FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  [福岡国際マラソン2017] 大迫傑選手の健闘!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 12月3日に 開催された、第71回福岡国際マラソン大会は、ノルウェーのソンドレノールスタッド・モーエン選手が2時間5分48秒の好タイムで優勝、2位にはスティーブン・キプロティク選手が2時間7分10秒で続き、3位には大迫傑選手が2時間7分19秒で入りました。

 モーエン選手の2時間5分48秒は、2009年にエチオピアのツェガエ・ケベデ選手がマークした大会記録に30秒と迫るタイムでした。「71回」という、我が国のマラソン界、世界のマラソン界においても屈指の歴史と伝統を誇る大会ですから、そのタイムにも重みがあります。
 スタート前の気温が少し高かったとはいえ、湿度は走りやすい水準で、風もあまりない、まずまずのコンディションの中で、世界トップクラスのランナーが持てる力を発揮したことになります。

 こうしたレースにおいて、大迫傑選手が2時間7分19秒という、「優勝ランナーから2分以内」のタイムで走破したことは、大迫選手の地力の高さを示すものであろうと思います。

① トップグループに位置しての勝負

 スタート直後から、大迫選手は先頭集団に居ました。そして、世界の有力ランナーと32.5kmまで同集団に付いて行ったのです。
 「勝ち負け」の勝負を挑んだところが素晴らしい。

 第2集団に位置し、落ちてくるランナーを拾い続けての3位も、それはそれで価値のあるものでしょうが、どうしても「他人任せ」のところ、落ちてくるランナーの多寡により成績が左右されてしまうところが難しいところでしょう。
 例えば、オリンピックでメダルを狙おうとすれば、やはり第1集団で他の選手の動きを見ながらレース展開を考え続ける方が、確実と言うか「自力勝負」ができます。

 もちろん、世界トップクラスを相手に先頭集団に位置するというのは、細かなペースのアップダウンへの対応や、一気のスパートへの対応といった諸点で、高い実力が無ければ難しいことは間違いありませんが、その難しさは「大きな大会で好成績を残すことの難しさそのもの」ですから、避けて通ることはできない性質のものでしょう。

 マラソン2回目の大迫選手は、まさに「優勝に向けて自力勝負」に出たのです。

② 35kmからの二の脚

 32.5kmからの駆け引きで、大迫選手はモーエン選手、ビダン・カロキ選手から置かれて3番手。一方で、4番手だったキプロティク選手が後方から追い上げてきましたから、上位の争いは複雑なものになっていったのです。

 「35kmからが本当のマラソン」とはよく言われることですが、各ランナーの実力が試される距離になっていったのです。
 ここで、近年の日本人ランナーはなかなか持ちこたえることが出来ませんでした。
 つまり「実力が足らなかった」のです。

 大迫選手は、35kmからの駆け引き・競り合いに良く対応することが出来ました。

 37.4km地点でキプロティク選手に追いつかれましたが、ここで離されることなく付いて行きました。凄いことです。

 39km手前で、キプロティクと大迫の3番手ペアが、2番手のカロキ選手に追いつき、抜き去りました。この時、大迫選手はキプロティク選手と共に前に出たのです。これも凄いことだと思います。
 さすがに、39.3km付近でのキプロティク選手のスパートには付いていくことが出来ませんでしたけれども、世界トップクラスのランナーを相手にしての丁々発止は、見ごたえ十分でした。
 日本男子マラソンランナーによる、これ程の競り合いを眼にするのは久しぶりなのではないでしょうか。

 大迫選手も、39km以降は脚が動かなくなりました。この状態の中で、しかし、大迫選手は相応のストライドを確保できたのです。「バネ」も残っていました。
 本当に素晴らしいことで、日々のトレーニングの賜物であり、大迫選手の実力の向上を如実に示したレースであったと感じます。

 世界のトップ10を狙えるランナーが、日本男子マラソン界に登場したのは、何時以来のことであったか、直ぐには思い当たりませんが、こうしたランナーが登場すると、次々に続くランナーが出現することも、これまでよく見られた構図です。

 福岡国際マラソン2017が、東京オリンピック2020に向けての「日本男子マラソン陣の反攻」がスタートしたレースであったとすれば、これ程嬉しいこともありません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲2017・11月場所] 西幕下13枚目の豊ノ島 5勝2敗と勝ち越し
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
福岡国際マラソン2017・大迫傑選手の健闘!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930