FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2017WS] クレイトン・カーショー投手とサンディ・コーファックス投手
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[10月24日・WS第1戦・ドジャースタジアム]
ロサンゼルス・ドジャーズ3-1ヒューストン・アストロズ

 ワールドシリーズWS第1戦は、ドジャーズ先発のカーショー投手が7イニングを投げて、被安打3、奪三振11、失点1の好投を魅せ、モロー投手、ジャンセン投手と繋いで、強打のアストロズ打線を1失点に封じ、快勝しました。
 大エースを立てて、ドジャーズにとっては「負けられない初戦」をキッチリ物にした形です。

 レギュラーシーズンを通じて、打率・得点等、打撃部門でリーグトップの成績を誇るアストロズから二桁奪三振を奪うこと自体が、とても難しく、アストロズから見れば「珍しい」ことですが、それが「ワールドシリーズの舞台」となると、その価値は飛躍的に高まるのは道理です。

 ドジャーズにおいて、WSで「二桁奪三振」を記録した投手は、1965年の第7戦、サンディ・コーファックス投手がミネソタ・ツインズを相手に11三振を奪って以来というのですから、52年・半世紀振りということになります。

 こうした快記録が出ると、過去のプレーヤーにスポットライトが当たるものですが、サンディ・コーファックス投手とは懐かしい・・・。

 1954年ブルックリン・ドジャーズ(ニューヨーク)時代に入団し、チームのロサンゼルスへの本拠地移転と共にロサンゼルス・ドジャーズのエースとなり、3度のWS制覇(内2度はコーファックス投手がシリーズMVP)など、ドジャーズの黄金時代を支えた、まさに「大投手」でした。

 身長188cmの体躯から、大きく脚を上げて投げ下ろすストレート(4シーム)と落差十分のカーブの威力は抜群で、1963年のWSを戦い、敗れたヤンキースの中心選手だったヨギ・ベラ選手(伝説的なキャッチャー)は「何故、あの男が25勝できたかはよく分かった。分からないのは、何故5敗したのかということだ」と語ったと伝えられています。

 コーファックス投手は、通算165勝87敗と、高い勝率(65.5%)を誇りました。
 カーショー投手は、現時点で144勝64敗と、こちらも抜群の勝率(69.2%)です。

 20世紀半ばと21世紀のドジャーズを背負って立つ「2人の左腕」は、それぞれの時代のMLBを代表するピッチャーでもあるのでしょう。

 1935年生まれのコーファックス氏は、81歳となってまだまだ元気。ドジャーズのスペシャルアドバイザーを務めておられるそうです。
 コーファックス氏に、現在のカーショー投手についてのコメントを伺いたいものです。

 それはもう宝石のような「深いコメント」であろうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
クライマックスシリーズ2017の「下剋上」とMLBポストシーズンのワイルドカード
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
MLB2017WS・カーショー投手11奪三振の好投  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930