HOME   »   競馬  »  [競馬] 報知杯弥生賞2018の注目馬
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月4日、中山競馬場2000m芝コースで行われる第55回報知杯弥生賞競走G2の注目馬検討です。

 弥生賞になると日差しが柔らかになります。春が近いのです。
 その柔らかな日差しの中を若駒が疾走するのです。
 幾多の名馬が中山の4コーナーを回ってきたことでしょうか。

 そして弥生賞になると、クラシック戦線が本格化するのです。
 皐月賞、日本ダービーに向かう「道」がはっきりと見えてきます。
 弥生賞はクラシックレースへの王道なのでしょう。

 3歳になったばかりの若駒には、中山の2000mは難しいレースだと感じますが、歴代の優駿達はこの難問をクリアしてきたのです。

 2018年も良いメンバーが揃いました。

 第1の注目馬は、8枠9番のダノンプレミアム。
 G1朝日杯FSを制して、3連勝で臨むのですから、「大本命」です。2歳王者を決めるレース・朝日杯の勝ち方も「圧勝」でしたから、順調に来ていれば、この馬が勝つ可能性が高いと思います。

 第2の注目馬は、1枠1番のオブセッション。
 2戦2勝。前走シクラメン賞の1800m・1分45秒6のタイムは2歳馬のレコードでした。一瞬の脚では無く、「良い脚を長く使える」ところも距離が伸びて力を発揮出来そうです。世代の主役の一頭になるのでしょう。

 第3の注目馬は、7枠8番のワグネリアン。
 こちらも3戦3勝。前走のG2東京スポーツ杯2歳ステークスも2着馬に3馬身差の快勝でした。安定感十分のレース振りは、まるで古馬の様です。

 この3頭は、2018年クラシックレースの骨格を成すのではないかと思います。

 それにしても、3頭共ディープインパクトの産駒です。
 2007年から種牡馬としての活躍が始まり、2012年から2017年まで6年連続リーディングサイアーという驚異的な成績を続けてきていますが、15歳を超えてもその勢いは衰えを知らないのです。

 日本競馬における「ディープインパクト系」の時代はまだまだ続くのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[NFL2017~18] チャンピオンシップゲームで「0勝13敗」
NEW Topics
[ワールドカップ2018-63] 身長170cm前後
[ワールドカップ2018-62] KaZブログが選ぶベストイレブン
[MLBオールスター2018] 本塁打10本
[ワールドカップ2018-61] 西野ジャパン5 「世代交代」
[ワールドカップ2018-60] 西野ジャパン4 心身の持久力の高さ
[ワールドカップ2018-59] 西野ジャパン3 サイドネットへのシュートは効果的
[ワールドカップ2018-58] 「ファウルをしている暇は無い」
[ワールドカップ2018-57] フランスチーム 「2回目」の優勝!
[大相撲2018・7月場所] 上位陣に休場相次ぐ異常事態
[ワールドカップ2018-56] 「来た時よりも美しく」
[ワールドカップ2018-55] 決勝の見所
[夏の甲子園2018] 大谷二世ともダルビッシュ二世とも呼ばれる 佐々木朗希投手
[ワールドカップ2018-54] クロアチアチーム 逆転勝ちで決勝進出
[ワールドカップ2018-53] 守り切った フランスチーム
[ワールドカップ2018-52] 西野ジャパン2 「1勝2敗1引分」
[ワールドカップ2018-51] 準決勝の見所
[ワールドカップ2018-50] 西野ジャパン1 「ベルギー戦のラストプレー」
[ワールドカップ2018-49] クロアチアチーム 2試合連続PK戦勝利
[ワールドカップ2018-48] インクランドチーム ヘディング2発
[NBA2018] レブロン・ジェームズ選手 ロサンゼルス・レイカーズ入り
[ワールドカップ2018-47] ブラジルチーム 痛恨のオウンゴール
[ワールドカップ2018-46] カバーニ選手の欠場
[ワールドカップ2018-45] 「伝統的」な試合
[ワールドカップ2018-44] イングランドチーム ついにPK戦を勝つ
[ワールドカップ2018-43] 準々決勝の見所
[ワールドカップ2018-42] PKの失敗が多かったゲーム
[大相撲2018・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[MLB2018] 大谷翔平選手の復帰
[ワールドカップ2018-41] ブラジルチームの多彩で分厚い攻め
[ワールドカップ2018-40] 本気のベルギーチームの得点力
[ワールドカップ2018-39] ロシアチームの「気迫」
[ワールドカップ2018-38] スアレス選手⇔カバーニ選手 ファンタスティックな2トップ
[ワールドカップ2018-37] フランスチーム スピードで勝る。
[ワールドカップ2018-36] キングカズ「また俺は落選だ」
[ワールドカップ2018-35] 決勝トーナメント1回戦(後半)の見所
[ワールドカップ2018-34] 決勝トーナメント1回戦(前半)の見所
[ワールドカップ2018-33] スウェーデンチーム オランダ・イタリアを倒した力を示す。
[ワールドカップ2018-32] 西野ジャパン 決勝トーナメントを確保
[ワールドカップ2018-31] 37試合目にて初めての「0-0」引分け
[ワールドカップ2018-30] ドイツチーム「よもやの」グループリーグ敗退
[ワールドカップ2018-29] VARの影響
[ワールドカップ2018-28] メッシのアルゼンチンチーム 決勝トーナメント進出
[ワールドカップ2018-27] ラトーになれなかったレバンドフスキ
[ワールドカップ2018-26] 本田圭佑選手の存在感
[ワールドカップ2018-25] 乾貴士選手の大活躍
[ワールドカップ2018-24] 応援するということ
[ワールドカップ2018-23] ベルギー代表の驚くべき得点力
[ワールドカップ2018-22] ドイツチーム 追い込まれるもさすがの勝利
[日本陸上選手権2018] 男子100m決勝 山縣亮太選手の圧勝
[ワールドカップ2018-21] ブラジル代表 90分以降の2ゴールで勝ち切る
Entry TAG
報知杯弥生賞2018の注目馬  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031