FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [大学選手権2018・決勝] 帝京大学チーム 9連覇!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[1月7日・秩父宮ラグビー場]
帝京大学21-20明治大学

 第54回ラグビー大学選手権大会の決勝は、明治大チームが先行し、帝京大チームが追いかける展開となりましたが、帝京大が後半逆転して優勝、9連覇を達成しました。

① 前半は明治大チームのペース

 明治大チームは最初のプレーから積極的な攻撃を魅せました。
 前半7分にはインターセプトからトライ。
 守備における早い仕掛けからのインターセプト、インターセプトから「真っ直ぐ走って」のトライは、明治伝統のプレーです。
 20世紀の頃から、何度もこのプレーを大舞台で披露してきたのです。

 さらに、前半14分、26分と立て続けにトライを奪い、帝京の攻撃を10分のトライ一本に抑え込んで、前半を17-7で折り返しました。

 後半最初の得点、後半5分のペナルティゴールPGも明示が上げて、20-7とリードを13点に広げたのです。

 早いタックルを中心とした明治大チームの守備が決まっていましたので、このまま押し切れるかもしれないというムードが漂いました。

② 後半、勝負どころでの帝京大チームの連続トライ

 後半、明治にPGを許した時には、帝京の動きが悪く、早々に疲れが出たかに観えましたが、ここからが帝京の強いところ。
 自陣でペナルティーを得ると素早いスタートから一気に明治ゴール前に迫り、15分にトライ・ゴール、20分にもトライ・ゴールと一気に21-20と逆転しました。

 この集中力が帝京大チームの最大のストロングポイントなのでしょう。

③ 後半22分から40分までの攻防

 このゲーム最大の見所は、この18分間でした。
 両チームのフィフティーンが「1点差」を巡って、攻め、守ったのです。
 気迫溢れるプレーの応酬でしたが、明治大フィフティーンに僅かに疲れが観えました。

 帝京大チームは「明治陣でのプレー」に徹しました。追加点を取れればよいが、取れなくても1点差で押し切るプレーを展開したのです。
 特に、残り8分からのプレー振りは、「点差以上の力の差」を感じさせるものでした。

 今季の帝京大チームには、対抗戦での慶応大チーム戦が3点差、選手権決勝の明治大チーム戦が1点差と、ギリギリ逃げ切った印象のゲームが観られましたが、実態は「負けない試合」を創ったということなのでしょう。

 とはいえ、「いつでも逆転できる」と考えて試合に臨むチームというのは、何か予想外のことが発生した時には負けるリスクがあります。
 このリスクが「連覇の目に観えない疲労」のひとつなのかもしれません。

 明治大学は、伝統の力とプレーで、このリスクを巧みに突いたプレーを展開しましたが、惜しくも届かなかったというところでしょうか。

 いずれにしても、帝京大学の「9連覇」は空前の快挙です。
 2018年の「負けないラグビー」も、大学ラグビー史上に輝くものでした。

 2018年の決勝戦を糧にして、岩出監督を始めとする帝京大学チームが来シーズンどのようなチームを創って来ていただけるのか、それがとても楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[PGAツアー2017~18] Dジョンソン選手 パー4の第2打が15cmのパッティング
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
ラグビー大学選手権2018・帝京大学9連覇!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031