FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [UEFA-CL2017~18] 開幕
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ヨーロッパNO.1クラブを決める、UEFAチャンピオンズリーグの2017~18年シーズンのグループリーグが開始されました。
 9月12日にA~Dグループ、13日にE~Hグループの最初の試合が一斉に行われました。

 毎年のこととはいえ、世界最高水準のプレーが満載の、とても「華やかな」大会の幕が切って落とされたのです。

[Aグループ]
・マンチェスター・ユナイテッド3-0FCバーゼル
・CSKAモスクワ2-1ベンフィカ

 マンUが、フェライニ選手、ルカク選手、ラッシュフォード選手の得点で快勝しました。フェライニ選手とラッシュフォード選手は途中交代で入ったプレーヤーですから、今季の選手層の厚さを感じさせるゲームとなりました。この2人と交替したのが、バウル・ボグバ選手とファン・マタ選手なのですから、相当に豪華な布陣です。
 久しぶりに、CLでのマンUの活躍が期待できそうです。

 もうひとつのゲームは、後半5分にベンフィカが先制したものの、同18分と26分の得点でCSKAが逆転勝利を収めました。
 実力が拮抗しているチーム同士の対戦でしたが、CSKAの気迫が勝ったというところでしょうか。

[Bグループ]
・バイエルン・ミュンヘン3-0アンデルレヒト
・パリ・サンジェルマン5-0セルティックス

 CL常連の強豪2チーム、バイエルンとサンジェルマンが順当に勝ちました。

 バイエルンは、レバンドフスキ選手が先制し、アルカンタラ選手が追加点を挙げ、キミヒ選手がダメ押しと、絵に描いたようなゲームを展開しました。得点が、フォワードFW→ミッドフィールダーMF→ディフェンダーDFと順に生まれているところも、いかにもドイツサッカーの中核という感じがします。

 サンジェルマンは、新加入のネイマール選手が先制し、カバーニ選手が2得点を挙げ、オウンゴールも得るなど、アウェイゲームとは思えない一方的な試合を披露しました。
 「自在の攻め」という感じで、セルティックにとっては「手の付けられない状況」だったのかもしれません。
 なかなか「3強の壁」を破ることができなかったサンジェルマンですが、今季は決勝進出を十分に狙えるチームになりました。

[Cグループ]
・チェルシー6-0グラバグ・アグダム
・ASローマ0-0アトレティコ・マドリード

 プレミアリーグの王者チェルシーが、予選ラウンドを勝ち上がり本戦に登場したグラバク・アグダムに圧勝しました。異なる5人のプレーヤーとオウンゴールでの6得点は、なかなか見られないゴールラッシュでしょう。

 ASローマとアトレティコは、双方持ち味を出したゲームでしょう。Cグループ突破に向けて、両チームには負けられないゲームが続きます。

[Dグループ]
・FCバルセロナ3-0ユベントス
・スポルディングCP3-2オリンピアコス・ピラエウス

 緒戦屈指の好カードは、バルセロナが快勝しました。メッシ選手の2得点は、今大会へのバルセロナの気合いを示すに十分でしょう。
 ユーベとしても敵地での引分を狙ったゲームであったと思いますが、前半終了間際のメッシ選手のゴールから試合のペースを失った形です。

 スポルディングは前半の3得点で、アウェイゲームを確実に物にしました。

[Eグループ]
・NKマリボル1-1スパルタク・モスクワ
・リバプール2-2セビージャFC

 Eグループは2ゲーム共に引分でした。
 リバプールとセビージャは、勝ち抜けに向けて慎重な戦いを演じたというところでしょうか。

[Fグループ]
・マンチェスター・シティ4-0フェイエノールト
・シャフタル・ドネツク2-1ナポリ

 シティは、オランダ王者を相手に圧勝しました。前半の3ゴールが強烈なパンチとなったのでしょう。フェイエノールトとしては、グループリーグ突破に向けて大事なゲームでしたが、点を取られ過ぎました。
 グラウディオラ監督としても、今季CLには期するものがあると思いますので、シティの戦い振りは注目です。

 いかに敵地とはいえ、敗戦はナポリにとって痛いところです。ドネツクにとっては、CL本戦での勝ち点獲得に向けて好発進でしょう。

[Gグループ]
・RBライプツィヒ1-1ASモナコ
・ベジタクシュ3-1FCポルト

 このところCLで好成績を残しているASモナコが、アウェイでライプツィヒ相手に引分を捥ぎ取りました。モナコのCLでの好調が続いている感じです。

 ポルトにとってはアウェイとはいえ大敗は痛いところ。ベジタクシュは「台風の目」になる準備万端といったところでしょう。

[Hグループ]
・レアル・マドリード3-0アポエル・ニコシア
・トッテナム・ホットスパー3-1ボルシア・ドルトムント

 「3強」の一角レアルが順当勝ち。クリスティアーノ・ロナウド選手の2発に、セルヒオ・ラモス選手のゴールというのですから、静かに始動しながら迫力十分といったところでしょうか。

 グループリーグ突破を争うトッテナムとドルトムントの対戦は、スパーズがハリー・ケイン選手の2得点などで快勝しました。ライバル相手に、ホームでの2点差を付けての勝利は大きいと思います。

 さて、2017~18年のUEFAチャンピオンズリーグの緒戦をざっと見てきました。

 このところ毎年のように言われる「3強」、レアル・マドリード、FCバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンはきっちりと緒戦を物にしています。
 「3強」はCLの戦い方を知っている、のでしょう。

 リーガエスパニョーラの2人のエース、クリスティアーノ・ロナウド選手とリオネル・メッシ選手は共に2ゴールと、上々のスタートを切りました。この2選手の得点王争いも、近年のCLの風物詩?として、注目です。

 このところやや元気のないプレミア勢、チェルシー、マンチェスター・シティ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドの活躍が観られるのか。

 そして何より、大変な移籍金額で話題となった、ネイマール選手が加わったパリ・サンジェルマンの戦い振りは、今大会最大の注目ポイントです。

 「3強」がこのところの慣例?通りに覇権争いを演じるのか、これが「4強」になっていくのか、今年もチャンピオンズリーグから眼が離せません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲2017・9月場所] 安美錦関 好調
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
UEFA-CL2017~18・開幕  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930