HOME   »   スケート  »  [平昌五輪2018フィギュアスケート女子シングル] 史上最高の接戦
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 金メダルのザギトワ選手と銀メダルのメドベージェア選手のフリー演技の得点は、156.65で同点でした。

 驚きました。
 こんなことが起こるとは・・・。

 現在の採点方法では、まず考えられないことです。

 今季シニアにデビューしたばかりのザギトワ選手に比べて、既に「世界の女王」として君臨し、様々な大会で圧倒的な強さを魅せているメドベージェア選手の方が、いわゆる「演技の完成度」という点で上回っているのは自然なことですから、演技構成点ではメドベージェア77.47、ザギトワ75.03と2点以上の差が有ったのです。

 この2点以上の差を、ザギトワ選手は技術点でカバーした訳ですが、カバーすると言っても、相手は世界女王ですからミスを期待するのは適切では無かったので、基礎点が1.1倍になるというルールを活かして、「ジャンプを全て後半に集中する」という戦術を採ったのでしょう。

 もちろん、1.1倍の得点を狙ってジャンプを全て後半に集めたとしても、自らがジャンプでミスをしてしまえば元も子もない(当然ながら、ジャンプを集中・連続して飛ぶのですから、肉体的な疲労蓄積や、精神的に追い込まれることになりますから、演技全体にバランス良くジャンプを散りばめる構成より難易度が高いことになります)のですが、ザギトワ選手は、最初のジャンプ=トリプルルッツからの連続ジャンプがルッツ単独に終わってしまったにもかかわらず、後のジャンプを連続にするなどして、表だったミスは皆無でした。
 ここが素晴らしいところです。

 一方のメドベージェア選手も、小さなミスはありましたが、演技全体の印象に大きな影響を与えるものではありませんでした。世界女王としても「ほぼ完璧な演技」を完成させたのです。

 彼我の技術点は、ザギトワ選手が81.62、メドベージェア選手が79.18となりました。

 そして、フリーの合計点が「156.65で同点」となったのです。

 演技構成点は、5つの項目に対して10点満点で「下二桁」まである得点(このレベルでは9.50点前後)が配され、技術点は、概ね12の演目に対して、基礎点と出来栄え点が配されますから、項目数は24となり、こちらも「下一桁・下二桁」の配点です。
 採点対象項目数は、計29です。

 二人が「異なる戦略・戦術」、技術点重視と演技構成点重視の戦術を駆使し、合計29もの採点項目で争いながら、合計して下二桁まで同点というのは、どのくらいの確率で発生するのか分かりませんが、まさに「奇跡的なこと」でしょう。

 そして、その接戦が「世界女子フィギュア史上最高の得点水準」なのですから、まさに今大会の女子フィギュア・シングルは「史上最高の接戦」だったことは間違いありません。

 結局勝負は、ショートプログラムの「1.13点差」で決しました。
 オリンピックのこの種目の得点差としても、史上最少なのではないかと思います。

 15歳のザギトワ選手は、初出場どころか、シニアデビュー1.年未満という、いわゆる「経験値」面では全く不十分な状況で、史上最強クラスの女王に競り勝ちました。
 個人競技の勝敗においては、経験値量は本質的には無関係であることを、ここでも明示してくれたのです。
 勇気溢れる「大胆なジャンプ演目配置」が功を奏した形。見事の一言です。

 メドベージェア選手は、女王として堂々たる演技を披露しました。
 自身の出来栄えから言って、普通なら「負ける筈が無い」試合でしたが、ちょっと「相手が悪かった」という感じがします。

 技術的に難度の高い演目を「これでもか」という感じで連発し、次々と成功させなければ高得点を挙げることが出来ないという、現在のフィギュアスケート競技においては、「実績・貫録・雰囲気」で長く王座を維持するのは至難の技でしょう。
 凄い身体能力をベースに、高いパフォーマンスを発揮する新鋭が、次から次へと世界中で登場して来るのです。

 15歳のザギトワ選手は、オリンピックチャンピオンとなった2018年2月23日から、既に「追われる身」となったのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[ブンデスリーガ2017~18・第23節] バイエルン・ミュンヘン「定位置」
NEW Topics
[ワールドカップ2018-63] 身長170cm前後
[ワールドカップ2018-62] KaZブログが選ぶベストイレブン
[MLBオールスター2018] 本塁打10本
[ワールドカップ2018-61] 西野ジャパン5 「世代交代」
[ワールドカップ2018-60] 西野ジャパン4 心身の持久力の高さ
[ワールドカップ2018-59] 西野ジャパン3 サイドネットへのシュートは効果的
[ワールドカップ2018-58] 「ファウルをしている暇は無い」
[ワールドカップ2018-57] フランスチーム 「2回目」の優勝!
[大相撲2018・7月場所] 上位陣に休場相次ぐ異常事態
[ワールドカップ2018-56] 「来た時よりも美しく」
[ワールドカップ2018-55] 決勝の見所
[夏の甲子園2018] 大谷二世ともダルビッシュ二世とも呼ばれる 佐々木朗希投手
[ワールドカップ2018-54] クロアチアチーム 逆転勝ちで決勝進出
[ワールドカップ2018-53] 守り切った フランスチーム
[ワールドカップ2018-52] 西野ジャパン2 「1勝2敗1引分」
[ワールドカップ2018-51] 準決勝の見所
[ワールドカップ2018-50] 西野ジャパン1 「ベルギー戦のラストプレー」
[ワールドカップ2018-49] クロアチアチーム 2試合連続PK戦勝利
[ワールドカップ2018-48] インクランドチーム ヘディング2発
[NBA2018] レブロン・ジェームズ選手 ロサンゼルス・レイカーズ入り
[ワールドカップ2018-47] ブラジルチーム 痛恨のオウンゴール
[ワールドカップ2018-46] カバーニ選手の欠場
[ワールドカップ2018-45] 「伝統的」な試合
[ワールドカップ2018-44] イングランドチーム ついにPK戦を勝つ
[ワールドカップ2018-43] 準々決勝の見所
[ワールドカップ2018-42] PKの失敗が多かったゲーム
[大相撲2018・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[MLB2018] 大谷翔平選手の復帰
[ワールドカップ2018-41] ブラジルチームの多彩で分厚い攻め
[ワールドカップ2018-40] 本気のベルギーチームの得点力
[ワールドカップ2018-39] ロシアチームの「気迫」
[ワールドカップ2018-38] スアレス選手⇔カバーニ選手 ファンタスティックな2トップ
[ワールドカップ2018-37] フランスチーム スピードで勝る。
[ワールドカップ2018-36] キングカズ「また俺は落選だ」
[ワールドカップ2018-35] 決勝トーナメント1回戦(後半)の見所
[ワールドカップ2018-34] 決勝トーナメント1回戦(前半)の見所
[ワールドカップ2018-33] スウェーデンチーム オランダ・イタリアを倒した力を示す。
[ワールドカップ2018-32] 西野ジャパン 決勝トーナメントを確保
[ワールドカップ2018-31] 37試合目にて初めての「0-0」引分け
[ワールドカップ2018-30] ドイツチーム「よもやの」グループリーグ敗退
[ワールドカップ2018-29] VARの影響
[ワールドカップ2018-28] メッシのアルゼンチンチーム 決勝トーナメント進出
[ワールドカップ2018-27] ラトーになれなかったレバンドフスキ
[ワールドカップ2018-26] 本田圭佑選手の存在感
[ワールドカップ2018-25] 乾貴士選手の大活躍
[ワールドカップ2018-24] 応援するということ
[ワールドカップ2018-23] ベルギー代表の驚くべき得点力
[ワールドカップ2018-22] ドイツチーム 追い込まれるもさすがの勝利
[日本陸上選手権2018] 男子100m決勝 山縣亮太選手の圧勝
[ワールドカップ2018-21] ブラジル代表 90分以降の2ゴールで勝ち切る
Entry TAG
平昌オリンピック2018・フィギュア女子シングル  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031