HOME   »   その他のスポーツ  »  [平昌五輪2018スケルトン女子] ドイツ選手のスタートが遅い・・・。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2月18日に行われた女子スケルトンは、イギリスのレジー・アーノルド選手が金メダルに輝きました。
 銀メダルには、ドイツのジャックリーン・レリング選手が食い込みました。

 この競技は、伝統的にイギリスチームが強く、ドイツチームが近時追い上げを見せています。

 そのドイツチームの選手達の「スタートタイムが悪い」のです。

 今大会の女子スケルトンのスタートタイムは5.20秒前後でした。5.20秒より速ければ「速いスタート」、遅ければ「遅いスタート」と言われたのですが、ドイツの選手達は、軒並み「遅い」のです。
 それも、半端無く遅い。銀メダルのレリング選手の3本目のスタートは5.42秒、4本目は5.37秒でした。

 当然ながら、これは「スタートが遅い」のではなく、「ゆっくりとスタートしている」のです。
 どのスポーツ競技においても「圧倒的なパワー」を誇るドイツチームが、本気で速いスタートを追求しながら、僅か「5秒ちょっとの区間」において、0.2秒以上遅れるということは、考えられません。
 レース全体のタイムを上げる為に、スタートのスピードを抑えているのでしょう。
 いかにも、合理性を追求するお国柄が表れています。

 21世紀に入ってからオリンピック種目に加わった「若い競技」であるスケルトンは、まだまだ改良の余地が多く残されている競技なのでしょうし、各国の様々な角度からの検討が進んでいるものと思われます。

 また、この競技はオリンピック大会でも無ければ、なかなかゆっくりとテレビ観戦することが出来ませんから、観戦する側からしても「観る力の向上」を図る機会が少ないことになります。

 私の「オリンピック女子スケルトン」観戦方法です。

① 禁止事項

 1/100秒を争うスケルトンですから、そりの滑走スピードを上げることを追求し、「スピードを落すこと」は回避しなくてはなりません。

 選手がスピードを維持するために、絶対にやってはいけない「禁止事項」は二つ。
 ひとつ目は「そりを側壁にぶつけること」、ふたつ目は「そりをコースに対して斜めにすること」、このふたつでしょう。

 それ以外は、あまり気にする必要が無いというか、タイムの速い遅いには直接の関係は無いと思います。

 例えば、コースとかラインです。
 望ましいコースとか、カーブに入るラインというのは、その瞬間のスピードによるのでしょう。
 凄いスピードが出ていれば、望ましいラインなど取れる筈が無いのです。
 逆に言えば、スピードが出ていなければ、望ましいライン・コースを取れる訳ですが、それは「オリンピックのスケルトン」で求められる要素とは矛盾しています。

 このことは、スピードスケートやアルペンスキーと同じです。
 「スピード水準とのバランス」が大切なのです。

② そりの上での重心移動

 技術面で最も重要なのは、そりの上での重心移動でしょう。
 選手は、そりを操るために色々な技術を使います。一見、両脚の爪先を使っての方向コントロールが目立ちますが、私は「重心移動」の方がより重要であろうと感じています。

 左右はもちろんとして、前後の重心移動、上下の重心移動の巧拙がタイムに大きく影響しそうです。

 頭書の「スタートが遅いドイツ選手達」は、必ず「後半タイムを伸ばす」のです。そうでなければ勝負になりませんから、「落ち着いたスタート」からカーブ毎に着々と加速を続けているのでしょう。
 特にドイツチームは、「上下の重心移動」が巧みなのではないかと観ています。
 頭や胸、腰を数cm単位で細かく動かしながら、そりのスピードを上げる、あるいはスピードを維持しているのでしょう。

 スピードが最重要視される競技において、「スタートが最速である必要が無い」というのは、陸上競技100m競走を見れば明らかでしょう。ウサイン・ボルト選手のスタートが速いという話は聞いたことがありません。
 100m競走でも、残りの95mでスピードを上げ維持するために「静かにスタートを切る」のが、現在は良いスタートとされているのです。

 そして、ドイツチームは近時、リュージュ競技において、「王国」と呼んでも良いような圧倒的な強さを魅せています。全ての種目において優勝するという国際大会も、珍しくない程の強さなのです。
 そのドイツのスケルトンチームは、同じ氷上を滑り落ちる競技として、おそらくはリュージュチームの関係者で固めているのではないでしょうか。
 リュージュの世界一のノウハウを導入して、新戦法を模索しているドイツが、今後どのようなスケルトンを構築してくれるのか、とても興味深いところです。

 「スタートが速い」イギリスチームと、「スタートが遅い」ドイツチームの今後の戦い振りから眼が離せません。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[平昌五輪2018フィギュアスケート女子シングル] 史上最高の接戦
NEW Topics
[ワールドカップ2018-63] 身長170cm前後
[ワールドカップ2018-62] KaZブログが選ぶベストイレブン
[MLBオールスター2018] 本塁打10本
[ワールドカップ2018-61] 西野ジャパン5 「世代交代」
[ワールドカップ2018-60] 西野ジャパン4 心身の持久力の高さ
[ワールドカップ2018-59] 西野ジャパン3 サイドネットへのシュートは効果的
[ワールドカップ2018-58] 「ファウルをしている暇は無い」
[ワールドカップ2018-57] フランスチーム 「2回目」の優勝!
[大相撲2018・7月場所] 上位陣に休場相次ぐ異常事態
[ワールドカップ2018-56] 「来た時よりも美しく」
[ワールドカップ2018-55] 決勝の見所
[夏の甲子園2018] 大谷二世ともダルビッシュ二世とも呼ばれる 佐々木朗希投手
[ワールドカップ2018-54] クロアチアチーム 逆転勝ちで決勝進出
[ワールドカップ2018-53] 守り切った フランスチーム
[ワールドカップ2018-52] 西野ジャパン2 「1勝2敗1引分」
[ワールドカップ2018-51] 準決勝の見所
[ワールドカップ2018-50] 西野ジャパン1 「ベルギー戦のラストプレー」
[ワールドカップ2018-49] クロアチアチーム 2試合連続PK戦勝利
[ワールドカップ2018-48] インクランドチーム ヘディング2発
[NBA2018] レブロン・ジェームズ選手 ロサンゼルス・レイカーズ入り
[ワールドカップ2018-47] ブラジルチーム 痛恨のオウンゴール
[ワールドカップ2018-46] カバーニ選手の欠場
[ワールドカップ2018-45] 「伝統的」な試合
[ワールドカップ2018-44] イングランドチーム ついにPK戦を勝つ
[ワールドカップ2018-43] 準々決勝の見所
[ワールドカップ2018-42] PKの失敗が多かったゲーム
[大相撲2018・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[MLB2018] 大谷翔平選手の復帰
[ワールドカップ2018-41] ブラジルチームの多彩で分厚い攻め
[ワールドカップ2018-40] 本気のベルギーチームの得点力
[ワールドカップ2018-39] ロシアチームの「気迫」
[ワールドカップ2018-38] スアレス選手⇔カバーニ選手 ファンタスティックな2トップ
[ワールドカップ2018-37] フランスチーム スピードで勝る。
[ワールドカップ2018-36] キングカズ「また俺は落選だ」
[ワールドカップ2018-35] 決勝トーナメント1回戦(後半)の見所
[ワールドカップ2018-34] 決勝トーナメント1回戦(前半)の見所
[ワールドカップ2018-33] スウェーデンチーム オランダ・イタリアを倒した力を示す。
[ワールドカップ2018-32] 西野ジャパン 決勝トーナメントを確保
[ワールドカップ2018-31] 37試合目にて初めての「0-0」引分け
[ワールドカップ2018-30] ドイツチーム「よもやの」グループリーグ敗退
[ワールドカップ2018-29] VARの影響
[ワールドカップ2018-28] メッシのアルゼンチンチーム 決勝トーナメント進出
[ワールドカップ2018-27] ラトーになれなかったレバンドフスキ
[ワールドカップ2018-26] 本田圭佑選手の存在感
[ワールドカップ2018-25] 乾貴士選手の大活躍
[ワールドカップ2018-24] 応援するということ
[ワールドカップ2018-23] ベルギー代表の驚くべき得点力
[ワールドカップ2018-22] ドイツチーム 追い込まれるもさすがの勝利
[日本陸上選手権2018] 男子100m決勝 山縣亮太選手の圧勝
[ワールドカップ2018-21] ブラジル代表 90分以降の2ゴールで勝ち切る
Entry TAG
平昌オリンピック2018・スケルトン女子  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031