム守備陣は、何度もプレーを切ろうとしますが、不思議なことに「ボールはケーヒル選手の周辺」から離れません。これはもう、本当に不思議なことで、ケーヒル選手がボールに(見えない)紐を付けて引っ張っているようにさえ見えました。

 これがオーストラリア代表を牽引してきたオーラか、と思いました。

 あと数10cm、ボールがケーヒル選手に近づけば、強烈なシュートが飛んでくるというシーンが何回かありましたが、日本守備陣はこれを懸命に防ぎました。
 このディフェンスも見事なものでした。

 5~10分ほども続いたでしょうか、「ケーヒル選手を核としたオーストラリアの波状攻撃」がついに幕を閉じました。
 そして、これまた不思議なことに、これ以降、「ケーヒルの脅威」は影を潜めたのです。

 まず、ケーヒル選手にボールが集まりませんでした。
 攻撃1人対守備3人、あるいは4人であっても、ケーヒル選手にさえボールを集めれば、「何とかしてくれる」「何かが起こる」存在ですから、オーストラリアチームは縦一本の大きなパスをケーヒル選手に集める戦術を取るものと思いましたが、それは無く、パスサッカーが継続されたのです。
 これはおそらく、この試合の日本代表チームにとっては、少なくとも失点リスクという面では、相当に助かったのではないかと思います。

 一方の本田選手はというと、「ゲームを支配し続ける」日本チームにあっては、出番が有りませんでした。
 交代に向けてのウォーミングアップを行う姿も、全くありませんでした。
 戦前に、日本チームが構築した戦略・戦術が見事に当たっていましたから、無理もないところでしょう。

 本田選手は90以上のキャップ、ケーヒル選手は100以上のキャップを誇ります。

 共に、ナショナルチームの「顔」として、世界中に知られた存在、代表チームの大看板プレーヤーなのです。

 2人共、ピッチ上で「どこに居るか、すぐに分かり」ます。オーラが凄いのです。
 ケーヒル選手の身長が180cmで、182cmの本田選手よりも低く、オーストラリアのプレーヤーの中でも、決して大きな方では無い、と書くと「意外」な感じを持たれる方も多いでしょう。
 ケーヒル選手は、ピッチ上でとても大きく見えるのです。

 身長170cmそこそこであった、ペレ選手やクライフ選手も、とても大きく見えたものです。「良いプレーヤーは大きく見える」のです。「存在感が半端ない」という言い方も出来るのでしょう。

 さて、10年以上に渡って、それぞれの代表チームを支えてきた2人のプレーヤーは、そろそろ「代表引退」の時期を迎えているのでしょうか。

 私は、そのようには全く感じません。
 
 2人の存在感は、まだまだとても大きなものだと感じるからです。

 日本と豪州、この2つの国のサッカーが多様性を増し、色々なプレーヤーが登場して、その在り様の幅が広がってきているのであろうと、思うのです。
 相手チームの特性や試合展開、大会スケジュール等の要素により、ある種のチーム・プレーが必要になった時、本田選手とケーヒル選手はそのチームの主軸としてピッチに立つことでしょう。

 本田圭佑とティム・ケーヒル、2人は今後も、日本とオーストラリアのナショナルチームを代表するプレーヤーなのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲2017・9月場所] 活躍が期待される10名の力士
NEW Topics
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
Entry TAG
本田圭佑選手とティム・ケーヒル選手  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930