FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2017~18] week4を終えて
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NFLの2017年~18年レギュラーシーズンも序盤戦、10月3日までに第4週を終えました。
 今シーズンの各チームのコンディションを見るには十分な試合数4試合を終えたのです。

 全体としては、各チームの実力が非常に「拮抗」しているという印象です。

 例えば、3連勝と絶好のスタートを切り、昨季のスーパーボウル進出チームとして今季も勝ち続けるシーズンを展開するかに見えたアトランタ・ファルコンズが、week4でバッファロー・ビルズの前に17-23と完敗を喫しました。

 このゲームでファルコンズのクオーターバックQBマット・ライアン選手は42度のパスアテンプトで24度の成功、成功率は57%とまずまずでしたが、ライアン選手としては不満足なもので、何より242ヤードの獲得に止まり、タッチダウンTDパス成功も僅か1つでした。

 現在のNFL屈指の攻撃陣と言われるファルコンズオフェンスが、このゲームではビルズディフェンスに抑え込まれた形でしょう。

 では、ビルズが絶好調かというと、week4を終えて3勝1敗、得点73・失点54という形ですから、「とても勝負強い」シーズンを送っている形でしょう。得点力が十分とは言い難いので、今後も容易ならざるゲームが続くことでしょう。

 では、昨季のスーパーボウルチャンピオンのニューイングランド・ペイトリオッツはというと、2勝2敗と、珍しい?スタートを切りました。
 何しろ、ディフェンスがボロボロという感じなのです。4試合を終えて、得点129・失点128というのですから。QBトム・ブレイディを中心とした攻撃陣は、相変わらずの得点力を示している一方で、1ゲーム平均30点以上の失点というのは、ゲームマネジメント面からは、悲惨な状況と言って良いでしょう。
 「ペイトリオッツ王朝」としては、ディフェンスの立て直しが急務なのです。

 こうした「大混戦」のシーズンにあって、唯一の4連勝チームがカンザスシティ・チーフスです。

 初戦でペイトリオッツを42-27で撃破して勢いに乗り、week2ではフィラデルフィア・イーグルスを27-20で破り、week3ではサンディエゴ・チャージャーズに24-10で完勝して、week4を迎えました。

 オークランド・レイダーズを破って波に乗るワシントン・レッドスキンズを相手にしてのゲームでしたが、29-20でチーフスが逆転勝ちを収めたのです。
 このゲームは、第1クオーターQでレッドスキンズが10-0とリードしました。前週同様に、好調な守備陣がチーフスの攻撃を抑え込んだのです。

 第3Qを終えて17-17と接戦となったゲームでしたが、第4Qでチーフスの攻撃が勝り、フィールドゴールFG2本を含めての12点を挙げて押し切ったのです。

 今季のチーフスの最大の特徴は「安定した守備」でしょう。
 これに、QBアレックス・スミス選手を中心とした「多彩な攻撃」による確実な得点力が加わり、「負け難いチーム」に仕上がっている感じがします。
 
 唯一の全勝チーム・チーフスが、どこまで連勝を伸ばすのか注目です。

 その他の今シーズン好調なチームを挙げましょう。

 [アメリカンフットボールカンファレンスAFC]
・東地区のビルズ
 前述にも出てきましたが、今季は攻守のバランスが良いと思います。

・北地区のピッツバーグ・スティーラーズ
 近時は毎季力を付けている印象です。久しぶりにスーパーボウル出場を狙えるかもしれません。

・西地区のデンバー・ブロンコス
 相変わらずの強力ディフェンスが健在です。レイダーズとの首位争いが注目されます。

[ナショナルフットボールカンファレンスNFC]
・北地区のデトロイト・ライオンズ
 好調です。チームに勢いが有ります。

・南地区のキャロライナ・パンサーズ
 昨年の不振を払拭しつつあります。ファルコンズとの競り合いは見ものでしょう。

・西地区のロサンゼルス・ラムズ
 近年は強さが目立つようになってきました。ファンの多い名門チームの復活が、望まれるところです。

 一方で、「大混戦」のシーズンで不振が際立つのが、NFC東地区のニューヨーク・ジャイアンツとNFC西地区のサンフランシスコ49ersです。共に4連敗と低迷しています。

 特に、試合内容から見てジャイアンツは深刻でしょう。自分たちがやろうとしていることがほとんどできていない状況。この状態を一気に改善するのは、相当難しいことだと思います。
 49resの方は、相応の健闘は魅せているものの、競り合って勝てないという状態でしょうか。

 ジャイアンツも49ersも、まさに「名門チーム」ですから、復活が待たれるところです。

 NFL2017~18シーズンは、「高いレベルで、各チームの実力が拮抗」している状況だと思います。「良いチームが増えた」のです。

 こうなると、ベンチワークというか、ゲームごとの戦術・戦法の成否が、勝敗に大きく影響すると思います。

 どのチームにとっても「一寸先は闇」というのが、今シーズンなのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ワールドカップ2018欧州最終予選] ドイツとイングランドが予選突破!
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
NFL2017~18・week4を終えて  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930