FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  [箱根駅伝2018] 青学大チーム 6・7・8区の快走で優勝 4連覇!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1月2日・3日にかけて行われた箱根駅伝2018は、青山学院大学チームが6区山下りで先頭に立ち、そのまま一度も首位を譲ることなく走り切りました。

① 6区、7区、8区の快走

 青学大の6区小野田選手、7区林選手、8区下田選手は、いずれも区間賞の走り、7区の林選手は区間新記録の快走を魅せました。
 この3名のランナーが、第94回大会の骨格を決めたのです。
 本当に見事な走りでした。
 第9区、第10区は、原監督が言うところの「ピクニックラン」を示現していました。

 「大混戦」が予想された大会でしたが、各チームが「往路」に有力選手を集めたのに対して、青学大チームは「復路」にもエース級を配しました。加えて、期待の初出場ランナーが、期待通り、あるいは以上のパフォーマンスを示したのです。
 「20kmを走れるランナーの層が厚かった」ことが勝因でした。

② 青学大・東洋大の「2強」のレース

 戦前は、神奈川大、青学大、東海大の「3強」による戦いが予想されましたが、走ってみれば青学大と東洋大の「2強」の戦いとなりました。

 「往路」は東洋大チームが1区から5区まで首位を譲ることなく完勝し、「復路」は青学大チームが完勝したのですから、この2チームの力、コンディショニングの成功が、他の18チームを大きく上回っていたということになります。

 青学大チームは4連覇を達成しました。「史上6校目」の快挙です。
 「箱根」への注目が高まる一方の時代ですから、史上最強の4連覇と言っても良いのかもしれません。
 箱根駅伝における新興チームである青学大にとっては、歴史を造る大会が続いていて、その中で偉大な足跡を残しているということでしょう。
 世代交代の過程で、今年のレースは青学大チームにとって「勝つための困難度の高い大会」であったと考えられますが、出雲や全日本での勝利を犠牲にしても、「20kmを走り切る練習」に注力し、「復路」に重点を置いた選手配置も功を奏しました。戦略的な成功とも言えるのでしょう。
 ここも勝ちましたので、来年以降も連覇を伸ばして行く可能性が有るのです。

 一方の東洋大チームは「10年連続の3位以内」と言う、これも快挙を成し遂げました。
 こちらも「史上6校目」です。
 「往路」は、1年生が3名も走って制しました。1・2年生7名のチームで2位を勝ち取ったのです。当然のことながら、2019年のレースがとても楽しみです。

 こうして見れば、箱根駅伝2019も青山学院大学と東洋大学を中心に展開される可能性が高そうです。

③ 天候に恵まれた大会

 昨年に続いて2018年のレースも、天候に恵まれました。
 もちろん、「復路」の強い向かい風や、やや高かった気温という、いくつかの点はありましたけれども、概ね望みうる最高の環境だったのでしょう。
 一時期、例年のように出ていた「棄権」チームが、このところ減っているのは、天候の影響も大きいと思います。

 それが好記録に結び付いたことは明らかです。
 優勝した青学大の総合タイム10時間57分39秒、2位東洋大の11時間2分31秒、ともに好記録でした。

 記録は環境に大きな影響を受けますので、2018年のレベルが高かったとは一概には言えないのでしょうが、やはり全体のレベルが上がっていると観るのが公平なのでしょう。

 現在の箱根駅伝は、チーム内の代表争いも含めて、出場すること自体が大変なことであり、シード権を獲得した10チームは、偉業を成し遂げたと言っても良いのかもしれません。

 箱根駅伝2018は、出場した全ランナーが走り切りました。

 良い大会でした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NFL2017~18] ドリュー・ブリーズ選手 70,000ヤード達成!
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
[競馬コラム271・宝塚記念2020] 「重巧者」 クロノジェネシス 圧勝!
[温故知新2020-男子水球] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 山川穂高選手の逆転3ランホームラン
[温故知新2020-競泳6] 女子200m平泳ぎ 日本チーム「伝統」の種目
[競馬(無観客)] 宝塚記念2020の注目馬
[セリエA2019~20(無観客)] 再開!
[プレミアリーグ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ベテランの戦い
[NPB2020(無観客)] 開幕3連戦の結果
[温故知新2020-陸上競技7] 女子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳5] 男子4×200mフリーリレー 日本チームの復活
[温故知新2020-男子ホッケー] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 6月19日 歴史的な開幕
[競馬コラム270-日本馬の海外挑戦13] 2010年 ブエナビスタとナカヤマフェスタ
[温故知新2020-女子テニス5] 「強烈無比なフォアハンド」 シュテフィ・グラフ選手
[温故知新2020-男子テニス6] 初代「ザ・オールラウンダー」 ピート・サンプラス選手
[温故知新2020-女子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] トーナメントの再開!
[温故知新2020-陸上競技6] 男子砲丸投げ オリンピック金メダリストの記録
[ラグビー日本選手権2006・2回戦] 早稲田大学チーム トヨタ自動車チームを破る
[温故知新2020-競泳4] 男子200m平泳ぎ 日本チームの「お家芸」
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] バイエルン 圧倒的な攻撃力
[温故知新2020-女子テニス4] WTAツアー歴代最多勝 マルチナ・ナブラチロバ選手
[温故知新2020-陸上競技5] 女子走り高跳び オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-男子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 長谷部誠選手 309試合出場!
[温故知新2020-男子テニス5] 「フラットの強打」 ジミー・コナーズ選手
[UEFA-EURO2000準決勝] フランス ポルトガルとの死闘を制す
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
Entry TAG
箱根駅伝2018・青山学院大学チーム4連覇!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031