FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [Jリーグ2018] 開幕
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2018年のJ1リーグが、2月23日に開幕しました。
 そして第1節は、25日にかけて行われました。

 平昌オリンピックの終盤と重なっての開幕でしたが、緒戦から好試合が続きました。

 まずは23日のリーグ開幕戦、サガン鳥栖VSヴィッセル神戸は、鳥栖が試合開始早々にPKを獲得し、これを田川選手がキッチリと決めて1-0とリードしました。
 開幕戦の開始3分のPKというのも、蹴る側としてはなかなか難しいシュートでしょうが、田川選手は落ち着いていました。
 ホームでリードした鳥栖は、持ち味である「堅守速攻」サッカーを展開し、優位にゲームを進めましたが、神戸は後半の後半に入っても攻撃の手を緩めず、次第に鳥栖守備陣を押し込みました。
 守備ラインがゴールライン際まで押し込まれると、危険な状況であることは、洋の東西を問わずサッカー競技において普遍的な真理です。
 後半42分、神戸のハーフナー・マイク選手のシュートが決まり1-1の同点。
 
 鳥栖としては、守り切れなかったゲームでしたが、それだけ神戸の攻撃力が高かったということでしょう。

 昨季のチャンピオン川崎フロンターレは、25日にジュビロ磐田と緒戦を戦い、3-0で快勝しました。
 前半24分の中村憲剛選手のヘディングシュート→ゴールで一気に勢いに乗り、谷口選手、エドゥアルド選手が立て続けにゴールを決めて、前半で3-0とリード。
 磐田の守備陣は、比較的簡単に背後を許していました。守備陣の戦法が間違っていたという感じもしますし、修正の遅れは致命的なものでしょう。
 後半には松本選手、田口選手、上原選手を投入して、互角以上の戦いを魅せただけに、磐田の前半の不出来は、とても残念です。
 川崎は、相変わらずの得点力を披露しました。
 今季も優勝争いを魅せてくれそうです。

 第1節は緒戦ということもあってか「引分ゲーム」が目立ちました。
 動きの良くないチームが多かったとの報道も眼にします。
 12月1日の第34節までの長いシーズンですから、慌てることは無いという考え方も有るのでしょうが、3月末の第5節のゲームまでには、「今季の風景」が概ね決まってしまうとの見方もありますので、悠長なことは言っていられないでしょう。

 それにしても、世界各国の主要リーグが7・8月に開幕し、5月にシーズンを終えるのに対して、我がJリーグは2月開幕12月終了というスケジュールです。

 「夏は野球、冬はサッカーという形に、日本もならないかな」と友人に聞くと、「日本じゃ無理だね」という、いつもの回答が帰ってきます。

 アメリカ合衆国なら、夏はベースボール、冬はアメリカンフットボールとバスケットボールとアイスホッケーと、とてもはっきりとした棲み分けが行われています。

 欧州各国なら、7月から5月までサッカーを観て、自国リーグが休みの期間には、2年に1度はワールドカップかユーロがありますから、欧州のファンがサッカーからゆっくり?離れるのは、2年に1度の6~7月ということなのでしょうか。

 日本では、観客動員を考慮すると、どうしても現状のスケジュールになってしまうのかもしれませんが、日本より遥かに、冬季の気温が低いドイツやイングランドにおいて、氷点下の屋外スタジアムで、スタンドから溢れんばかりの大観衆が力の限り応援している光景を見ると、日本と欧州のサッカーの違いを、改めて感じます。

 2018年のJリーグが開幕しました。

 今季は、どんなシーンが観られるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[平昌五輪2018] 日本選手団 冬のオリンピック史上最多13個のメダル獲得
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
Jリーグ2018・開幕  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930