FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム202] JRAが馬場の「含水率」を公表することになりました。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月5日のJRAニュースで、「馬場情報」公示についての変更点として、以下の3項目が報じられました。

① 含水率の公表
② 馬場状態区分の決定プロセスの公開
③ コンテンツの呼称を一部変更

 これらの変更は7月27日(金曜日)から実施されるとのことです。
 28日の開催日前日の情報からスタートということです。

 とても大きな変更の様に感じられます。

 これまでは、馬場状態といえば「良」「稍重」「重」「不良」の4段階表示のみでした。この4段階表示は今後も同様なのですが、その判断基準となる「含水率」を公示し、4段階表示への決定プロセスも開示されるのです。

 例えば、同じ「重」馬場でも、「稍重」に近い「重」なのか、「不良」に近い「重」なのかが、良く分かるようになりそうです。

 また、これが一番大きなことのように感じられますが、馬場状態と競走能力についてのデータベースが、これまでより相当充実するのではないでしょうか。
 個々の競走馬毎、あるいは特定の血統のサラブレッド群について、より詳細な情報が蓄積されそうです。

 さらに、競馬場毎の差異も、より具体的に把握できるようになるかもしれません。
 例えば、東京競馬場の「重」と京都競馬場の「重」の違いが、これまで見られなかったような形式で呈示される可能性があります。

 他の国々の競馬において、「馬場状態」についてどのような情報が開示されているのかは知りませんけれども、我が国の中央競馬として、こうした情報を関係者やファンに開示することとしたのは、とても良いことだと思います。

 21世紀は「オープン&フェア」の時代とも呼ばれます。
 情報の開示と公平、が社会全体に求められているのでしょう。

 「競馬と科学」は、様々な分野で日々進歩しているのでしょうから、馬場状態以外の分野でも、情報開示が進むのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[平昌パラリンピック2018スノーボード男子バンクドスラローム(下肢障害)] 成田緑夢選手 金メダル!
NEW Topics
Entry TAG
競馬コラム・JRAが馬場の含水率を公表へ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031