FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2017~18] ドリュー・ブリーズ選手 70,000ヤード達成!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[12月25日・week16・メルセデスベンツスーパードーム]
ニューオーリンズ・セインツ23-13アトランタ・ファルコンズ

 ナショナル・フットボール・リーグNFL2017~18シーズンも大詰めのweek16、プレーオフ進出を賭けた一戦、ナショナル・フットボール・カンファレンスNFC南地区の同地区対決は、セインツがファルコンズを終始リードして押し切りました。

 ファルコンズの強力なハイパーオフェンスを、第3クオーターQまでフィールドゴールFG1本に抑え込んだ、セインツ守備陣の頑張りが目立つ試合でした。ゴール前1ヤード以内からの攻撃を受けても、タッチダウンTDを許さなかったのです。
 もちろん、いくつかの幸運も有ったのですが、その幸運を活かすも殺すも自らのプレー次第なのです。(当たり前のことを書き、恐縮です)

 さて、この試合で、セインツのクオーターバックQBドリュー・ブリーズ選手(38歳)がパスによる獲得、通算70,000ヤードを達成しました。
 毎シーズン3,500ヤードを投げ続けて20年かかるという、気の遠くなるような記録です。

 NFL史上においても「70,000ヤード越え」は僅かに3人しか居ません。

 ペイトン・マニング選手、ブレット・ファーブ選手、そしてプリーズ選手なのです。

 加えて、この試合でブリーズ選手はもうひとつの大記録を更新しました。
 「12年連続4,000ヤード」です。

 もともと11年連続というNFL記録もブリーズ選手のみの記録であり、これを更新したのです。

 この2つの大記録が達成された頭書の試合は、「記録に残るゲーム」であり、ブリーズ選手とセインツの面々は、この試合を見事に勝利で飾ったのです。

① 身長183cmのQB

 ドリュー・ブリーズ選手の体格は、身長183cm・体重95kgと報じられています。

 NFLのQBとしては、身長が低いQBということになります。

 NFLのQBに臨まれるサイズは「6の6」と言われる6フィート・6インチですから198cm。2m近い身長が望ましいとされているのです。
 攻撃の司令塔として、「高い位置からフィールド全体を見渡す」ことができる、様々な方向にパスを投げること、相手守備陣の手の上から真っ直ぐなパスを投げること、等に高身長が有利といった面からの「6の6」なのでしょう。

 ところが、ブリーズ選手は183cmという、NFLのQBとしてはとても低身長にもかかわらず、NFL史上に燦然と輝く大記録を達成し、今後の活躍次第ではファーブ選手の71,838ヤード、ペイトン・マニング選手の71,940ヤードを塗り替える可能性も十分に有ります。

② 怪我・故障が少ないこと

 21世紀最初の年2001年にサンディエゴ・チャージャーズでNFLデビューを果たしたブリーズ選手は、以降17シーズンを積み重ねてきました。
 そして2006年にセインツに移籍し、ここから「4,000ヤード/1シーズン」記録がスタートし、現在に至っているのです。

 NFLのQBとして、1シーズンでも4,000ヤード越えを達成することは凄いことだと思いますが、それを12シーズン継続するというのは偉大という他は無く、ある意味では「奇跡的なこと」でしょう。

 ブリーズ選手の人並み外れた運動神経や身のこなしの素早さ、等々の個人的な能力の高さは言うまでも無く、NFLのQBとして史上屈指のプレーヤーであることは間違いないのですが、そうした選手でもギリギリのプレーの中では、何が起こるか分からないのか「世界最高のフィールド」でしょう。

 「天才同士のコンタクト」は、常人の想像を遥かに超えるものなのです。
 そうしたフィールドで、毎試合スターターとしてプレーしながら、大きな怪我や故障と無縁と言うのは、それ自体が賞賛の対象となります。
 試合前の準備、試合後のメンテナンスも、とても丁寧かつ的確な処置が施されていることも、想像に難くありません。

③ 素晴らしいプレーの数々

 ブリーズ選手のパフォーマンスの高さは、誰もが認めるところです。

 いわゆる「鉄砲肩」ではありませんが、そのパスは正確そのもの。コントロールの良さは、正に史上最高クラスでしょう。
 レシーバーの右肩・左肩、頭上・膝下、等々の投げ分けはもちろんとして、パスのスピード調整も極めて巧み。ターンボールがとても少ないと思います。
 特に「上から落とすパス」の上手さは、何度見ても感動させられます。
 「20cm長ければレシーバーが捕れず、50cm短ければ相手守備プレーヤーにインターセプトされてしまう」といったパスを、1試合に何度も眼にするのです。

 また、いわゆる「モバイルQB」ではありませんが、ポケット内での移動、ポケットを出るタイミングや無駄の無い動きは、相手守備陣からすると「とても捕まえにくいQB」ということになります。
 もちろん、「とても捕まりにくいQB」だからこそ、70,000ヤードを達成できるのですけれども・・・。

 ドリュー・ブリーズ選手は、既に2008年にスーパーボウルSBを制しています。
 
 とはいえ、NFL史上に燦然と輝く「稀代のパサー」としては、2歳年上のトム・ブレイディ選手(SB制覇5回)等と比べれば、SB優勝回数では物足りない感じがします。ご本人も、もっと勝ちたいと考えていることでしょう。

 今季プレーオフにおける、セインツとブリーズ選手の活躍が期待されます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[箱根駅伝2018] 名前だけではシード権を取れない時代
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
NFL2017~18・ドリューブリーズ選手70000ヤード!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930