HOME   »   日本プロ野球  »  日本女子プロ野球のリーグ戦が3月21日開幕!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月13日の日本経済新聞ネット版に「しなやかに熱く 女子プロ野球が21日開幕」という記事が掲出されました。(編集委員・鈴木亮氏の記事)

 少し前から「日本女子プロ野球」が行われていることは知っていましたが、関連記事を眼にすることは、そう多くはありませんので、とても興味深く読ませていただきました。

 「少し前」と書きましたが、「現在の」女子プロ野球は2010年開始とのことですから、既に8年前から行われていたことになります。自分の認識不足を反省しました。

 埼玉アストライア、京都フローラ、愛知ディオーネの3チームにより、年間60試合のペナントレースが開幕するということです。

 プレーヤーはソフトボール経験者が多いとのこと。
 日本の女子ソフトボールは、オリンピックチャンピオンに輝いたこともある世界トップクラスですから、プレーヤーのフィジカル面の強さは「折り紙つき」なのでしょう。

 頭書に「現在の女子プロ野球」と書いたのは、20世紀半ばにも日本女子プロ野球が存在したからです。
 1948年(昭和23年)に、日本初の女子プロ野球チームと言われる「東京ブルーバード」が結成され、1950年には日本女子野球連盟が発足しプロリーグが開始されましたが、残念ながら1952年にはノンプロリーグに移行しました。
 プロスポーツとしての集客力、ひいては「お金を生む力」が十分では無かったので、当時、他の競技でも一般的になりつつあった企業スポーツとして、継続されたということでしょう。

 もちろん、「女子野球」の基盤というか「裾野」がとても小さかったことも、女子プロ野球消滅の原因のひとつであろうと思います。

 1987年には全日本大学女子野球選手権大会が始まり(軟式野球)、1990年には全日本女子軟式野球選手権大会が開始され、1997年には全国高等学校女子硬式野球選手権大会がスタートしています。
 そして2002年に全日本女子野球協会が発足しました。

 プレーヤーの増加を背景とした、「女子野球」の様々な取り組みの中で、着々と裾野が拡大し、足腰が強化されてきたのです。
 その成果のひとつとして、現在の女子プロ野球が始まったことは、間違いないことのように思います。

 「硬式球」を扱うには、相当の筋力が必要ですから、女性の体力では男性の様な訳には行かない、プレーのスピードもパワーも差があることは事実でしょうけれども、一流投手の球速は130km/hを越え、男性と同じ大きさの球場で(違う大きさの球場を作ることの方が余程困難でしょう)、ホームランも飛び出していますから、他の競技と同様のレベルの「女性の種目」という位置づけになりつつあるのでしょう。

 「白球を追う思い」に、男女の別は無いと思いますし、男性にとっても女性にとっても「野球は面白いスポーツ」なのです。
 
 小・中学、高校、大学で女子野球やソフトボールをプレーする選手たちの、最高峰の活躍の場として、女子プロ野球の一層の発展が期待されます。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[春の甲子園2018] 活躍が期待される10校
NEW Topics
[ワールドカップ2018-63] 身長170cm前後
[ワールドカップ2018-62] KaZブログが選ぶベストイレブン
[MLBオールスター2018] 本塁打10本
[ワールドカップ2018-61] 西野ジャパン5 「世代交代」
[ワールドカップ2018-60] 西野ジャパン4 心身の持久力の高さ
[ワールドカップ2018-59] 西野ジャパン3 サイドネットへのシュートは効果的
[ワールドカップ2018-58] 「ファウルをしている暇は無い」
[ワールドカップ2018-57] フランスチーム 「2回目」の優勝!
[大相撲2018・7月場所] 上位陣に休場相次ぐ異常事態
[ワールドカップ2018-56] 「来た時よりも美しく」
[ワールドカップ2018-55] 決勝の見所
[夏の甲子園2018] 大谷二世ともダルビッシュ二世とも呼ばれる 佐々木朗希投手
[ワールドカップ2018-54] クロアチアチーム 逆転勝ちで決勝進出
[ワールドカップ2018-53] 守り切った フランスチーム
[ワールドカップ2018-52] 西野ジャパン2 「1勝2敗1引分」
[ワールドカップ2018-51] 準決勝の見所
[ワールドカップ2018-50] 西野ジャパン1 「ベルギー戦のラストプレー」
[ワールドカップ2018-49] クロアチアチーム 2試合連続PK戦勝利
[ワールドカップ2018-48] インクランドチーム ヘディング2発
[NBA2018] レブロン・ジェームズ選手 ロサンゼルス・レイカーズ入り
[ワールドカップ2018-47] ブラジルチーム 痛恨のオウンゴール
[ワールドカップ2018-46] カバーニ選手の欠場
[ワールドカップ2018-45] 「伝統的」な試合
[ワールドカップ2018-44] イングランドチーム ついにPK戦を勝つ
[ワールドカップ2018-43] 準々決勝の見所
[ワールドカップ2018-42] PKの失敗が多かったゲーム
[大相撲2018・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[MLB2018] 大谷翔平選手の復帰
[ワールドカップ2018-41] ブラジルチームの多彩で分厚い攻め
[ワールドカップ2018-40] 本気のベルギーチームの得点力
[ワールドカップ2018-39] ロシアチームの「気迫」
[ワールドカップ2018-38] スアレス選手⇔カバーニ選手 ファンタスティックな2トップ
[ワールドカップ2018-37] フランスチーム スピードで勝る。
[ワールドカップ2018-36] キングカズ「また俺は落選だ」
[ワールドカップ2018-35] 決勝トーナメント1回戦(後半)の見所
[ワールドカップ2018-34] 決勝トーナメント1回戦(前半)の見所
[ワールドカップ2018-33] スウェーデンチーム オランダ・イタリアを倒した力を示す。
[ワールドカップ2018-32] 西野ジャパン 決勝トーナメントを確保
[ワールドカップ2018-31] 37試合目にて初めての「0-0」引分け
[ワールドカップ2018-30] ドイツチーム「よもやの」グループリーグ敗退
[ワールドカップ2018-29] VARの影響
[ワールドカップ2018-28] メッシのアルゼンチンチーム 決勝トーナメント進出
[ワールドカップ2018-27] ラトーになれなかったレバンドフスキ
[ワールドカップ2018-26] 本田圭佑選手の存在感
[ワールドカップ2018-25] 乾貴士選手の大活躍
[ワールドカップ2018-24] 応援するということ
[ワールドカップ2018-23] ベルギー代表の驚くべき得点力
[ワールドカップ2018-22] ドイツチーム 追い込まれるもさすがの勝利
[日本陸上選手権2018] 男子100m決勝 山縣亮太選手の圧勝
[ワールドカップ2018-21] ブラジル代表 90分以降の2ゴールで勝ち切る
Entry TAG
女子プロ野球2018が3月21日開幕!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031