FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [欧州サッカー] チャンピオンズ・リーグ 8強出揃う
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今季の欧州のクラブチームNO.1を争う、欧州チャンピオンズ・リーグCLが佳境を迎えています。ベスト8が出揃い、3月15日スイスのリヨンで、準々決勝の組み合わせ抽選が行われました。抽選結果は、下記の通りです。

・FCバルセロナ(スペイン)対パリ・サンジェルマン(フランス)
・レアル・マドリード(スペイン)対ガラタサライ(トルコ)
・バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)対ユベントス(イタリア)
・マラガ(スペイン)対ボルシア・ドルトムント(ドイツ)

 ベスト8に勝ち残ったチームを観ると、概ね予想通りのチームという感じがします。もちろん、くじ運もありますので、必ずしも現在の実力上位8チームということにはなっていないと思いますが、進出してもおかしくないチームが揃ったと思います。

 イングランドのプレミアリーグのチームがひとつも入っていないことについては、そういうことも十分に有り得ることと考えます。プレミアリーグの各チームの実力は、ベスト8に進出した他国のビッグクラブと比較すると、明らかに見劣りするからです。
 
 現時点の欧州各クラブの選手層およびチーム力を観てみると、スペイン・リーガエスバニョーラのレアル・マドリードとFCバルセロナの2チームが、少し抜けた存在であると思います。

 この両チームは、今季のFIFAバロンドール(世界最優秀選手)候補20人の中に、レアル・マドリードが最多の6人、FCバルセロナが続く5人を送り込んでいることは、本ブログの2012年11月1日の稿「バロンドールと素晴らしきエル・クラシコ」に記載の通りです。この2チームで、バロンドール候補の過半数を擁しているわけです。個々のプレーヤーの能力比較で、欧州最上位にある2チームであることは全く異論のないところでしょう。
 経済危機が叫ばれるスペインにおいて、この2チームは十分な資金力を持って、超一流プレーヤーの獲得・保持に成功しています。やや不思議な感じもします。

 FCバルセロナについては、もともとカタルーニャ地方の市民チームであり、下部組織カンテラ出身のプレーヤーが良く育ち、良く揃ったということなのでしょう(アルゼンチンのメッシも、バルセロナのカンテラ出身)が、レアル・マドリードの方は、世界屈指のプレーヤーを外国から集め続けています。相当の資金力が必要なことです。

 レアル・マドリードとFCバルセロナは、昨季のCLでもベスト4に進出しました。そして、番狂わせ?とも言われましたが、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)とチェルシー(イングランド)に敗れました。一昨年のCLでは、FCバルセロナが優勝しました。
 そして、今季も両チームはベスト8に進出しているのですから、実績としても欧州最上位にある2チームと言えます。今季のCLの優勝争いも、この2チームを軸として争われることは、間違いありません。

 この「少し抜けている2チーム」に続くのは、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンとフランスのパリ・サンジェルマンでしょう。
 バイエルン・ミュンヘンというチームは、常にブンデスリーガ1部のトップチームであり、常にドイツ代表チームメンバーの半数前後を擁しているチームです。ブンデスリーガ自体が、地元ドイツの選手を中核としたチーム造りをするリーグですので、組織的な戦術を展開するという意味でチーム力が高いのですが、その中でもバイエルン・ミュンヘンは、ずば抜けた実力を誇るチームです。

 「ブンデスリーガの優勝候補は?」と質問されたら、いつの時代でも「バイエルン・ミュンヘン」と答えておけば間違いないと言われる程のチームです。今季のブンデスでも「当然のように」首位を走っています。
 昨季のCLは準優勝、今季もベスト8に進出していることからも、安定した実力を保持していることは明らかでしょう。

 パリ・サンジェルマンについては、本ブログの2012年12月2日の「ACミランからパリ・サンジェルマンへ」の稿に記載の通り、強力なスポンサーが付き、一気に有力選手を集めて「欧州制覇」を目指しています。このベスト8進出は、チーム作りが順調に進んでいることの証左です。スウェーデン代表ズルタン・イブラヒモビッチ選手他を擁する強力なチームですから、今大会の台風の目ということができます。

 南欧州を覆う経済危機の影響をこちらは大きく受けて、リーグ全体のレベルダウンが指摘されているイタリア・セリエAからは、ユベントスがベスト8に進出しました。現時点のユーベは、セリエAの最後の砦といった存在でしょう。チーム所属選手を見ると、やや小粒の感は否めませんが、伝統のイタリアサッカーを展開しています。こちらも、穴チームとしての存在感十分です。

 イングランド・プレミアリーグの例えばマンチェスター・ユナイテッドについて観れば、ルーニー(イングランド代表)、ファンペルシ(オランダ代表)、香川(日本代表)といったプレーヤーが挙げられますが、これをレアル・マドリードのベンゼマ(フランス代表)、エジル(ドイツ代表)、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)、シャビ・アロンソ(スペイン代表)、セルヒオ・ラモス(スペイン代表)、カシージャス(スペイン代表)といったメンバーと比較すると、明らかに見劣りします。大差と言っても良いと思います。

 プレミアリーグについて「世界最高のリーグ」と評する報道が時々観られますが、少なくとも現時点では、そうではありません。サッカーの報道に携わるのであれば、もう少しサッカーのことを知ってほしいものだと思います。知識・知見不足の単なる思い込みでの報道では、サッカーファンに間違った情報を提供するだけです。

 さて、今季CLの準々決勝の組み合わせの中では、何といってもFCバルセロナ対パリ・サンジェルマンのカードが目立ちます。メッシやイニエスタを擁してこの数年間、世界のサッカーをリードしてきたバルセロナに、新興勢力の代表としてサンジェルマンが挑む形です。
 素晴らしいゲームが展開されることでしょう。とても楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[綱引き] 2013年 全日本綱引選手権大会
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
チャンピオンズリーグ・ベスト8出揃う  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031