FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬] 菊花賞2017の注目馬
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 10月22日、京都競馬場芝外回りコースで開催される、第78回菊花賞競走Gの注目馬検討です。

 三冠最後のレースに、今年も18頭が出走して来ました。フルゲートです。
 多くの出走馬にとって初体験となる3000mという長距離戦ですから、長い歴史においても数多くのドラマが生まれて来ました。
 ただでさえ、予想が難しいレースなのです。

 これに加えて、今年は「重い馬場」が加わりました。
 連日のように降り続く雨、レース当日は台風の接近も有って大雨の可能性も有りますから、「不良」馬場となるかもしれません。
 深い芝の不良馬場となれば、過去の戦績は殆ど参考にならないと感じます。

 今回は、「不良馬場」に適応できるかもしれない馬を選ぶことにします。

 さて、注目馬です。

 第一の注目馬は、5枠10番のベストアプローチ。
 英国ダービー馬ニューアプローチの産駒です。重いエプソム競馬場のダービーを制した父親の力量に期待します。
 青葉賞G2や日本ダービーでの戦い振りから、相応の地力も備わっていると思います。

 第二の注目馬は、8枠17番のプラチナヴォイス。
 米国三冠レースで2着2回のエンパイアメーカー産駒です。パワーが必要なアメリカのダートコースで活躍した父親、既に大種牡馬の仲間入りをしている父親の力に期待します。
 スプリングステークスG2や皐月賞、前走セントライト記念G2の走りは、同期上位の力を示しています。

 第三の注目馬は、1枠1番のブレスジャーニー。
 エンパイアメーカー産駒のブレスブランの仔です。エンパイアメーカーの血統を日本に入れようとして輸入されましたが、そのエンパイアメーカー自身が日本に輸入された形。
 休養明けの1戦となりますが、2歳時には東スポ2歳ステークスG3を制しています。
 同期トップクラスの馬の復活と見たいところです。

 今回は以上の3頭に注目します。

 もともと「実力が拮抗している」と言われてきた今年の3歳牡馬陣です。
 この馬場では、どんな展開になるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NFL2017~18] 「パスも出来るランニングバック?」 キャム・ニュートン選手
NEW Topics
Entry TAG
菊花賞2017の注目馬  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031