HOME   »   日本プロ野球  »  「日本式キャンプの無意味さ」 権藤博のコラム「奔放主義」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月17日の日刊ゲンダイDigitalの記事、コラム「権藤博の『奔放主義』」をとても興味深く読みました。

 今シーズン、日本球界に復帰した、読売ジャイアンツ・上原浩治投手の活躍を例に取り、「日本式キャンプの無意味さ 10年ぶり巨人復帰の上原が証明」と題したコラムでした。

 2月1日に全球団一斉にキャンプインした日本球界に、3月になってから加わり、素晴らしい球を投げている上原投手の様子から、持論を展開している訳ですが、全くおっしゃる通りだと感じます。

 権藤氏は、プロフェッショナルとしての高いスキルを身に付けているプレーヤーが、集まって一斉に同じメニューのトレーニングを行うことの無意味さ、というか「有害さ」を披露してくれているものと思います。

 「成果主義」という言葉が世に出てから、どれくらいの時間が経っているのでしょうか。少なくとも20世紀には、この言葉が存在しました。

 仕事の現場における成果で評価される、プロ野球であれば公式戦における成績で評価されるのが「成果主義」ということになります。
 グラウンドと言う「戦場」で、高いパフォーマンスを出していくために行うのが、シーズン前のトレーニングであり、そのトレーニングが全選手一律・一斉である必要はないというか、一律・一斉である筈が無いとも思います。

 「練習は裏切らない」という言葉があります。何やら「禅問答」のようなフレーズです。
 このフレーズの意味が、私にはよく分かりません。
 「練習を積み重ねれば必ず実力が付き、ゲームにおけるパフォーマンスが必ず上がる」といった意味であれば、そんなことは有り得ないと思います。

 大量に練習さえすれば実力が上がるのであれば、こんな簡単なことはありません。
 プロフェッショナルの世界で自己の力を向上させていくのは、もっと難しいことなのです。

 強いて言えば「効果的なトレーニング」を積めば、実力が向上する可能性が有る、といったことでしょうか。

 自らの現状の実力を良く把握・分析し、ストロングポイントを伸長させ、ウィークポイントを改善することで、実力が向上するのでしょう。トレーニングの内容は、よく考えて決めて行かなければなりません。
 当然ながら、個々のプレーヤー毎にトレーニングの内容は千差万別の筈です。

 「今日は何時間も練習した」「何百球も投げた」「何百球も打った」「何キロも走った」といったことで「自己満足」しているような練習では、効果を得ることは難しいと感じられます。不要な疲労が残るようなら、有害でしょう。そんな練習をすると、故障を発症したり、実力が下がる怖れが有ります。

 また、公式戦開始後に期待されたようなパフォーマンスが出せなかった時の「言い訳」として、「長時間・大量練習」があるとすれば、「あんなに練習したのに成果が出なかったのだから仕方が無い」という、関係者や自分自身に対する「言い訳」の為の練習であれば、これはもはやプロフェッショナルではありません。そんなプレーヤーは少ないとは思いますが・・・。

 「自己満足」や「言い訳」のためのトレーニングに意味が無いことは、誰にでも分かることだと思います。

 この話は、何やら、現在喧伝されている「働き方改革」に通じるものが有りそうです。
 長時間労働、大量の時間外労働を伴う仕事ぶりは、「自己満足」と「言い訳」のためのものなのかもしれません。「成果」によって、個々人の仕事のパフォーマンスは測られるべきものなのでしょう。

 権藤博氏のコラムは、いつも示唆に富んでいます。

 権藤氏が、日本プロ野球史に残る大投手であり、監督やコーチとしても活躍してきたことが、そのコラムに「大きな説得力」を具備させていることも、間違いないところでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[MLB2018] 大谷翔平選手がスポーツ・イラストレーテッド誌の表紙を飾る。
NEW Topics
[ワールドカップ2018-63] 身長170cm前後
[ワールドカップ2018-62] KaZブログが選ぶベストイレブン
[MLBオールスター2018] 本塁打10本
[ワールドカップ2018-61] 西野ジャパン5 「世代交代」
[ワールドカップ2018-60] 西野ジャパン4 心身の持久力の高さ
[ワールドカップ2018-59] 西野ジャパン3 サイドネットへのシュートは効果的
[ワールドカップ2018-58] 「ファウルをしている暇は無い」
[ワールドカップ2018-57] フランスチーム 「2回目」の優勝!
[大相撲2018・7月場所] 上位陣に休場相次ぐ異常事態
[ワールドカップ2018-56] 「来た時よりも美しく」
[ワールドカップ2018-55] 決勝の見所
[夏の甲子園2018] 大谷二世ともダルビッシュ二世とも呼ばれる 佐々木朗希投手
[ワールドカップ2018-54] クロアチアチーム 逆転勝ちで決勝進出
[ワールドカップ2018-53] 守り切った フランスチーム
[ワールドカップ2018-52] 西野ジャパン2 「1勝2敗1引分」
[ワールドカップ2018-51] 準決勝の見所
[ワールドカップ2018-50] 西野ジャパン1 「ベルギー戦のラストプレー」
[ワールドカップ2018-49] クロアチアチーム 2試合連続PK戦勝利
[ワールドカップ2018-48] インクランドチーム ヘディング2発
[NBA2018] レブロン・ジェームズ選手 ロサンゼルス・レイカーズ入り
[ワールドカップ2018-47] ブラジルチーム 痛恨のオウンゴール
[ワールドカップ2018-46] カバーニ選手の欠場
[ワールドカップ2018-45] 「伝統的」な試合
[ワールドカップ2018-44] イングランドチーム ついにPK戦を勝つ
[ワールドカップ2018-43] 準々決勝の見所
[ワールドカップ2018-42] PKの失敗が多かったゲーム
[大相撲2018・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[MLB2018] 大谷翔平選手の復帰
[ワールドカップ2018-41] ブラジルチームの多彩で分厚い攻め
[ワールドカップ2018-40] 本気のベルギーチームの得点力
[ワールドカップ2018-39] ロシアチームの「気迫」
[ワールドカップ2018-38] スアレス選手⇔カバーニ選手 ファンタスティックな2トップ
[ワールドカップ2018-37] フランスチーム スピードで勝る。
[ワールドカップ2018-36] キングカズ「また俺は落選だ」
[ワールドカップ2018-35] 決勝トーナメント1回戦(後半)の見所
[ワールドカップ2018-34] 決勝トーナメント1回戦(前半)の見所
[ワールドカップ2018-33] スウェーデンチーム オランダ・イタリアを倒した力を示す。
[ワールドカップ2018-32] 西野ジャパン 決勝トーナメントを確保
[ワールドカップ2018-31] 37試合目にて初めての「0-0」引分け
[ワールドカップ2018-30] ドイツチーム「よもやの」グループリーグ敗退
[ワールドカップ2018-29] VARの影響
[ワールドカップ2018-28] メッシのアルゼンチンチーム 決勝トーナメント進出
[ワールドカップ2018-27] ラトーになれなかったレバンドフスキ
[ワールドカップ2018-26] 本田圭佑選手の存在感
[ワールドカップ2018-25] 乾貴士選手の大活躍
[ワールドカップ2018-24] 応援するということ
[ワールドカップ2018-23] ベルギー代表の驚くべき得点力
[ワールドカップ2018-22] ドイツチーム 追い込まれるもさすがの勝利
[日本陸上選手権2018] 男子100m決勝 山縣亮太選手の圧勝
[ワールドカップ2018-21] ブラジル代表 90分以降の2ゴールで勝ち切る
Entry TAG
権藤博氏のコラム「奔放主義」2018  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031