FC2ブログ
HOME   »   スポーツ共通  »  [平昌五輪2018] 「王国」はどのように樹立されるのか。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今大会でも、スピードスケートのオランダ、クロスカントリースキーのノルウェーと、それぞれの競技における「王国」がその力を誇示しました。
 こうした「王国」はどのようにして成立して行くのでしょうか。

 スピードスケート王国のオランダを例に取って、考えてみましょう。

1. スケートが出来る場所が周囲に沢山あること

 国土の1/3が標高0m以下の土地であり、水路が縦横に配されているオランダは、気温が低い地域(北海道より遥かに高い緯度です)ですから、冬ともなれば一面が凍りつく=スケートが出来る場所に囲まれる、環境に有ります。

 物心付いたころから、冬になれば、お子さんはスケートを始めるのでしょう。
 これは大人になっても続きます。
 基本的に「競技人口が多い」のは、自然なことです。

 これだけ長い間「氷に乗っていれば」、あらゆるタイプの氷の特性を肌で感じることが出来るのでしょう。
 初冬、その季初めて氷結した氷、氷点下10℃以下の日が続き厳冬の中の氷、暖かくなり始めた頃の初春の氷、等々。
 堅い氷、柔らかい氷、表面は堅いが下は柔らかい氷、その逆、等々。
 こうした種々の氷を肌感覚で知っているスケーターとなるのです。
 まさにネイティブスケーターということになります。

 そうした国民の中から、強い選手が選ばれるのです。

2. 周囲の人たち

 気温が低い地域ですから、冬の話題は勢い「スピードスケート」になるのでしょう。お父さん、お母さん、祖父母、兄弟、親せき、友人の方々から、スケートに関する様々な情報がもたらされます。

 「スピードスケートの英雄」の話も盛り沢山でしょう。

 また、一族の中にスピードスケートの強者が居れば、その方の話を聞き、胸をときめかせる瞬間もありそうです。

 スピードスケートの選手への憧れが、育まれるのです。

3. テレビ他のメディア

 「王国」ですから、他の国より、スピードスケート競技会の番組が放送される機会も多そうです。
 こうした番組を観ながら、お父さんやお母さんから、「どうやって滑れば速く滑れるのか」といった情報も、当たり前のように耳に入ってくるのでしょう。

4. コーチやスタッフ

 世界で戦っている一流プレーヤーが多いということは、当然にハイレベルなコーチやスタッフも多いということになります。

 日本で言えば、小学校・中学校時代から、一流のコーチ・スタッフの指導を受けることが出来るのでしょう。

5. 速く滑ることが第一

 氷に囲まれた環境の中では、「速く滑る」ことが優先というか、「普通のこと」になりそうです。

 私の周辺でも、雪国出身の方に話を聞くと「都会から来た人たちはウェーデルンとかができる。右に左にスキーを動かす。でも私たちは、そういうことは出来ない。まっすぐに速く滑るだけ。」と言います。
 ギャップが有ろうが、新雪エリアに入ろうが、ザラメ行きであろうが、「まっすぐ速く滑る」ことが出来るという訳です。このネイティブスキーヤーの方たちは、曲がるのは、木や穴を避ける場合に限られますので、「何もないところで曲がる」という必要が無いのでしょう。(もちろん、選手になり、回転や大回転といった競技をするとなれば、上手く曲がる術をみにつけていくのでしょうが)

 スケートでも同じなのでしょう。
 氷に囲まれている環境下では、スピンやステップといったニーズが低い、まっすぐ速く滑ることに興味が集中するのかもしれません。

 スピードスケート王国オランダから、有力なフィギュアスケート選手や、強いアイスホッケーチームが生まれない、或いは生まれ難いというのは、こうした事情からかもしれません。

 このようにして「スピードスケート王国オランダ」が形成され、各世代に次から次へと強いスケーターが登場するのでしょう。

 「王国」を創るための環境は一朝一夕にはできないというか、おそらく、現在存在する「王国」以外の国が創ろうとしても、相当難しいことなのだろうと感じます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ハリルジャパン2018] 浅野選手、乾選手、井手口選手、原口選手が代表チームに召集されない?
NEW Topics
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
Entry TAG
平昌オリンピック2018・王国はどのように生まれるのか  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930