FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [日本代表] 本田抜きでどこまで戦えるのか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年3月23日、カタール・ドーハで行われたサッカー国際親善試合、日本対カナダ戦は、日本が2対1で勝ちました。日本チームは、前半9分に岡崎選手、後半29分にハーフナー・マイク選手が得点しました。

 3月26日のワールドカップWCブラジル大会のアジア最終予選、対ヨルダン戦に向けての調整試合でしたから、勝ったことだけでも評価すべきなのだろうとは思いますが、主力不在で若手主体のカナダチームに、一度は同点とされ、苦労して勝った感じは否めません。

 日本チームの先発メンバーは、ゴールキーパーGK川島、ディフェンダーDFが伊野波・内田・吉田麻也・酒井高徳、ミッドフィールダーMFが遠藤・長谷部、フォワードFWが前田・岡崎・乾・香川のイレブン。交替で途中出場は、DF駒野・栗原・酒井宏樹、MF中村憲剛、FWマイク・大津でした。
 このメンバーは、現在の日本代表チームの本田選手を除くベストメンバーといえるものです。

 サッカーというのは不思議なスポーツで、例えば各選手の地力の合計が、10+9+8+11+・・・=110であったとして、その合計点は、チームのバランスによって100にも120にもなるのです。地力が高い選手ばかりを集めても、バランスが悪ければチームトータルの力が下がってしまうことがあります。チームのバランスを保つプレーヤーがキープレーヤーなのです。現在の日本代表チームのキープレーヤーは、やはり本田選手ということでしょう。

 本田選手は、膝の故障を庇っている内に、足首を痛めたということで、思ったより重傷と伝えられていますから、このWC予選の残りの試合には間に合わないかもしれません。そうすると、前述のメンバーで予選のゲームを戦っていくことになります。
 それにしても、最近の数試合の本田選手の動きは、やや精彩に欠けていたと本ブログでも何回か書きましたが、やはり故障していたのです。以前の本田選手に比べてボールを失うケースが目立ちました。体の左右のキレが無いと感じたものです。

 さて、本田選手が居る日本チームは、ボールが落ち着くというのも以前に書きましたが、印象としては「重厚な迫力」が備わる感じなのです。本田が居ないと、良く動きますが、何か軽い流れになってしまいます。そして、チームがいつも同じリズムで稼働する感じです。
 こうなると、相手チームは日本チームの次のプレーの予測がし易い上に、ボールが動くタイミングも把握し易いので、対応が容易です。23日のカナダ戦でも、得点シーンは「予想を裏切るプレー」から生まれています。例えば、岡崎選手のゴールは長谷部選手の中央突破から生まれました。

 変な言い方ですが、本田選手のプレーは、その内容・リズムともに相手チームに予想され難いものなのです。当たり前のことですが、本田が出場している試合では、こうした予測が難しいプレーの数が多くなります。出自していない試合では、激減するのです。結果として、本田選手が出場している試合では得点チャンスが多くなり、逆の場合には少なくなるということになります。

 先ほどの式で言えば、個々のプレーヤーの地力の単純な合計で、本田選手が居る日本代表チームの合計点が例えば110点、代わりの選手の時は108点だとしても、そのバランスの違いから、実際には140点と98点の差になるような感じでしょう。

 3月26日のヨルダン戦で、日本代表チーム・ザックジャパンは、ブラジルWCへの出場を固めたいと考えていると思いますが、敵地のゲームでもあり、簡単な試合ではないと思います。このゲームで敗れ、チーム全体のリズムを大きく崩すようなことがあれば、続く試合も苦しい戦いとなるでしょう。全敗して、WC出場を逃す可能性も十分にあると考えます。
 ザックジャパンには、本田選手抜きで戦っていく形・やり方・戦術を身に付けていただきたいものだと思います。ワールドカップ出場は、本当に難しいことなのです。本ブログで何度も書いて恐縮ですが、ゆめゆめ油断は禁物です。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム43] 優駿 ロードカナロア
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
本田抜きの日本代表  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031